戦術講座

オフボールスクリーンの守り方 【バスケ戦術講座 第23回】

こんにちは、三原です。

先日はオフボールスクリーンについて、わかりやすく解説しました。

オフボールスクリーン わかりやすく【バスケ戦術講座 第21回】バスケットボールの戦術で「オフボールのスクリーン」、つまりボールのないところのスクリーンは、大切です。 というのも、うまくかかればかんたんにシュートチャンスが作れますからね。 最近はボールにスクリーンに行くプレイが多いですが、オフボールスクリーンが必要ないわけじゃありません。 むしろ中高生には、ボールスクリーンよりも、かんたんかも。 ということで、オフボールスクリーンの基本について、わかりやすく解説します。...
複雑なオフボールスクリーン 【バスケ戦術講座 第22回】前回はバスケットボールの基本的なオフボールスクリーンをお話ししました。 そして今回は、ちょっと複雑なオフボールスクリーンです。 「複雑な」というのは、そのプレイが難しいというより、「トップレベルのチームがやっているプレイ」って感じで捉えてください。 NBAとかをみると、こういったスクリーンが数多くあり、その考え方を知るだけでもおもしろいはずです。...

そしてこの記事では、その止め方。ディフェンス方法です。

オフボールスクリーンは試合でたくさん起こりますから、止め方をチームで決めておいた方がいいですよね。

また練習でも、ディフェンスの質が高ければ、オフェンスもうまくなります。

なので、ここはすごく大事です。

YouTubeでも解説をしていて、この文章は動画のレジュメです。

「もうちょっと詳しく聞きたいな」と思ったら動画もぜひどうぞ!

ディフェンスの3原則

まず、スクリーンの守り方の前に、すごく大事な話があります。

それが「ディフェンスの3原則」です。

  1. ポジション
  2. ビジョン
  3. トーク

という3つがディフェンスの原則です。

まずはこれをしっかりとおさえておきましょう。

ポジション

自分が「立つ位置」のことです。

ディフェンスするときに大事なものは2つあって

  1. ボール
  2. マークマン

ですね。

  • ボールがどこにあるのか
  • 誰がボールを持っているのか
  • マークマンがどこにいるのか

によって、自分の立ち位置は変わってきます。

ボールが遠くにあれば、マークマンを離す必要があるでしょう。

ボールを持っている人がシューターなら、密着しないといけませんね。

こんなふうに、ポジションは絶えず変わるのです。

ビジョン

ビジョンとは視野のこと。

具体的には「ボールとマークマンを両方見ろ」ってことです。

ボールだけ見てても、マークマンだけ見ててもダメ。

両方を視野に入れ続けることが大事です。

トーク

最後はトーク。声によって連絡することです。

たとえば「カバーいいよ!」という大きな声だけで、オフェンスが攻めるのをやめてくれたりします。

声は技術であり、武器です。

===

ということで、3原則をおさえた上で、オフボールスクリーンの守り方にいきましょう。

ユーザーの守り方

まずはユーザーの守り方です。スクリーンを使う人に、使わせないための動きです。

ロック&トレール

ロックとは、オフェンスにくっついていくことです。

ガチッとくっついて、ついていきます(トレール)。

ユーザーがシュートがうまいときは、ロックしましょう。

ギャップ

ディフェンスとスクリーンの間を通ることです。

近道をするので、安全に守ることができます。

ユーザーがあんまりシュートがうまくなければ、これがいいでしょう。

 

スクリーナーの守り方

次はスクリーナーの守り方です。

スクリーンがセットされたら、どこに立つかということが大事になります。

サギング

下がっちゃうことです。

スクリーナーはほっといて、ゴール下に下がることで、かんたんなレイアップだけはさせないように守ります。

サギングすると、x2はギャップを通りやすくなります。

アットザレベル

スクリーナーと同じ高さまで上がることです。

肩と肩が並ぶくらいにします。

こうすると、x2はトレールしやすくなります。

もし振り切られても、x3がチェックできるからです。

ショウ

ユーザーの動くコースに、体を見せるくらい飛び出します。

一番積極的な守り方です。

ちょっと変わった守り方

以上がノーマルな守り方です。

あともう少しあります。特殊な守り方です。

ベリーアップ

スクリーナーにとにかくべったりくっつく守りです。

ユーザーのことはほっといて、スクリーナーだけを考えます。

ベリーとは「おへそ」のこと。おへそべったりってことです。

スクリーナー(3)にシュート力があるときは、スクリーン後に3が動いてボールをもらおうとするはずです。

それをさせないように、ベリーアップします。

トラップ

ユーザーにボールを持たせて、ダブルチームしちゃう方法です。

2がよっぽどうまいシューターか、またはあんまりうまくないか、どちらかの時にはトラップするといいでしょう。

トップロック

x2がオーバーにディフェンスして、あえてバックカットさせる方法です。

裏を行かれると、ふつうは嫌ですよね。

でも「予定通りにプレイさせない」ということを第一に考えて、バックカットさせるのです。

バックカットにはそんなにうまくパスが通らないはずです。

何を選ぶのかが戦術です

いろいろな方法を紹介しましたが、実際の試合ではこれらすべてを使うわけではありません。

  • うちのチームでは何を選ぶか?
  • 今日の試合では何を選ぶか?

それが戦術です。

理想は、一通り練習しておいて、試合ごとに「今日はこれをやろう」と選ぶことです。

そういった考えで、1つ1つを理解し、取捨選択してください。

参考文献

スクリーンのディフェンスをうまくするには、オフェンスを理解することも大事です。

最新の戦術をまとめた本はこちら。

アンリミテッドの方は無料で読めますので、ぜひどうぞ。

ABOUT ME
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する