オフェンス

【バスケ】サイドのスローイン プレー解説

こんにちは、三原です。

今回は「サイドのスローイン プレー解説」というお話です。

これをお読みのあなたは

  • サイドのスローイン、良いフォーメーションを知りたい
  • サイドのスローインで、何を気をつけたらいいか、良くわからない

そうお考えではありませんか?

この記事ではサイドスローの具体的な例をあげながら、わかりやすく解説します。

動画講義はこちらです。

サイドのスローイン プレー解説

サイドのプレーは、試合中に何回もチャンスがあります。

試合終盤のタイムアウト明けもサイドスローになりますし、すごい重要なプレイです。

これを何にも練習していないのと、ちゃんと練習してきたチームとでは、ものすごい差がつきます。

スローインは大原則として

  • 安全にパスを入れることが第一
  • #3がパスをして#1が受ける

というのがあります。

これはエンドスローにも共通であり、エンドスローについてはこちらで解説しています。

そして、サイドスローには大きく3種類にわけることができます。

  1. ボックス型
  2. ノーマル型
  3. ライン型

ひとつずつ解説します。

ボックス型

四角形からセンターがスクリーナーになるセットです。

典型的な例は「ジッパー」と言って、チャックを開け閉めするような動きのスクリーンです。

ジッパーでガードがパスを受けて、ピック&ロールに入るプレイは守りづらいのでオススメです。

ノーマル型

これはサイドスローとして特別なプレイを用意するのではなく、

45度にボールがあると仮定して、ハーフコートオフェンスをそのままやる」という考え方です。

例えば、通常のオフェンスで3アウト2インのオフェンスをやるチームだとします。

このチームがサイドのスローインをするときは、

最初から#3がボールを持っていると見立てて、オフェンスを始めるわけです。

ライン型

4人が1列に並ぶことで、ディフェンスにマッチアップさせないプレイです。

密着して「集→散」と動けば、ディフェンスはマッチアップできないスペースが生まれます。

「4クォーター残り10秒、1点勝ってる」なんて状況で、絶対にパスインしたい時に使うプレイです。

まとめ:スローインは練習すればすぐに試合で使えます

スローインのプレイは、セットを決めて練習しておけば、試合ですぐに使えます。

  • ボールが止まって
  • 他の4人の立ち位置を決められる

という利点があり、プレイが再現しやすいのです。

1日3分でもいいので、スローインの確認練習をしましょう。

すぐに2点が取れますよ。

【参考文献】

もうちょっと詳しく知りたいな、って方は、こちらの本がおすすめです。

電子書籍なので、スマホで今すぐ読めます。

Kindleのアンリミテッドの方は、いつでも無料で読めますから、ぜひどうぞ!

Amazonランキングで1位もとったことのある、いい本です。

ABOUT ME
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する