オフェンス

【バスケ】スパイラルオフェンス 小さいセンターが生きるセットオフェンス

スパイラルオフェンス 小さいセンターが生きるセットオフェンス

 

こんにちは、三原です。

これをお読みのあなたは

  • スパイラルオフェンスって聞いたことあるけど、何?
  • センターが小さくてもできるセットオフェンスってどういうこと?

とお考えのことでしょう。

その悩み、わたしが解決します。

わかりやすくスパイラルオフェンス、教えますよ。

動画講義はこちらです!

スパイラルの特徴

スパイラルとは「らせん」という意味ですよね。

これはセンターがインサイドに止まらず、交互に出たり入ったりするということなんです。

センターが動き回ることで、相手の大きなセンターを外に引っ張り出すことができます。

そして中にポッカリ空いたスペースに、アウトサイドからドライブします。

つまりスパイラルの特徴は

  • センターが交互に動く
  • ハンドオフとドライブで攻める

ということです。

基本は3アウト2イン

#1、#2、#3がアウトサイド。#4、#5がインサイドです。

#1が#2にパスしたら、コーナーにカットします。

この動きでハイポストにスペースを空けるわけです。

そして空いたハイポストに#5がフラッシュします。

ここまでがスパイラルの基本エントリーです。

フラッシュからハンドオフが武器

#5にパスをしたら#2はハンドオフに走ります。

ゴール下にスペースがあるので、ここにドライブするのです。

狙いはもちろんゴール下でのシュートです。

もしディフェンスがカバーに来たら、アウトサイドにパスして3Pシュートを狙いましょう。

逆サイドでも同じように

#3にパスをした場合、#2はコーナーに抜けます。

そして、今度は#4がハイポストにフラッシュです。

これと同時に#5はゴール下にダイブ。

センター同士が交差する「スパイラル」ですね。

ここまで動くと、逆サイドで同じハンドオフができるはずです。

これをくり返すのです。

まとめ:スペース作りがしやすいオフェンス

以上がスパイラルオフェンスの基本です。

シンプルで再現性が高いので、高校生以下でもできます。

特に小さいセンターのチームにオススメです。

おわかりの通り、このオフェンスの主役は「スペース」だからです。

  • スペースを作れば小さくても攻められる
  • 動いたところにスペースはできる

というアイデアはおもしろいものです。とっても勉強になるオフェンスですね。

参考文献

北本先生のDVDです。わたしが解説したものって、実は少しアレンジしてるんです。

数年前に自分のチームに教えたときに、この形にアレンジしました。

このDVDは本家本元です。とても詳しく解説されていてわかりやすい1本です。

最後までお読みくださり、感謝しています。この記事に共感してもらえたら、下の記事もお読みくださると嬉しいです。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1246553616522960896?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1243272972615352320?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1234397399675572224?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1236015594010365952?s=20

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する