オフェンス

4アウト1インの具体例 バスケのセットオフェンスを解説

こんにちは、三原です。

4アウトのオフェンス、具体例を紹介します。

オフェンスをもっとうまく教えたい

チームの特徴を生かしたオフェンスをしたい

そうお考えのあなたに向けて書きました。

動画で学びたい人はYouTubeもどうぞ。

音声だけでも学べるように作ってあります。ぜひ聞き流してください。

パスがうまいインサイドが最適

4アウト1インとは、このようなスペーシングです。

カギになるのは5のセンターですね。

インサイドとして、得点力はそこまでないけど、パスがうまいセンターがいると、4アウトは機能します。

5のセンターを起点にして、インサイドアウトを作れるからです。

なので、背が高くなくても、ガードがインサイドに立って起点になることもできます。

または、逆に圧倒的な1対1の強さを持っているセンターがいる場合も、4アウトは使えます。広いスペースを与えて、ゴリゴリ1対1をやるためです。

いずれにしても、インサイドに立つ1人がポイントになります。

では、代表的なセットを2つ解説します。

  1. トライアングル
  2. エイト

この2つです。

トライアングル

  • 5のインサイドにパスを入れます
  • パスをした3がエルボーにスクリーン
  • 1はスクリーンを使って動く
  • 3と1は入れ替わるので
  • ディフェンスは5にカバーがいけない
  • 5は1対1で得点してもいいし
  • 1か3がノーマークになったらアシスト

非常に単純ですが、こういう3対3からディフェンスを崩します。

また、5はアウトサイドにパスを出したら、必ずもう一度ポストアップしましょう!

ディフェンスはパスを出した瞬間に、ふと気を抜きます。

なので、そのときにポストアップすれば、より有利なポジションが取れます。必ず「リポスト」しましょう。

ドライブにはサークルカット

ボールが逆サイドに行った場合は、2対2の広いスペースがあるので、ドライブがしやすくなります

この場合、センターはサークルカットといって、

  • 右のドライブには、右回りに合わせる
  • 左のドライブには、左回りに合わせる

このように動きます。

サークルカットをすれば、相手ディフェンスはドライブをカバーできません。カバーに行けば、5が完全にノーマークになります。

逆サイドにフレアスクリーンを加える

ボールサイドの動きに慣れてきたら、逆サイドの2人も動きましょう。

フレアスクリーンといって、下から上にあがるスクリーンです。

フレアスクリーンをすると、逆サイドのディフェンスはボールサイドにカバーすることができなくなります。より広いスペースが作れますので、とても有効です。

以上が、トライアングルのオフェンスです。

エイト

もう1つはエイトです。これは「8の字」にくり返し動くオフェンスです。

動きの質というより、量を多くして、ディフェンスとのズレをつくるオフェンスです。

  • プレイの始め方は、逆サイドにボールをスイングするところから
  • 5に3がバックスクリーン
  • パスが通れば、3がレイアップ
  • 同時に1と2はポジションチェンジ
  • 5はスクリーン後、アウトサイドに広がる
  • パスが3に入らなければ、ガードに返す
  • 逆サイドにパスを展開
  • 今度は3が4にバックスクリーン
  • 同じ動きを逆サイドでくり返す

こういうオフェンスです。グルグル動き回るのが「8の字」になってますね。

ドライブするためにギャップを広げる

さて、4アウトのデメリットは、ドライブがしにくいことなんです

アウトサイドの4人が、お互いに近いので、せまいんです。

なので、ドライブするためには「2ギャップ」といって、お互いの距離を広くするといいです。コートいっぱいに4人が広がります。

この考え方は、ドリブルドライブモーションといって、とても有名なオフェンス戦術の1部分です。これについて詳しく知りたい方は、こちらの本もぜひどうぞ。

 

まとめ

  • 今日のまとめ
  • 4アウト1イン
  • インサイドに立つ人がカギ
  • パスのうまい人だと有効
  • ガードがインサイドやってもいい
  • またはすごく1対1に強い人でもいい
  • パスをインサイドに入れたら
  • 3対3トライアングルが基本
  • 逆サイドのフレアスクリーンも加えるといい
  • ドライブにはサークルカット
  • 動きをくり返す「エイト」もできる
  • パスとバックスクリーンをくり返す
  • 4アウトのデメリットはドライブしにくいこと
  • ドライブするためにはギャップを広げよう

というお話しです。

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる