オフェンス

パスだけ使ったオフェンス「パッシングゲーム」 【バスケ理論】

こんにちは、三原です。

今回は「パスだけ使ったオフェンス『パッシングゲーム』」というお話です。

前回、スクリーンだけを使ったオフェンス「スクリーニングゲーム」をお話しました。

→ スクリーニングゲームはこちらをクリック

このスクリーニングゲームは

  • ディフェンスが下がっているとき

に使うと有効です。

ディフェンスを強制的に広げることができるからです。

一方、今回の「パッシングゲーム」は

  • ディフェンスが当たっているとき

に使うと有効です。

  • スクリーンを使わない
  • パスして走るだけのオフェンス

なのです。

相反するこの2つのオフェンスをマスターすれば、

得点力が倍増すること間違いなしです。

 

ではさっそく行きましょう

2ガードのセットです。

約束は1つだけ

  • パスをしたらボールの逆にカット

これだけです。

  • #1が#2にパスをした
  • #1はカット
  • スペースを順に埋める

これをくり返します。

#5はセンターで、このポジションだけ固定です。

他の4人は、誰がどこでも良いです。

ウイングから、パスが逆サイドに展開されたときは

  • ガードからウイングにパス
  • カット
  • 埋める

ということを逆サイドでくり返します。

このパス回しの中で、1対1できるチャンスがあれば攻めるのです。

そして、ポストに入れたときにどうするか。

  • ロ―ポストに入れたら、カット

このように動いて、スペースを広げます。

またハイポストに入った時は

  • 広がる
  • チャンスがあれば、バックドア

というように周りが合わせます。

  • ディフェンスが下がっているときは、スクリーニングゲーム
  • ディフェンスが当たってきたら、パッシングゲーム

プレイ自体はとても簡単ですよね

ぜひあなたのチームでもやってみてください。

動画ではもう少し詳しく解説しています。

【参考文献】

千葉大学・日高先生の「勝つためのフォーメーション」です。

スクリーンについて、その使い方がわかりやすく書かれています。日高先生は高いレベルの技術を「わかりやすく教える」という意味では日本一の先生だと思います。

最後までお読みくださり感謝しています。

三原学でした。それでは、また。

【わたしの著書】

「ディフェンスの教科書」と「強くなる練習メニュー」です。

note、brain、Amazon、お好きな形でお読みください。

(note) → https://note.com/coach_mm

(brain) → https://brain-market.com/u/coach-mm

(Amazon)→

 

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!