オフェンス

2−3の具体例 バスケのセットオフェンスをわかりやすく

こんにちは、三原です。

この記事では2−3ハイセットのオフェンスを紹介します。

  • 得点力をつけたい
  • オフェンスをもっとうまく教えたい
  • 自分のチームに特徴を作りたい

そう思っているバスケ指導者のあなたはぜひ最後までお読みください。

動画でも学べますのでYouTubeをどうぞ。

音声だけでも理解しやすいように作ってありますので、聞き流しOKです。

 

ちなみに、セットオフェンスの全体像については、こちらの記事をぜひどうぞ!

セットオフェンスの種類 基本となる形 7選 【バスケ戦術講座 第10回】こんにちは、三原です。 セットオフェンスとは ハーフコートで攻めるときに 誰が どこに立つか という立ち位置の約束のことを言います。 もちろん、選手はドリブルとパス、スクリーンとか、いろんなプレイをしていくわけですが、最初の「立ち位置」をどうするかを決めておくことは、ものすごく大事です。 迷子にならないための「地図」みたいなものですね。 そんなセットオフェンスの代表例を、わかりやすく解説します。...

 

2−3セットの具体例

2−3は、フリースローラインよりも上に全員が並ぶハイセットです。

ハイセットのメリットは、なんと言ってもゴール下に大きなスペースができること。

1−4のセットとこれは同じですが、2−3だとポストに立つセンターが1人だということ。

  • 背も低い
  • 点も取れない
  • でもパスは上手

こんな献身的なセンターがいる場合、2−3ハイセットがオススメです。

具体的に紹介したいプレイは2つ。

  1. シザース
  2. チン

ではさっそく行きましょう。

シザース

シザースはハサミという意味です。

  • ハイポストの5にパスを入れる
  • 次にパスをした1が走る
  • で、この動きはダミーで、続いて反対側にいる2がカット

こうすると2人の動きがハサミのようになるわけです。

2のディフェンスは5と1がスクリーンになって、2についていくことができません。

2はボールをもらったらそのままドライブできますし、それに合わせて4がドリフトすれば、アウトサイドでもノーマークができますね。

さらに、プレイをこう続けることができます。

  • 3と4がダウンスクリーン
  • 1と2が上がる
  • それに合わせて5がドリブル
  • ハンドオフでノーマーク

こんなプレイにも発展できます。

ノーマークができるまでしつこく連続スクリーンのセットです。

チン

この記事を読んでいるあなたのような方なら「プリンストンオフェンス」の名前を聞いたことがあることでしょう。

相手の意表をつくプリンストンオフェンス。世界一有名なセットオフェンスの1つが、この「チンオフェンス」です。

  • 1が4にパス
  • 2が5にスクリーン
  • 2がシャッフルカット

これが第1オプションです。


シンプルですが、かなり効きます。
特に前半では、相手が読んでこないので、バシバシかかります!

このシャッフルカットにパスが入らなければ、

  • 5が1にスクリーン
  • 1がフレアーに動く
  • パスを1に飛ばす

ディフェンスにズレができているので、1は3Pも打てるし、ドライブもしやすいです。

この1にもパスが出せなければ、

  • 4がドリブルで上がる
  • 逆サイドにパスを展開
  • 4がシャッフルカット

こんな感じで、「シャッフル→フレア」をひたすらくり返します。

プリストンオフェンスは最高のセットオフェンスです。

もし詳しく知りたい方は、ぜひこちらの記事もお読みください。

プリンストンオフェンス 「チン・シリーズ」 バスケのセットオフェンス解説バスケットボールでもっとも有名なセットオフェンスに、プリンストンオフェンスがあります。そのパターンの1つが「チンオフェンス」です。オフボールで連続のバックスクリーンをするチンは、ミニや中高でも使えるプレイです...

2−3のデメリット

シザースも、チンも、すばらしいセットプレイです。

それゆえに、形にこだわって、個人の1対1がおそろかになることがよく起きます。パターンをなぞることが必死で、ディフェンスとの駆け引きを忘れてしまいがちです。

また、ハイセットなのでリバウンドに行きにくいのもデメリットですね。

魅力もあり、デメリットもあります。ポイントで使うといいでしょう。

まとめ

今日のまとめ
  • 2−3ハイセット
  • センターがパスがうまいと効果的
  • シザースはハサミ
  • 2人目のカットがノーマークになる
  • ドリブルスクリーンのオプションもあり
  • チンは超有名なオフェンス
  • シャッフルとフレアーをくり返す
  • セットオフェンスとしてはとても優れている
  • だからこそ、型にはまりがち
  • オフェンスリバウンドも行きにくい

というお話です。

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

同じように指導に悩み、解決してきたわたしが、チームづくりのノウハウをお伝えします。

最初の1通目で「練習メニューの作り方」という特典動画もプレゼントしてます。

無料でメルマガ講座を購読する!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ
チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