オフェンス

フレックスオフェンス バスケでもっとも守りにくいセットプレイ

こんにちは、三原です。

フレックスって、時代を超えて、すばらしいオフェンスなんですよね。

たぶんこの世で一番守りにくいセットオフェンスなんじゃないかな。

わたしはそう思っています。

この記事にたどり着いたあなたは、フレックスやセットオフェンスに興味があることでしょう。

  1. もっとも守りにくいセットオフェンス「フレックス」を理解したい
  2. セットオフェンスを自分のチームの強みに合わせてアレンジしたい
  3. 具体的な練習方法を知りたい。

そんなあなたはぜひ最後までこの記事をお読みください。

YouTubeの動画講義もあります。ぜひ見てみてください。

音声だけでも学べるので、ぜひ聞き流しでも使ってください。

 

フレックスのメリット

フレックスとは、かんたんに言えば「縦と横の連続スクリーン」です。

スクリーンプレイは、そもそもが守りにくいものなのに、それが縦と横に連続して続くわけです。そりゃ、守りにくいですよ。

そして、フレックスオフェンスのメリットは3つです。

  1. パスが主体である
  2. ゴールから近いシュートが増える
  3. 個人の弱さを組織でカバーできる

つまり、優れた個人がいなくても、練習次第で勝つことができるというのが、フレックス最大の魅力なんです。

では、具体的な動き方をみていきましょう!

フレックスの基本的な動き

フレックスは2ガードのセットです。

  • 2と3が2ガードポジション
  • 1がウイング
  • 4と5がローポスト

このような形からスタートします。

ちなみに、ポジションは関係ありません。全員がアウトサイドもインサイドもプレイします。

まずはバックスクリーン

  1. 4がウイングに出て、スペースを空ける
  2. 2から3にパス
  3. このパスと同時に、5がスクリーン
  4. 1がカット

この順に動きます。スクリーンがガチッとかかれば、1にパスを通してレイアップです。

もっとも守りにくいスクリーンである「バックスクリーン」がここで計画されてます。

バックスクリーンはディフェンスからすると見えないので、ガンガンかかるんですよ。

 

 

スクリーン・スクリーナー

そのパスが通らなければ、2がダウンスクリーンして5が上がります。

このプレイが「スクリーン・スクリーナー」と言って、とても守りにくいスクリーンなんです。

  1. 5は1にスクリーンする
  2. その5に2がスクリーンする
  3. ディフェンスは対応できない

となります。

これでパスを受けたら、5はハイポストからシュートです。

動きを連続させる

横のスクリーンと縦のスクリーンを連続したわけですが、これでシュートまで行けなくても、終わりじゃありませんよ。

同じ動きを逆サイドでくり返しましょう!

  1. 2が外に出てスペーシング
  2. 1が4にバックスクリーン
  3. 3が1にスクリーン・スクリーナー

という動きです。

このようにずっと連続して、ディフェンスのズレを作ります。

わたしの経験では、パスを5〜7回まわせば、自然とノーマークになります。

不思議ですが、ディフェンスはついて来れなくなるんです。

ズレができたら、ゴール近くのシュートになります。

優れた能力の選手でなくても、フレックスは大丈夫です。

ホーンからフレックスにエントリーする

フレックスをスムーズにプレイするために、エントリーを決めといた方がいいです。

エントリーにはいろいろありますが、ホーンセットから入るプレイが最近は多いですね。

詳しくはこの記事でまとめています。合わせてお読みください。

ホーンセットからフレックス フレックスオフェンスのよくあるエントリーこんにちは、三原です。 フレックスオフェンス、昔も今も最高のオフェンスです。 フレックスはもともと1980年代に流行ったので...

YouTubeでも解説していますので、そちらもどうぞ!

ポジションを固定してフレックスをする

フレックスは全員がポジション関係なくプレイするところがメリットです。

でも、

  • センターはゴール下で1対1させたい
  • ガードはアウトサイドで打たせたい

こんなふうに、ポジションを決めてプレイさせたいと考えることもありますよね?

そんなときは「横の動きだけ」でフレックスをする方法があります。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

フレックスオフェンスをポジション固定でプレイする方法こんにちは、三原です。 フレックスオフェンス、最高ですよ。 今も昔も、世界で最も効果的なセットオフェンスと言えるでしょう。 ...

YouTubeでも解説していますので、そちらもどうぞ!

フレックスの練習方法

チームにフレックスを導入する場合、この順で練習するとうまくいきます。

  1. 3人のフレックスカット
  2. ダウンスクリーンシューティング
  3. 4アウト
  4. 5対0
  5. 5対5

詳しくはこの記事でまとめています。合わせてお読みください。

フレックスオフェンスの練習方法こんにちは、三原です。 フレックスオフェンスは、今も昔もすばらしいオフェンスですね。 先日、こういったツイートをしました。 ...

YouTubeでの解説はこちらをどうぞ。

フレックスの全体像をわかりやすく

フレックスの全体像をつかむための動画講義はこちらです。

わたしがアップした動画の中で、一番人気があるものです。

もちろん無料なので、ぜひどうぞ↓↓

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!