戦術講座

スローインで大切なこと 【バスケ戦術講座 第29回】

こんにちは、三原です。

スローインは、1試合にだいたい10回くらいあります。

このときに毎回ミスをするのと、毎回いいシュートにするのと、えらい違いですよね?

こんなスローインが決まるといいですよね!

この記事では、スローインをするときの考え方、コツのようなものをわかりやすくお伝えします。

YouTubeでも動画講義をしています。

こちらの方もわかりやすいので、ぜひどうぞ。

エンドスロー

エンドスロー最大のメリットは、バックボードの裏側にボールがあるってことです。

ふつうのオフェンスじゃ、こんなところにボールを運べません。

できるだけゴールの近くにボールを運ぶのがバスケットであり、それをさせないのがディフェンスですよね?

それなのに、こんなにリングの近くからパスをしていいなんて!とっても有利な状況なんです。まずはそれを自覚しましょう。

で、ここにボールがあるメリットは、たんにリングに近いだけではありません。

それは「ディフェンスの視野が保てない」ってこと。

わかりやすくいうと

ボールを見ると、マークマンが見えない

マークマンを見ると、ボールが見えない

ということ。これが最大のメリットです。

上の図だと、ボールマンを守るX1は後ろの状況が見えません。

また、X3はボールに背を向けているので、ボールが見えません。

具体的にプレイを示すと、こんな感じになります。

 

  1. 4と5がスタガードスクリーン
  2. 3がスクリーンを使う
  3. コーナーでパスをもらって、シュート

こんなプレイをしたとしましょう。

このとき、ディフェンスはボールを見ると、マークマンが見えません。

だからこんなふうに、スリップするとゴール下でもらえることが多いです。

ディフェンスの視野が保てないというのは、こういうことです。

もう1つ、具体例をあげましょう。

  1. 1がスローイン
  2. 4と5がダブルスクリーン
  3. 3がゴール下

こんなセットです。

  1. 4と5がダブルスクリーン
  2. 3もスクリーン
  3. 2がコーナーでパスをもらって、シュート

こんなプレイをしたとします。

このとき、ディフェンスの視野は、マークマンを見ると、ボールが見えません。

なので、意外や意外。3に直接パスを出すと、シュートに行けたりします。

これ、ホントに使えますよ。

以上のように、ディフェンスの視野をあざむくプレイはたくさんできます。

これこそがエンドスロー最大のメリットです。

なお、具体的なエンドスローは、過去の記事にまとめてありますので、そちらもぜひどうぞ!

【バスケ】エンドのスローイン プレー解説こんにちは、三原です。 今回は「エンドのスローイン プレー解説」というお話です。 試合中、エンドのスローイン、けっこう回数あ...

サイドスロー

続いて、サイドスローです。

これははっきり言って、エンドスローほどのメリットはありません。

だって、そこまでリングに近くないし、ディフェンスの視野もふつうに保てますからね。

なので、ここはこう考えましょう。

サイドスローは、45度にボールがある

だから45度にボールがあるつもりで、

ふつうのセットプレイをすればいい

具体的にプレイを見てみましょう。

  1. 3がスローイン
  2. 1がゴール下
  3. 2がトップ
  4. 4と5がエルボー

こういうセットだとします。

プレイとしては

  1. 2と4でUCLAカット
  2. 1と5でダウンスクリーン
  3. どちらか空いた方にパス

ということができます。

UCLAカットも、ダウンスクリーンも、どちらもふつうのハーフコートオフェンスでやるプレイですよね。

こんな感じで、ふつうのプレイを、45度にボールがあるつもりで、デザインすればいいんです。

もう1ついきましょう。

  1. 3が1にパス
  2. 4と5がスタガードスクリーン
  3. 3がアイバーソンカット

こういうサイドスローができます。

このプレイはまさに、前回の記事でお伝えした「ループ」そのものですね。

こんなふうに、ふつうのセットプレイをそのままやればいいんです。

ちなみにループはこちら。同じでしょ?

これがサイドプレーの考え方です。

具体的な方法は、こちらの過去記事にまとめてあります。

【バスケ】サイドのスローイン プレー解説こんにちは、三原です。 今回は「サイドのスローイン プレー解説」というお話です。 これをお読みのあなたは サイ...

 

スローインをもっと詳しく知りたい方は

スローインって、けっこう奥が深いですね。

この記事で、基本的なアイデアは理解できたことでしょう。

さらに、もっと具体的で、試合ですぐに使える形が知りたいと思った方は、こちらの本がおすすめです。

電子書籍なので、スマホでそのまま読めます。

Kindle アンリミテッドの方は、いつでも無料で読めますので、ぜひどうぞ!

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!