オフェンス

サンアントニオスパーズのボールムーブメントが美しすぎる

こんにちは、三原です。

NBA史上、いや世界のバスケ史上、もっともオフェンスがうまかったチーム。それは2014年のサンアントニオスパーズでまちがいないでしょう。

とくにこのチームの武器は、ボールムーブメント。

ボールをパンパンと回して、ディフェンスをゆさぶり、ノーマークを作る。

指導者なら一度は「こんなオフェンスを教えたい」と頭に描いたことがあるでしょう。

この記事では、そんなボールムーブメントをわかりやすく解説します。

  • オフェンスの教え方がうまくなりたい
  • チームの得点力を高めたい
  • チームでプレイする大切さを教えたい

そんなあなたはぜひ最後までこの記事をお読みください。

YouTubeでも解説していますので、そちらもぜひどうぞ。

音声だけでも学習できます。聞き流しでもOKです。

サンアントニオスパーズのボールムーブメントが美しすぎる

ボールをどんどん回すと、何が起こるでしょうか。

答えはかんたん。ディフェンスが絶対に追いつかなくなります。

どんな人が走るよりも、ボールを投げた方が早いからです。

  • ボールは人より早い
  • ボールは疲れない
  • だからどんどんパスしよう

これがボールムーブメントの最大の狙いです。

しかし、ただなんとなくボールを回せばいいってもんじゃないです。

スパーズのオフェンスには3つの要素で成り立っています。

なお、このスパーズのオフェンス、今や世界の常識になっています。

ミニや中高生でも絶対に理解すべき、チームオフェンスの基礎です。

 

3つの要素

それらは

  1. スペーシング
  2. ピックでズレを作る
  3. 2ドリブル+パス

です。

ひとつずつ解説していきます。

スペーシング

スペースは、できる限りひろく取るべきです。

隣の味方が近くにいると、ディフェンスが邪魔で、ドライブできないからです。

一般的なスペーシングは、味方同士の距離が5mくらいと言われています。

しかし、ドライブを仕掛ける場合は、これをさらにひと回り広くします。

こんな感じ。

これならば、お互いに邪魔にならず、リングに向かってドライブで割れるはずです。

ピックでズレを作る

さらに、ボールマンにピックに行くことで、強制的にズレを作ります。

ピックを使ってリングに一直線にドライブです。

そのままレイアップの勢いで行けば、当然ディフェンスは収縮します。

そうしたらアウトサイドの味方にパスアウト。完全にノーマークができます。

これに反応して、ディフェンスがクローズアウトになれば、さらにパスを回してディフェンスをゆさぶります。

このプレイはドリブルのドライブだけでなく、ピックした人がダイブしても同じことになります。

2ドリブル+パス

  1. クローズアウト発生
  2. パスアウト
  3. またクローズアウト
  4. ドライブで抜く
  5. ディフェンスが収縮

このサイクルを何度もくり返すと、ディフェンスは嫌になっちゃいます。

1回のオフェンスで2回以上のクローズアウトが発生できたら、合格です!

そして、クローズアウトの発生のために、ドリブルを2回するのがコツです。

ドリブル1回だけでパスをさばくと、ペイントに侵入できません。

ペイントまで行かないと、ディフェンスが寄ってくれないので、クローズアウトが発生しないんです。

逆に2回以上ドライブをして、ペイントタッチしてからパスを出せば、ディフェンスはクローズアウトになります。

この「2ドリブル+パス」というのをぜひ覚えておきましょう。

まとめ

ボールムーブメントのコツ

人よりボールが早い

ボールは疲れない

スペースを最大に広く

ピックでズレを作る

ドライブはドリブル2回以上

必ずペイントタッチする

ディフェンスをクローズアウトにさせる

1回のオフェンスで2回以上クローズアウトさせれば合格

というお話しです。

ぜひ美しいボールムーブメント、やってください!

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する