戦術講座

【NBA】スパーズのモーションウィーク・ストロングをわかりやすく 【バスケ戦術講座 第27回】 

こんにちは、三原です。

今回はNBAサンアントニオ・スパーズのモーションオフェンスを紹介します。

スパーズといえば、NBA史上「最も美しいオフェンス」として有名なチームです。2014年頃は、本当に強かった。

それ以来、NBAのオフェンスの主流として、

  1. モーションウィーク
  2. モーションストロング

というプレイが定着しました。

ここではそのモーションオフェンスを、わかりやすく解説します。

YouTubeでも解説しています。

聞き流しでも学べるので、移動中とかに音声だけでもぜひどうぞ。

2

「モーション=オフボールスクリーン」のこと

さっそくですが具体的なプレイとしては、こんな感じです。

このツイートの動画を見てください。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1278061987092545536?s=20

モーションオフェンスって言葉はよく聞くと思いますが、わたしの解釈では「モーション=オフボールスクリーン」のことです。

最近のバスケはオンボールスクリーン(つまりピック&ロール)が多いですが、モーションというと、ボールのないところのスクリーンを多用するんですね。

オフボールのスクリーンは、ボールスクリーンよりもかかりやすく、かんたんにノーマークができる特徴があります。

オンボールはスイッチしたり、ディフェンス方法がけっこうやりやすいのに対して、オフボールはいろんなところで何度もかけることができます。

中高生にはピックばかりでなく、モーションを多用することをおすすめします。

NCAAの名称、デューク大のコーチKも、モーションオフェンスが大好きなことで有名。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1324914319646060544?s=20

で、今回紹介するスパーズのモーションは2つ

  1. モーションストロング
  2. モーションウィーク

この2つです。

ストロングというのは、ボールがある方のサイドでポストアップをするって意味。

ウィークというのは、ボールのない方のサイドでスクリーンをかけ合うって意味です。

具体的に見ていきましょう。

トランジションの走るコース

ストロングもウィークも、ボール運びの走るコースからプレイに入ることができます。

速攻の走るコースは、基本的にこうです。

  1. ポイントガードがボールを運ぶ
  2. 右ウイング
  3. 左ウイング
  4. リバウンダーは最後尾から追う(トレーラー)
  5. リングにダッシュする(リムランナー)

こうすると自然とセットオフェンスの形になります。

このトランジションのコースはどんなオフェンスをやるにしても共通の基本なので、ぜひ覚えておきましょう。

モーションストロング

では、ボールを運び終わって、ここからモーションオフェンスです。

1から4、そして3にボールをスイング。

それに合わせて5がストロングサイド(ボールのあるサイド)にポストアップします。

狙いは5へのパスです。

5はボールをもらったらローポストでパワープレイ。1対1をゴリゴリやりましょう。

このパスをしやすくするために、ウィークサイドではスタガードスクリーンをかけておきます。

2はフリーになったら打てるように、シューターがいいですね。

シンプルですが、ここまでがモーションストロングです。

ストロングの応用

ここまででシュートにいけなかったら、いろいろなパターンあります。

例えば、5がハイポストにフラッシュして、ホーンセットにうつってもいいでしょう。

またはスタガードスクリーンをカールカットして、コーナーまで切れるのもよくやります。

コーナーにパスが通ったら、2と5でピックをする。

あんまり複雑にするのも良くないのですが、シュートまでいけなかったら続きのプレイはどうするのかまで決めてくといいでしょう。

モーションウィーク

次はモーションウィーク。

1が4にボールをスイングするところまでは、先ほどと同じです。

違うのは、1がパスした後にボールを追いかけるようなカットをすること。

再びボールを1がもらいます。

この動きと同時に、3がカットして5にスクリーン。

5はスクリーンを使ってポストアップです。

このウィークサイドでのスクリーンから始まるので「モーションウィーク」なんです。

1から5にパスを通すのが最初の狙い。

そのパスが入らなかったら、3に4がダウンスクリーンします。

3はさっきまでスクリーナーだったので、「スクリーン・スクリーナー」になります。こりゃ守りにくい。

ここまででシュートにいけなかったら、4と5が「ハイローポスト」にちゃんといるので、ここから先はフリーオフェンスで攻めるのです。

フロアバランスが良いので、いろんなプレイができるはずです。

ウィークのオプション

モーションウィークの発展的なプレイとして、5がサイドピックにいくことが多いです。

まず、こうやって。

ローポストアップせずに、5が1にピック。

これ、効きます。

動いてディフェンスを休ませない

以上がスパーズのモーションオフェンスです。

トランジションからスムーズに入れて、サインなしで「ささっ」とオフェンスに入れるのが特徴です。

そして、ボールと人の動きが止まらない。常にディフェンスが動かされていることになります。

こうすれば、ディフェンスがズレて、1対1がしやすくなる。というわけです。

シンプルですが、中高生にはすごく合うと思います。

ぜひあなたのチームでもモーションオフェンス、やってみてください。

参考文献

最新の戦術をまとめた1冊です。

Kindleアンリミテッドの方はいつでも無料で読めますよ。

ABOUT ME
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する