戦術講座

セットオフェンスの種類 基本となる形 7選 【バスケ戦術講座 第10回】

こんにちは、三原です。

セットオフェンスとは

  • ハーフコートで攻めるときに
  • 誰が
  • どこに立つか

という立ち位置の約束のことを言います。

もちろん、選手はドリブルとパス、スクリーンとか、いろんなプレイをしていくわけですが、最初の「立ち位置」をどうするかを決めておくことは、ものすごく大事です。

試合中に迷子にならないための「地図」みたいなものですね。

そんなセットオフェンスの代表例を、わかりやすく解説します。

YouTubeでもお話ししています。

音声だけでも学べるように作ってあるので、聞き流しだけでもぜひどうぞ!

7つのリスト

最初に、7つをお伝えします。

  1. 3アウト2イン
  2. 4アウト1イン
  3. 5アウト
  4. トライアングル
  5. ボックス
  6. 1−4ハイ
  7. 2−3ハイ

この7つです。

1つずつ、解説していきます。

インサイドを何人にするのかがポイント

ポイントになるのは、「インサイドに何人おくか」です。

比較的大きい選手が多くて、センターが2人いれば「3アウト2イン」がいいでしょう。

逆に、小さなチームで、動きで勝負!という場合は「4アウト1イン」とか「5アウト」がいいでしょう。

自分のチームの強みが何なのか。それから逆算してセットを決めていくのです。

では、具体的にいきましょう。

3アウト2イン

アウトサイドに3人、インサイドに2人のセットです。

一番ノーマルな形といえます。

「バスケットボールといえば、これ」という考えの人も多いでしょう。

4と5がセンターで、この2人がハイローポストに動いて攻めることが狙いです。

この図では、センター同士がスクリーンをかけ合ってます。

3から5にパスを入れて、勝負!って感じです。

リバウンドも強く、バランスがいいので、迷ったらこのセットをオススメします。

4アウト1イン

インサイドを1人だけにして、スペースをより広げるセットです。

センターが直接シュートするというより、起点になってアシストを出すことが多くなります。

このプレイは、NBAとかでもよく行われる「スプリットアクション」です。

最近のバスケットは、ガード主体で、スピードあるプレイが流行しています。

なので、4アウト1インのセットは、今までになく世界に広がっています。

5アウト

誰もインサイドに立たないセットです。

全員が3ポイントラインの外に立ちます。

インサイドに作れるスペースは、このセットが一番広いです。

オフボールでスクリーンをかけて、ディフェンスとのズレを作り、ドリブルでドライブする。そんなプレイが増えます。

U12(ミニバス)までの年代だと、世界中で5アウトが使われています。

全員にドリブルをさせて、個人能力を育成することが狙いです。

トライアングル

最近はあまり見なくなりましたが、インサイドがとにかく大きいチームは、3人ポストに立たせます。

スクリーンをかけ合ったりして、徹底的にハイローポストで攻めるセットです。

1と2はパスをするのと3ポイントくらいしかチャンスがありません。

とにかくインサイド命!というセットです。

ボックス

4人がインサイドに立ちます。

ボールマンがポイントガードです。

先ほどのトライアングルとの大きな違いは、インサイドに立つ人がインサイドでプレイするわけではないってことです。

要はですね、スクリーンを連続してかけるためのセットです。

例えば、ジッパースクリーン。

そしてピックとダブルスクリーン、みたいな連続のプレイです。

ボックスというあえてせまい形から始めて、ディフェンスの逃げ場をなくし、スクリーンをぶつけることが狙いです。

スローインとかでも、ボックスセットはよく使われています。

1−4ハイ

お次はハイセット。

フリースローラインよりも上に全員が並んで、ゴール下のスペースを使うセットです。

トップがガードで、4人が1列になるのが「1−4」です。

代表的なプレイは

  1. UCLAカット
  2. 続けてピック&ロール
  3. 逆サイドはダブルスクリーン

ですね。

NBAで一昔前のユタジャズがよくやってました。

気を抜くとゴール下がぽっかり空くので、すごく守りにくいのがハイセットの特徴です。

2−3ハイ

最後は2−3です。

狙いは1−4と同じで、スペーシングです。

2ガードのセットですね。

ハイポストの5がスクリーンをかけたり、パスをさばいたりするキーマンです。

代表的なプレイは、なんといっても「プリンストンオフェンス」です。

その名の通り、プリンストン大学が武器にしていた、バックカットを多用するオフェンスです。

時代を超えて、今でも通用するプレイだと思います。

おすすめのセットは3アウト2イン

以上が、セットオフェンスの7つです。

選手の特徴に合わせて、一番いいものを選びましょう。

迷ったら3アウト2インがいいかな、と思います。

ローリスク、ローリターン、って感じです。

ただ逆にいうと、特徴も作りにくいって面があります。

特に最近の子どもたちはドリブル1対1とか、ピック&ロールが好きですね、

YouTubeの影響で、プロのプレイをよく見ていますから、それを真似したい子が増えています。

そのこと自体は、わたしはすごくいいことだと思います!

なので、3アウト2インでガチガチにインサイドを作るのが、子どもたちに合わないと思ったら、4アウトか5アウトにするといいですね。

ぜひ、あなたのチームにあったオフェンスを作ってください!

 

ABOUT ME
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する