戦術講座

オフボールスクリーン わかりやすく【バスケ戦術講座 第21回】

こんにちは、三原です。

オフボールのスクリーン、つまりボールのないところのスクリーンは、大切です。

というのも、うまくかかればかんたんにシュートチャンスが作れますからね。

最近はボールにスクリーンに行くプレイが多いですが、オフボールスクリーンが必要ないわけじゃありません。

むしろ中高生には、ボールスクリーンよりも、かんたんかも。

ということで、オフボールスクリーンの基本について、わかりやすく解説します。

YouTubeでも同じような話をしています。

この文章はYouTubeのレジュメみたいな感じです。

聞き流しでも学べるので、音声だけでもぜひどうぞ。

スクリーンの呼び名

スクリーンにはいろんな種類があります。なので、それらに名前をつけておくことが大事です。

名前をつけておけば、選手とコミュニケーションが取りやすいですからね。

よくある例は、スクリーンの「枚数」で呼ぶことです。

シングル

1人だけのスクリーンですね。もっとも多く行われるスクリーンです。

ダブル

お次はダブル。2人のスクリーンです。

シューターをノーマークにするために使われたりします。

スローインとかでも多いですね。

トリプル

あんまり多くはないですが、可能性としてはあります。

3人のトリプルスクリーン。豪華ですね。

スタガード

もう一つ、枚数じゃないけど覚えておきたいのは、スタガードスクリーンです。

スタガード。もともとは「ふらつかせる」とか、そんな意味です。

わたしは「時差スクリーン」と呼んでいます。

ダブルスクリーンと似てるんですが、少し離れたところに立って、時間差でディフェンスをぶつけるスクリーンです。

ダブルスクリーンと最大の違いは、2人の間をカールカットできるってことです。

つまりオフェンスの選択肢が多いんですね。

時間差のスタガードスクリーン。ぜひ覚えておきましょう。

代表的な3つのプレイ

では、具体的な3つのプレイです。

  1. ダウンスクリーン
  2. バックスクリーン
  3. クロスコートスクリーン

オフボールスクリーンは、この3つのどれかに、必ず分類できます。

ダウンスクリーン

ダウンスクリーンは、上から下へのスクリーンです。

トップからリング方向へのスクリーン。

試合中に、一番かんたんに行うことができるスクリーンです。

ディフェンスからするとスクリーンが来るのがバッチリ見えるので、かかりにくいスクリーンでもあります。

でも、かかると「わかっているけど止められない」となって、相手ディフェンスに相当なプレッシャーを与えること間違いなしです。

バックスクリーン

ダウスクリーンの逆、下から上へのスクリーンです。

バックスクリーンの魅力は、なんといってもノーマークになりやすいこと。

ガチっとかかれば、イージーシュートになりやすいです。

オフェンスのきっかけ作りに使われる「UCLAカット」もバックスクリーンです。

UCLAカットされると、レイアップされちゃうのでディフェンスは下がらざるをえません。

そうするとハイポストを使ったプレイがかんたんにできるんですよね。ぜひ覚えておきましょう。

クロスコートスクリーン

最後はクロスコートスクリーン。

コートを横切るスクリーンですね。

センター同士が使うことが多いです。

また、フレックスオフェンスの動きも、クロスコートスクリーンが入ってます。

 

コートを横切るクロスコートスクリーンは、ゴール下でノーマークができやすいので、おすすめです。

ディフェンスをずらせ

ということでスクリーンのやり方をいろいろと紹介してきました。

大事なのは「何のために」という目的なんですが、それはディフェンスをずらすためです

ディフェンスが遅れる状況を作れば、楽にシュートしたり、1対1したりすることができます。

ディフェンスをずらして、楽なオフェンスをするためには、スクリーンが欠かせません。

この記事で紹介したものを参考に、ぜひあなたのチームで取り入れてみてください。

あわせて読みたい

最近の戦術についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの本がおすすめ。

Amazonアンリミテッドなら無料で読めます。

ABOUT ME
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する