オフェンス

【バスケ】成功するオフェンスの3要素【ドリブルドライブモーション】

成功するオフェンスの3要素【ドリブルドライブモーション】

 

こんにちは、三原です。

今回は「ドリブルドライブモーション」というオフェンス理論の話です。

  • 成功するオフェンスって何?
  • どうしたらオフェンスってうまくいくの?
  • どんなふうに教えたらいいの?

そんな悩みをお持ちのあなたにぴったりの記事です。

動画講義はこちら。

成功の3要素とは

結論からいきましょう。

オフェンスを成功させる3要素はこの3つ!

  1. アタックメンタリティ
  2. ギャップを広げる
  3. スペーシング

ひとつずつ解説していきます。

 

アタックメンタリティ

まずは「常に攻撃的であれ」ということです。ボールを持ったら自分で「攻めるぞ」という気持ちを忘れてはいけません。特にドリブルドライブモーションでは「ドリブルで相手をやっつける」ということがメインになりますので、攻め気が大事になります。

ボールを持ったらできることは3つで「シュート、ドリブル、パス」ですが、この順番が大事です。まずはシュートを狙うのです、そうするとディフェンスがチェックに出てくるので、出てきたらドリブルで抜きます。

  • 下がったら、打て
  • 出てきたら、抜け

バスケットにはこのような金言があります。まずシュートで次がドリブル。この順番が大事です。

そして、ドリブルで抜いていけば、ディフェンスのカバーが寄るはずです。そうしたらパスを出すのです。

「シュート→ドリブル→パス」の順で攻めていきましょう。

ボールを持ったらすぐにパスを探したり、ドリブルをついたりする悪い習慣はすぐに直すべきです。

 

ギャップを広げる

ボールマンが「よし!攻めるぞ!」という気持ちになっても、下の図を見てもらえれば、せまくて攻めにくいのは一目瞭然ですね。せまいからです。

一般的に、プレイヤー同士のスペースは5mが最適とされています。5mだと遠すぎず、近すぎず、パスするにもしやすいからです。

でも、ドリブルで1対1をすることだけ考えると、ちょっとせまいんです。ディフェンスが近くにいて、カバーしやすいんですね。パスを回すのには良いスペースですが、ディフェンスもすぐ近くにいるので抜けません。

この通常のスペースを「1ギャップ」といいます。ちなみにギャップとは「すき間」という意味です。

1ギャップではせまいのでドリブルで抜けない。だから倍に広がって2ギャップにしましょう。

  • サイドの2人は45度ではなく、コーナーまで下がります。
  • ガードの2人もパイプ(制限区域の幅)から広がって2ギャップにします。

そうすれば、ご覧の通り、スペースが広がってガラガラですよね。

このようにして2ギャップにしてドライブコースを作ります。

さらに#1が#5にパスをして、バスケットにカットします。そうすると、#5と#2の間が「3ギャップ」になります。最大限に広いスペースで、ドリブルがしやすくなります。

このようにして2ギャップ以上を作ることを目的に動くのです。攻め気を持ったボールマンを生かすためのチームプレイとして、具体的な動きが「ギャップを広げる」ことになります。

スペーシング

スペーシングとは「コートの立ち位置をバランスよく保つ」ということです。

#1がボールを持っていて、周囲は2ギャップを作っています。センター#4はボールの逆サイドにいます。この最初の立ち位置が「グッド・スペーシング」です。

#1がドライブをしてディフェンスを引きつけ、#2にパスを出したとします。この時、一瞬スペースが崩れます。

こうなったら次のようにしてスペースを埋めるのです。

  • #5がスライド
  • #3がトップに上がる
  • #1がアウトサイドに出る

こうすることで再びスペーシングが保たれます。

攻めるということは「動く」ということです。動けば必ずスペースが崩れますから、それに合わせて周囲も動く必要があるわけです。つまり、「攻めながらスペースを保つ」という意識が重要になります。

オフェンスの目的は「クローズアウトの発生」だ

クローズアウトとは「ディフェンスがあわてて出てくること」です。下の図のような状況です。

 

ディフェンスは左右の動きには強いものですが、クローズアウトのような「前後」の動きにはとても弱いのです。シュートを止めようとあわてて出てきたディフェンスは、簡単にドリブルで抜くことができます。

つまり、ディフェンスをやっつけるためには、「クローズアウトを発生させる」ことができれば良いのです。そのためには3要素の「攻め気」「ギャップ」「スペース」が必要です。

  • ボールマンが攻め気を持つ
  • 2ギャップだから抜ける
  • ディフェンスが収縮する
  • 味方が広がっているのでパスが出せる

という順に崩していけば、クローズアウトが発生するのです。

そして、一度クローズアウトが発生できれば、またドライブで抜いていけますから、さらにディフェンスが後追いになるわけです。こういう攻めが良いオフェンスなのです。

1回のオフェンスで数回のクローズアウトを発生させる。これを意識しましょう。

まとめ:まずはインサイドを攻めましょう

ドリブルドライブモーションは、ドリブル1対1で崩していくのがメインです。

しかし、そうでなくてもいいのです。

ポストにボールを入れて、まずインサイドを攻めるやり方がむしろ正攻法ですね。

大事なことは「なぜインサイドを攻めるといいのか?」という本質を理解することです。

インサイドを攻めれば

  • 確率の高いシュートができる
  • ディフェンスが収縮する
  • クローズアウトが発生する

という仕組みが本質です。

逆に言えば、この原則が達成できるなら、どんなシステムでも良いのです。

それだけ今回の内容は大事ですよ、というお話です。

参考文献

ドリブルドライブモーションについて、わたしなりにまとめた本がこちらです。

アマゾンのアンリミテッドの方は無料で読めます。

ちなみに「noteの方が読みやすい」という方はこちらをクリックしてください。

 

動画で見たい方は、日高先生のDVDがおすすめですね。

塚本さんの本もいいですよ。訳本です。練習法とかがめちゃ詳しく書いてあります。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・資料室」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

→ 三原学@バスケの大学 資料室

ありがとうございました。それでは、また。

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する