オフェンス

【バスケ】シャッフルオフェンスのシンプル化

シャッフルオフェンスのシンプル化

 

こんにちは、三原です。

これをお読みのあなたは

  • シャッフルオフェンスに興味がある
  • 効率の良いオフェンス戦術を知りたい

そうお考えではないでしょうか?

この記事では、その悩みを解決します。

非常に優れたオフェンス「シャッフルカット」を中高生でもできるようにシンプルにしました。

高校バスケの名将、星澤純一先生から学んだ理論です。

動画講義はこちら。

シャッフルカットとは

ハイポストのスクリーンを使ってななめにカットするプレイをシャッフルカットと言います。

ゴールに向かって走り込むプレイで、

  • スクリーンがかかりやすい
  • パスが通れば即2点

というメリットがあります。

このシャッフルカットは現在でも多くの戦術に使われています。

動きの連続性

シャッフルオフェンスの良いところは、動きの連続性です。

1回のカットだけで止まらずに

  • 逆サイドからくり返し
  • 何度も何度もカット

こうすることで、ディフェンスが守れなくなることが狙いです。

しかし、問題点としては、動きを増やせば増やすほどオフェンスが複雑になることです。

複雑になれば、やっている味方同士が間違えてしまう。

そんなことにならないように、なるべくシンプルにすることです。

シンプルな方が再現性が高いからです。

実際の動き

  • #1が#2にパス
  • #3がシャッフルカット
  • パスが入ればレイアップ

これがダメなら

  • #1はパスをもらう
  • #4にパス
  • #5がスクリーン
  • #2がシャッフルカット

このように逆サイドでくり返します

さらに

  • #1にパス
  • #3がもらう
  • #4がシャッフル

というように延々とくり返すことができます。

ポイントは

  • #1はパス回しだけ
  • #5はスクリーンだけ

という役割を固定することです。

これがシンプル化であり、再現性が高く簡単にしている部分です。

まとめ:選手に合わせてアレンジしましょう。

シャッフルオフェンスは本来複雑なオフェンスですが、

このようにやりやすくアレンジしました。

どんなオフェンスも、そっくりそのままではなくてアレンジしましょう。

NBAでやってるものをそのまま真似すると難しいです。

でも、アレンジすれば子どもたちにやりやすい形ができます。

ゼロから作曲はできなくても、アレンジは簡単です。

どんどん自分のものにしちゃいましょう。

参考文献

より詳しい内容は、星澤先生のDVDがオススメです。

特に「ビジョン」の指導はすばらしいと感じました。

中高生の指導者の方にはぜひ見てほしいです。

最後までお読みくださり、感謝しています。

あなたのようなバスケ大好きな方には、ぜひ「バスケの大学・資料室」を見てもらいたいです。

きっとお役に立てる資料があるはずです。

→ 三原学@バスケの大学 資料室

ありがとうございました。それでは、また。

 

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる