戦術講座

アドバンテージを取る 【バスケ戦術講座 第12回】

こんにちは、三原です。

オフェンスをする上で、「アドバンテージ」という言葉を絶対に覚えておくべきです。

アドバンテージは、オフェンスの方が有利な状況って意味で、具体的には「クローズアウト」を作るってことです。

 

ただ攻めるのではなくて、

クローズアウトを発生させるぞ!

アドバンテージを取るぞ!

という気持ちでオフェンスするかどうか。それだけでプレイがガラッと変わります。

アドバンテージについて、いっしょに詳しく考えていきましょう。

YouTubeでも解説しています。

音声だけでも理解できると思いますので、とりあえず聞き流しだけでもどうぞ。

現代バスケは「クローズアウト」を発生させろ

クローズアウトは、ディフェンスを「後追い状態」にするってことです。

 

ディフェンスって、左右の動きには強いんですよね。

ドリブルから始めて、左右にフェイントかけても、あんまり抜けません。

たとえば、こんな感じ。

ところが、これが左右じゃなくて、前後になると、とてもかんたんに抜けます。

この前後の状態をクローズアウトって言い、クローズアウトを作れば、かんたんに1対1で抜けるよって話です。

1回のオフェンスで2回クローズアウトを作る

そして、ここからがさらに重要なんですが、1回のオフェンスで、2回以上のクローズアウトを発生させましょう。

この、クローズアウトを何回もさせてる状態を「アドバンテージ」って言います。オフェンスがとっても有利な状況ですね。

下のツイートでは、レイカーズのディフェンスに注目しましょう。

ほら、何度もクローズアウトさせられてるでしょ?これがアドバンテージです。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1368371333604679683?s=20

スペーシングが超重要

アドバンテージ状態を保つには、周りの味方がどこにいるかも重要です。

要は「スペーシング」ってやつです。

一般的には

  • コーナー
  • ウイング
  • スロット(ガードポジション)
  • ボールと逆サイドのポスト

などに大きく広がってあげることですね。

ドリブルドライブモーションは、この理論が完璧で、現代バスケの最高傑作と言われています。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1318517965944320001?s=20

 

ボールを持つのは0.5秒

スペーシングのイメージとしては、こんな感じです。

まず1がバーンとドライブしますよね。とりゃ。

それに対してX2がカバーします。

そうしないとレイアップされちゃいますからね。

すると、2がコーナーでノーマークです。

このとき、2がコーナーにいないで変に動いちゃったりすると、パスが出せないんですよね。これがスペーシングなんです。

で、2がコーナーからシュートしようとして、X3がクローズアウトしてきたら、すぐに3にパスを出す。

こうすると、どんどんクローズアウトが発生させられます。

大事なのは、スペーシング。

そして、ボールを持った人の判断です。

ボールを持った人は0.5秒以内に

  1. シュートするか
  2. ドライブするか
  3. パスするか

それを判断しましょう。

わたしのチームでのナイスプレイはこちら。

 

練習はアドバンテージドリルがおすすめ

最後に、アドバンテージの感覚を覚えるためのドリルを紹介します。

はじめから抜けてる状態でスタートする「アドバンテージドリル」がおすすめです。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1268344143215902721?s=20

これは1対2ですが、同じように3対3、4対4をやることもできます。

けっこうたくさんのチームがやっている印象です。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1374680987347546112?s=20

ということで、ぜひあなたのチームにも

クローズアウトを発生させるぞ!

アドバンテージを作るぞ!

という考え方を根付かせてくださいね。

ありがとうございました。

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!