オフェンス

バスケのサイドスローイン 「ライン」 接戦の試合で使えます

こんにちは、三原です。

1点差を争う試合。このときのスローインってめちゃくちゃ重要ですね。

そして、サイドスローインで「ライン」といって一列に並ぶセットがとても使えるんですよ。

わたしもこのセットで1点差を勝ち切ったことが何度もあります。

  • 接戦で勝てるような指導がしたい
  • サイドのスローインで新しいセットを覚えたい
  • オフェンスの得点力を高めたい

そんな指導者の方はこの記事を最後まで読んでください。

動画でもお話ししているので、YouTubeもぜひどうぞ。

音声だけでも学べるように作ってあるので、聞き流しでもOKです。

サイドスローイン「ライン」

ラインとはこのように1列に並ぶセットです。

こうすると、ディフェンスが守りにくいんです。というのも、ディフェンスは片側しか守れないからです。

  • 右に立ったら、左は守れない
  • 左に立ったら、右は守れない

こういったディフェンスの本質的な弱点をついたセットです。

具体的な動き方は2つ紹介します。

  1. カール
  2. キープ

では行きましょう!

カール

固まって並んでいる味方をスクリーンに使って、ぐるっと回るプレイを繰り返すのが「カール」セットです。

このセットでは2が一番得点力のあるプレイヤーです。

まず1がカールします。

続いて2がカール。ゴール下でシュートを狙います。1が動いた直後なので、2はフリーになりやすいです。

この2にパスが入らなければ、残る4と5がダブルスクリーンをしてあげます。2がアウトサイドでフリーになります。

キープ

これは接戦で、勝っているときに使えるセットです。例えば

  • 残り3秒
  • 1点勝ってる

こういう時は、安全にパスを入れて、3秒の時間をボールキープすれば勝ちですよね。

これを確実にやるためのセットです。

 

まず1が後ろ側にカールします。

続いて、4と5が同時に左右に離れます。

こうすると、2の目の前に一瞬スペースができますよね。

なので安全にパスが入ります。

すべての動きは2がボールをもらいやすいためのスペースづくりです。

2はもらったらファウルされることも予想できます。なのでフリースローの上手な選手を2に置くのがいいでしょう。

 

まとめ

今日のまとめ

サイドスローのライン

一列に並ぶセット

ディフェンスは1方向しか守れない

ぐるっとカールするセット

2人目のカットする人をエースにする

接戦時は「キープ」

同時に弾けるように動く

安全なパスインが目標

フリースローがうまい選手ならなお良い

というお話しです。

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する