オフェンス

アタックモーション 2016年リオオリンピックで日本代表が世界を驚かせたアーリーオフェンス

こんにちは、三原です。

2020東京オリンピックのバスケットボール、すばらしかったですね。

男女、5人、3人問わず、すべてがすばらしかった。

その中でもやっぱり5人制の女子が銀メダルですよ。FIBAの公式アカウントもこの大絶賛っぷり!

この流れで、わたしもブログ記事(YouTube動画あり)を2本書いて、いずれも大好評でした。

バスケットボール日本代表女子の戦術「5アウト」モーションオフェンスを解説します 【祝!2020東京オリンピック銀メダル】2020東京オリンピック。日本代表女子バスケットボールは、銀メダル獲得という快挙を成し遂げました。小さくても勝てるための工夫。それを支えるチームプレイ。そういった戦術をわたしなりに分析し、解説します。5アウトのモーションオフェンスです。この記事が日本のバスケ指導に役立つことを願っています。...
【バスケ日本代表女子】トムホーバス監督は真の指導者!こんにちは、三原です。 バスケ日本代表女子、オリンピックでの快進撃が止まりません! あなたも見てますよね? ついつい熱...

こうなると、わたしとしては戦術的なルーツを学びたくなりまして、前回大会のリオオリンピックでの戦いぶりを、今回は解説したいと思います。あのときも素晴らしかったですからね。

当時のオフェンスシステムは、アタックモーションと名づけられました。ヘッドコーチは内海監督。

そのオフェンスシステムは、言うまでもなく2020東京オリンピックの土台となっています。

小さなチームで、走るバスケを追求したい方にはお役に立てる記事ですので、ぜひ最後までお読みください。

章ごとにYouTubeの動画があります。そちらも合わせてご覧ください。わたしの動画は、音声だけでも学べることを意識して作ってあります。なので聞き流しでもOKです。

アタックモーションのコンセプト

アタックモーションの考え方は、次の3つです。

  1. 速攻の流れで攻め切る
  2. ペイントアタック
  3. ビッグアドバンテージ

【1】速攻の流れで攻め切る

小さいチームなので、早く攻めよう。この考えは、誰もが持つと思います。

内海監督の話では、リオのオフェンス結果で

  • 半分が速攻、アーリー
  • もう半分がセット

だったそうです。

半分が速攻めという成果は、相当に高い数字なんです。練習でもことあるごとにアーリーを追求していたことでしょう。

その追求をしやすいように「アタックモーション」という名前をつけたはずです。

また、わたしが思うに、2020よりも2016の方がセンターを中心にオフェンスを組み立てているように感じます。

これは選手やコーチのメンバーが大幅に違うことが関係すると思いますが、あなたのチームにセンターがいて、それでも走るバスケをやりたいという場合、このアタックモーションの方が役に立つはずです。

【2】ペイントアタック

センターにせよ、ガードにせよ、インサイドを突破することが大事です。これをペイントアタックと言います。

ペイントアタックすれば

  1. ゴール下のシュートは高確率
  2. ファウルももらえる
  3. ディフェンスが収縮する

と言いことばかりです。

なので、できるだけ早くボールを進めて、ペイントアタックをしなさい。というのがアタックモーションの原点です。

【3】ビッグアドバンテージ

ペイントアタックをすれば、ディフェンスは放っておけないです。必ずヘルプに来ます。

そしたら、ヘルプに来た人のマークマンがフリーになります。この図で言えばコーナーの2です。

2は自分のマークマンが遠くに離れています。なので

  • シュートしたければできる
  • あわててディフェンスが来たら、ドライブで抜ける

という圧倒的に有利な状態です。これをアドバンテージと言います。

アドバンテージになれば、ディフェンスはローテーションするしかありません。つまり2を止めるにはX3が出てくるしかないのです。

そしたら、3がもっと大きなアドバンテージになっちゃいます。

こうやってビッグアドバンテージを作っていくことが、アタックモーションの狙いです。

ドラッグスクリーン

では、具体的な戦術にいきましょう。

まず中心は、ドラッグスクリーンです。

ドラッグとは「引っ張る」という意味で、ポイントガードがドリブルでアタックしやすくするために、センターがスクリーンをするプレイになります。

ボール運びの早めの段階で、スクリーンをかけるのがコツです。

  • センターラインを超えて
  • 3ポイントラインの外
  • ここをポケットと呼ぶ

のですが、このポケットエリアでスクリーンします。

 

