戦術講座

コートの名称を覚えよう 【バスケ戦術講座 第3回】

こんにちは、三原です。

コート上の名称を覚えて、それをチームで共有することは、すごい大事です。

名前をつけておくことで、コミュニケーションが正確に、そしてスムーズになるからです。

例えば、あなたのチームで

「エルボーにフラッシュしろ!」

とか

「スロットにドライブしよう!」

とか言ったら、会話が通じるでしょうか?

こういう専門用語で会話ができれば、お互いに伝えたいことが正確になり、そして短時間で済みます。

「センターライン」とか「3ポイントライン」とかのルール上の名称はもちろんですが、特定の場所に意味ある名前をつけることが大事です。

具体的に、たくさん紹介します。

ぜひ覚えてもらって、自分のチームで使ってください。

YouTubeでも解説しています。

聞き流しでも学べるので、音声だけでもどうぞ!

【1】エリア

コートを図として考えるとき、リングを上(奥)にして考えましょう。

選手がオフェンスをするときに、こっちに向かって進んできますよね。

その方向に合わせて図を書くのが、世界基準です。

ということで、左右はこのようになります。

「右に行け!」とか言っても、選手は意外と右の認識が逆だったりするので、まずはここから押さえておきましょう。

そして、ボールのある方をボールサイド、その逆をヘルプサイドと呼びます。

リングを中心にコートを半分に割って、サイドを決めます。

ちなみに、このラインは「ミドルライン」です。

ボールをもった人とリングを直線で結びましょう。

その線を境に、

  • せまい方をウィークサイド
  • 広い方をストロングサイド

こう分けます。

【2】ポジション

今度は選手の立ち位置です。

リングの正面、3ポイントラインの外。

ここを「トップ」と呼びます。

ちゃんというなら「トップ・オブ・ザ・キー」です。

リングに向かって45度。

フリースローラインの延長線上で、3ポイントラインの外。

ここがウイングです。

角がコーナー。

続いて、インサイドいきましょう。

制限区域の真ん中に、大きく色が塗られた「ブロック」がありますね。

ルール上は「ニュートラルゾーン」って言います。

このあたりでポストプレイをするとき、ローポストと呼ばれます。

一方、フリースローライン近辺が、ハイポストです。

  • ローポストはシュートに最適
  • ハイポストはパスに最適

という役割の違いも覚えておきましょう。

ちなみに、フリースローラインの角を「エルボー」って言います。

肘みたいに曲がって、とがっているからです。

 

【3】少し上級編、いきます

では、最後にちょっと難しいのを。

まず、制限区域を「ペイント」。これはよく呼ばれますかね。

 

制限区域の外、エンドラインと交わるあたりを「ショートコーナー」と呼びます。

コート全体の角が「コーナー」に対して、小さい四角(制限区域)の角だから、ショートコーナーです。

ここは、背の低いプレイヤーが、インサイドで1対1をするときに使えます。

また、ボールを持たない人が、ショートコーナーでパスを待つために立ち止まるとき、ショートコーナーは「ダンカースポット」と呼ばれます。

つまり、こういうプレイです。

  1. 1がドライブしてきた
  2. 5がダンカースポット
  3. X5がヘルプ

5は立ち止まっておくだけで、ノーマークですよね。

NBAとかだと豪快なダンク!になる場所なので、「ダンカー」スポットです。

あともう2つ。

フリースローラインの真ん中を「ネイル」と言います。

フリースローラインの半円って「爪」みたいでしょ?だからネイルです。

ネイルは、特にディフェンスで大事なポジションです。

ネイルを踏んでおけば、とりあえず、ほとんどのドライブは防げます。

特にトランジションで戻るとき、ネイルを目指して戻りましょう。

 

そして最後はスロット。

ペイントの横の線をスロットと言います。

スロットはもともと「タテの穴」という意味。

自動販売機にコインを入れる穴。ああいうのがスロットです。

で、スロットはドライブをするのに最高のコースなんです。なぜなら、ヘルプが難しいからです。

なお、スロットの延長上で、いわゆる2ガードのポジションも「スロットエリア」なんて呼ぶこともあります。

他にもいろいろありますが、だいたいこれでOKです。

このくらいの名前がチームで共有できていれば、かなりスムーズにコミュニケーションが取れるでしょう。

ぜひ、覚えてくださいね!

 

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!