オフェンス

話題のバスケ戦術「マッカビモーション」をわかりやすく解説(バスケの大学)

こんにちは、三原です。

耳で聞きたい方は、こちらをどうぞ!

マッカビモーションオフェンス。

最近話題のオフェンスです。名前を聞いたことがある人も多いはず。

もともとはマッカビ・テルアビブというチームが始めたモーションが元になったプレイです。

けっこういろんなチームがやってます。

これがそのひとつ。

このプレイの良さは

  1. 流れるようなパス
  2. 連続性のある動き
  3. 2対2のボールスクリーン

これらがバランスよく含まれていることです。

3アウト2インでエントリー

マッカビは、3アウト2インのプレイです。

4と5がスクリーナーで、スクリーナーは2人必要です。

一番かんたんなエントリーは、

  1. ウイングにパスをして
  2. 逆サイドのコーナーにカット

という動きです。

「ボールサイド2」が基本

ここからが攻めが始まります。

基本は「ボールサイド2」。

ボールサイドを2人にするってことです。

  • 1がボール
  • 5がピック

という2対2をします。

  1. 1がドライブ
  2. 5がダイブ

どちらでもいいのですが、必ずペイントアタックしましょう。

ペイントアタックをすると、ディフェンスが収縮して、逆サイドの3人が誰かノーマークになります。

そうするとクローズアウトが発生するので、アドバンテージが取れますね。

アドバンテージの詳しくは、こちらもどうぞ。

アドバンテージを取る 【バスケ戦術講座 第12回】オフェンスをする上で、「アドバンテージ」という言葉を絶対に覚えておくべきです。アドバンテージは、オフェンスの方が有利な状況って意味で、具体的には「クローズアウト」を作るってことです。ただ攻めるのではなくて、「クローズアウトを発生させるぞ!」「アドバンテージを取るぞ!」という気持ちでオフェンスするかどうか。それだけでプレイがガラッと変わります。...

 

バックカットで中抜け

1がペイントアタックをしても、アドバンテージが取れなければ、トップの4にパスを返しましょう。

ここはディフェンスがそんなについてないはずで、かんたんにパスができます。

で、ここがポイントです。

4がボールを持ったら、3がバックカットしましょう。

これには「中抜け」という効果があり、ボールサイドを広くする意味があります。

うまくいけば、バックカットにパスが通ります。

1試合に1回でも決まれば、バックカットはチームが盛り上がります。

いつでもがんばってダッシュしましょう。

 

再びボールサイド2

中抜けでスペースができたら

  1. 2がウイングにミート
  2. 4がパス
  3. ピックの2対2

とプレイを続けます。

 

中抜けで「ボールサイド2」にして、広くなってるのがわかりますね。

逆サイドのビッグマン、5はリフトして、スペースを保ちましょう。

 

止めるな、止まるな

基本の動きは以上です。

これをくり返します。

ずっとくり返せます。

実際は、2回目か3回目のピックで敗れることが多いです。

しつこくやるのがポイント。

合言葉は

ボールを止めるな

人も止まるな

「止めるな、止まるな」と声をかけて、流れるようなオフェンスをしてみてください。

必ずペイントアタックできるはずです。

 

「バスケの大学・研究室」は、わたしが現在進行形で手がけている最新のチームづくりについて、いろいろな記事を投稿しています。

興味のある方はぜひのぞいてみてください。

バスケの大学「研究室」 ご案内 こんにちは、三原です。 いつも「バスケの大学」をありがとうございます。 バスケの大学には「研究室」というコミュニティ...

今日もありがとうございました。

三原学でした。それでは、また。

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!