そして位置は、だいたいペイントの横辺くらいが目安です。

狙いはもちろん、1が直接ペイントアタックです。

チャンスがあれば5がダイブしてもいいでしょう。

これもペイントアタックになります。

ダイブすれば、もし5にパスが通らなくても、それだけでディフェンスを収縮させることができるからです。

こうなれば、サイドのシューター2がノーマークになります。

エキストラパス、なんて呼んだりますが、チャンスがあれば2から5のローポストにパスを入れることも可能です。ズドン!

あ、もちろん逆サイドの3にパスしてもいいですよ。どちらでもOKです。

ここで大事なことはリバウンドとセフティです。

3が打ったとします。

  1. 4と5は必ずリバウンド
  2. 逆サイドの2もリバウンド
  3. 1と3はセフティ

という形を作りましょう。

そうすると、リバウンドが取れやすくなるのはもちろん、ハリバックもしやすくなります。

そのあたりはこちらも記事もぜひどうぞ。

【重要】リバウンドとセフティーを作ろう バスケのオフェンスで最も大事なこと攻撃は最大の防御 って言葉、聞いたことありますよね? これバスケに例えると、「とにかくいいから攻めまくれ」っていう意味じゃなくて、 オフェンスの時こそ、守りを意識しろ ってことだと思うんです。 もっと言えば、シュートで終わりじゃなくて、 リバウンドとセフティーの形を作れ ってことだと、わたしは思ってます。 ここであえてブログ記事にしたのは、多くのチームがそれをやってないからです。 わたしの指導でも、ここは疎かになりがちで。シュートしたらオフェンスは終わりだと思っちゃうんですよね。 でも大事なのは、リバウンドとセフティ。 この記事をきっかけに、あなたのオフェンスがより良いものになれば嬉しいです。...

ダブルドラッグ

先ほどお話しした、ドラッグスクリーンとほぼ同じです。

ただし「ダブル」なので、このように2人がスクリーンします。

かける位置は、ペイントのラインと、リングの正面が目安です。

ドリブルをしたら

5がダイブ、4がポップとたがい違いに動きましょう。

こうすると5と3にパスが出せるのはもちろん、ポップの4にもパスができます。

4の3ポイントも打てるし、4と5のハイローとか、いろいろできます。

スタガード

ドラッグスクリーンは、「センターが速攻の先頭を走らない」というのが前提でした。

しかし、理想の速攻はむしろ「センターが速攻の先頭を行く」です。これをリムランといいます。

相手が戻るのが遅ければ、リバウンドを取らなかったセンターはリムランをしましょう。直接パスが通れば、イージーシュートでおしまいです。

そして、ここにパスが通せなければ、2にパスをしてスタガードというプレイに移ります。

まず2にパスして、1はカット。

トレーラーの4が来て、5といっしょにスタガードスクリーン(時差スクリーン)をセットします。

これを使って3がカールカット。パスが通ればレイアップです。

ここにパスが通らなければ、1が上がりましょう。

スペースを取るために、2ヶ所でフレアースクリーンします。ちょっと複雑ですが、がんばってついて来てくださいww

そして5が1にピックします。

この上の図を見るとわかりやすいですが、アタックモーションでは常に4アウト1インを保つことが大切です。

先ほどのフレアスクリーンは、そのための意味もあるんです。

もちろん、フレアーにパスができたら、してもOKです。

フレアーからスリップ、なんていうプレイも、ちゃんと狙いましょう。

スタガードの使い方

スタガードの使い方も、ちょっと深掘りすると、いくつかあります。

まず基本はカールカット。

この間を抜けるギャグルという方法もあります。

スクリーンを使わない、バックカットも狙いましょう。

最後はフェイド。遠ざかるようにしてディフェンスの裏をかくもらい方です。

1つ注意点は、フェイドの時はパスの距離が長すぎるので、ドリブルで上がった方がいいってことです。

 

