戦術講座

トランジションディフェンス 【バスケ戦術講座 第5回】

こんにちは、三原です。

世界中のコーチが、ディフェンスを重視しています。

その理由は、オフェンスでミスをしたとき、ディフェンスしか頼れるものがないからです。

そして、ディフェンスはオフェンスと違って、好不調の波がない。

練習の成果がそのまま表れるのがディフェンスです。

ところで、「ディフェンスの練習」って何を思い浮かべますか?

おそらく

  • フットワーク
  • 1対1
  • シェルディフェンス

こういうものが頭に浮かんだことでしょう。

でも、これよりもずーっと大事なものがあります。

それがトランジションディフェンスです。

要は「戻り」です。戻ることができなければ、速攻で点を取られて、ディフェンスが組めません。

つまり、トランジションが悪ければ、すべてのディフェンス練習はムダになります。

そのくらいまで大事なトランジションディフェンス。この記事ですべてまとめました。

YouTubeでも解説しています。

音声だけでも学べるように作ってあるので、聞き流しだけでもどうぞ。

トランジションディフェンスの3つのポイント

「戻れー」とコーチは試合中に叫びますね。

でも、ただたんに戻ればいいってわけではありません。

ポイントは、以下の3つです。

  1. オフェンスリバウンドに行かない
  2. リングを優先しよう
  3. ネイルを目指せ

というこうとで、1つずつ解説します。

オフェンスリバウンドに行かない

まずは、オフェンスリバウンドに「誰が行かないか」を決めましょう。

書きまちがいじゃありません。「行かない」人を決めるんです。

オフェンスの終わりはディフェンスの始まり

バスケは切り替えのスポーツです。

陸上でいうフライングがナイスプレイになる競技です。

オフェンスの終わりはシュート、と考えていては、バスケットボールを正しく理解したことになりません。

  1. ディフェンス
  2. 速攻(ポジティブ・トランジション)
  3. オフェンス
  4. 戻り(ネガティブ・トランジション)

このように「ディフェンス→ポジトラ→オフェンス→ネガトラ」というループが延々に続くのがバスケットボールです。

切り替えに長けたチームが、試合では勝ちます。

オフェンスの終わりは、ディフェンスの始まりと考えましょう。

リバウンドとセフティの形

ということで、シュートで終わりじゃなく、シュート後の「リバウンドに行く、行かない」まで決めとくべきです。

「行かない」はセフティといって、戻る準備をする人になります。

一般的なのは

  • 3人リバウンド
  • 2人セフティ

という形ですね。

Yの字に似てるので、「Y ポジション」とも言われます。

2は「ロングリバウンド」というポジションで、大きく弾んだリバウンドを拾うことも考えつつ、セフティの役割をします。

 

より攻撃的なのは「4クラッシュ」。

4人がリバウンドに突っ込みます。

より守りを固めるなら、「3バック」ですね。

  • リバウンドは2人
  • 3人はセフティ

です。

また、最近のNBAでは、誰もオフェンスリバウンドに行かない「フルバック」も主流になってます。

こりゃ極端ですな。

どれにするかはチームで決めましょう。

  1. 自分たちのシュート確率
  2. 相手の速攻の速さ
  3. リバウドに行けば取れそうか

このあたりを考えて、決めるといいですね。

ぶっちゃけ、どれでもいいと思います。徹底されてれば。

なので、しっかり決めておきましょう。

迷っているなら、おすすめは「3バック」ですかね。

リングを優先しよう

さて、戻るとしたら、何を目標に戻るのか。

これも大事です。

いきなりマークマンをつかまえようとしてはいけません。

優先順位は

  1. リング
  2. ボール

この順です。

たとえば、2対1のディフェンスがわかりやすいでしょう。

自分1人しかいないのに、ボールを止めに行ったら、かんたんにパスされて終わります。

だからリングを守ることを最優先にするんですね。下がるの優先。

2対1ならば、相手にジャンプシュートをさせたら勝ちだと思いましょう。

ネイルを目指せ

では最後に、「リングを最優先」という意味をもうちょっと深掘りしましょう。

これは

『 ネ  イ  ル 』を目指して戻れ

ということです。

ちなみにネイルとは、爪って意味で、フリースローラインの真ん中のことです。

半円が、爪っぽいでしょ?

ネイルを踏んでおけば、とりあえず、直進されてレイアップはなくなるはずです。

ただ何度となく戻るのではなく、ネイルを目指しましょう。

ボールをつかまえるのはその次。

マークマンは一番最後でいいです。

ということで、トランジションディフェンスのポイントを解説しました。

まとめると

いくらハーフのディフェンスができても、戻れなきゃすべてムダ

オフェンスの終わりが、ディフェンスの始まり

リバウンドに誰が「行かないか」を決める

優先順は「リング→ボール→人」

ネイルを目指して戻る

 

以上です。

ぜひあなたのチームにお役立てください。

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!