オフェンス

【バスケ】速攻は必ずレイアップで終ろう 

こんにちは、三原です。

今回は「速攻は必ずレイアップで終ろう」というお話です。

この記事をお読みのあなたは

  • 速攻の攻め方を詳しく知りたい
  • 速攻の成功率を高めたい

そうお考えではないですか?

この記事では、その悩みを解決します。

記事のメリット

  • 速攻でレイアップに行く方法がわかる
  • 走ることの重要性(意味)がわかる

結論としては「後ろからもう1人走り込むと、レイアップに行けますよ」というお話です。

この記事を書いているわたしはバスケ指導歴16年ほど。

現役の高校バスケ指導者で「バスケの大学」ではバスケの悩み解決になる情報を毎日発信しています。

動画講義はこちら!

速攻は必ずレイアップで終ろう

速攻は数少ないチャンスなので、確実にシュートを入れたいですよね。

だからレイアップに行きたいわけです。

でもディフェンスは逆を考えていて

「なんとかしてジャンプシュートをさせよう」としてきます。

試合中に1番多い状況は「3対2」です。

この3対2の攻め方を理解できれば、ほとんどの状況がクリアできるはずです。

3対2の基本的な攻め方

3対2のとき、ディフェンスはふつう「タテ」に並んできます。

ヨコに並んだら、そのまま#1にドライブされるからです。

だから#1は後ろのディフェンスを見て、パスをします

ディフェンスBが遠い方の#2にパスです。

こうすると、ディフェンスは

  • #2(ボール)にBがマッチアップ
  • Aがゴール下に下がる

というように変化するはずです。

この時、#1は「エルボー」にミートします。

ここが必ずノーマークだからです。

ここでパスをもらったらジャンプシュートができますし、

Aがチェックに飛んできたら#3がノーマークです。

もう1人走り込んでくるべき

以上が基本的な考え方ですが、ディフェンスがいいチームになると

  • Aがチェックに飛んでこない
  • #3をノーマークにさせない

こうやってわざとジャンプシュートで終わらせようとします

では、それでもレイアップに行くにはどうするか?それは

  • #1がエルボーで立ち止まらず、切れる
  • 抜けたスペースに#4が走り込む

とするのです。

#1がディフェンスを道づれにして、#4にレイアップさせるのです。

ディフェンスが多く戻ってこない限り、レイアップに行きます。

この「もう1人走る」というプレイはかなり有効なのですが、

日頃から教えておかないと、選手は走りません。

きっと味方がシュート決めてくれるだろう、と思って見ちゃうんです。

だから

  • 3対2を4対2に
  • 4対2を5対2に

という発想にさせて「もう1人走る」を習慣にするとレイアップに行けますよ、というお話です。

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してくれたら、以下の記事も読んでくれると嬉しいです。

【あなたへのオススメ】

https://twitter.com/coach_manabu/status/1236015594010365952?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1234397399675572224?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1231334663622287360?s=20

アマゾンでの電子書籍はこちらです。

   

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する