ドリブルハンドオフ

続いてのプレイ。これも最初はリムランから始めます。

パスを出せば先ほどのスタガードになりますが、今度はドリブルで進みます。

同時に、4はポケットエリアまで移動。

2は1のドリブルハンドオフでパスをもらって、4のピックを使います。

5はスペースを取るために逃げましょう。

ピック&ダイブで4がペイントアタックします。

そうしたら、5は3にフレアースクリーン。あくまで4アウト1インを保つようにしてください。

ハンドオフからピックを使ってドリブルするときは、ペイントアタックを狙いましょう。

最低限でも、エルボーの部分は踏むようにドライブです。

もちろん、フレアーにパスできたら飛ばしましょう。

フレアースクリーンした後、5がスリップすることもできます。

このときは4のダイブと5のスリップが重なっちゃいますね。

なので、ボールを優先して、4がリフトしてあげてください。

あくまでスペースは4アウト1インです。

意外と使える「キープ」

すごく単純なんですけど、かなり使えるプレイがこの「キープ」です。

  1. ドリブルする
  2. ハンドオフ、と見せかけて
  3. そのままドライブ

というのがキープ。パスしないでボールをキープし続けるって意味です。

図で書くとメチャクチャ単純なんですが、これがけっこう効きます。

ドリブルハンドオフだけでなく、すべての手渡しパスで使えますので、ぜひ覚えておきましょう。

トレイル

先ほどのドリブルハンドオフと、ほとんど同じプレイです。

今度はパスしてそのボールを追いかける(トレイル)になります。

1がここまでボールを運びました。

4にパスをして、すぐトレイル。

で、逆サイドでドリブルハンドオフをやります。

わざとトレイルして逆サイドから始めることで、ディフェンスをゆさぶることができます

どんなオフェンスでも、ボールを逆サイドに飛ばすことは、効果的ですよね。

もし、トレイルを狙っていながら、パスが出せなければ、グルーッとドリブルで行っちゃいましょう。

ピックしたら4はダイブしますが、それに合わせて5はリフト。あくまで4アウト1インのスペースを忘れずに。

5に飛ばしてからハイローもできるかもしれません。

チェイス

最後はチェイスです。これはドリブルハンドオフの裏のプレイみたいなものですね。

まずドリブルで進みます。ここまでは同じ。

1がフリースローラインの高さに来たら、チェイスの始まりです。

2が5にバックスクリーンをかけて、インサイドに飛び込ませます。

入ったらズドンとパスを入れて、イージーバスケットです。

スクリーン後にポップした2にパスをつなぎます。

ここにはかんたんにつなげるはず。

タイミングを合わせて4が2にピックです。

1はスペースを取るために、コーナーに広がります。

4がダイブ、5がリフト。こうして4アウトを保ちます。

 

5がつないでハイローも狙えますね。アタックモーションお得意のパターンです。

参考文献

以上が、2016年リオオリンピックでのアタックモーションです。

少し複雑なところもあったと思います。でも

  • 走るチームを目指したい
  • センターを生かしたい
  • オンボールスクリーンで攻めたい

というあなたには、すごく使えるアイデアがたくさんあります。

この記事をくり返し見て、また動画もチェックして、ぜひ覚えてください。

ちなみに参考文献はこのDVDです。

内海監督の細かな指導がわかりやすいので、深く学びたい方はぜひどうぞ。

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!