オフェンス

UCLAカットを完全解説 【バスケのセットオフェンス】

こんにちは、三原です。

今回は「UCLAカットを完全解説 【バスケのセットオフェンス】」というお話です。

この記事を読むメリット

  1. UCLAカットをなぜやるのか? それがわかる。
  2. UCLAカットの良い部分を自分のチームに採り入れることができる。

UCLAカット」という言葉、聴いたことありますか?

ある!という人、多いと思います。

そもそも「UCLA」とは何か?

  • アメリカ・ロサンゼルスにある大学
  • カリフォルニア大学ロサンゼルス校のこと
  • 英語だとUniversity of California, Los Angeles
  • 頭文字をとってUCLA

この大学、バスケの超名門校なんです。

  • 歴代最多11回の全米制覇
  • 1960~70年代に7連覇
  • 最近だとウエストブルック、ケビンラブが卒業生

というチームです。

その中で「ジョン・ウッデン」というコーチがいます。

  • 20世紀で最も偉大なスポーツ指導者

と言われた人物です。

このジョン・ウッデンの功績はたくさんあります。

そのひとつが「UCLAカット」の考案です

UCLAカットとは?

UCLAカットとは、次のような動きです。

  • #1が#2にパス。
  • #5が#1にバックスクリーン。
  • #1または#5にパス。

これの何がいいのか?

それは「簡単にハイポストにパスが入る」ということです。

ハイポストにパスが入るメリットは

  • コートの中央なので
  • 360度、オフェンスを展開できる
  • シュートにもパスにも最適

つまり「オフェンスにとって最高の場所

それがコートのまん中、ハイポストなのです。

そんな最高の場所、ディフェンスが警戒しないわけないじゃないですか!

ふつうにパスを回しているだけでは、ハイポストになかなかパスできないものなんです。

ところが「UCLAカット」を使えば、

  • ゴール下にノーマークができる
  • 最低限、ハイポストにパスできる

という良いことしか起きないのです。

素晴らしくないですか?

UCLAカットが止められない理由

UCLAカットは詳しく言えば、

  • #1のポイントガードに
  • #5のセンターが
  • バックスクリーン

ということです。

この動きのすぐれた部分は3つあります。

  • 一番引っかかりやすいバックスクリーン
  • ポイントガードがロ―ポストで1対1できる
  • スクリーナーはパスがもらいやすい

 

(1)一番引っかかりやすいバックスクリーン

スクリーンが引っかかるポイントは、たったひとつです。

ディフェンスが自分の正面にいること

これだけです。

下の図は、ディフェンスが#1の正面にいるので、かかります。

次の図は、ディフェンスが自分の正面にいません。

#1のにいます。

こうなると、スクリーンはかわされます。

では、手っ取り早くディフェンスを正面に持ってくる方法は何か?

それは「ボールを持つこと」です。

ボールを持てば、無条件に正面に入りますよね。

だから

  • さっきまでボールを持っていた人に
  • パスした直後に
  • バックスクリーン

この動きが最高に引っかかるスクリーンなわけです。

(2)ポイントガードがロ―ポストで1対1できる

UCLAカットのスクリーンが完全にかかれば

ゴール下でノーマーク、レイアップシュートになります。

もしこうならなくても、

  • #1はそのままローポストで1対1ができます。
  • #1はポイントガードです。

ふつう、ポイントガードはローポストで1対1しません。

ふつうはセンターですよね。やるの。

だから相手チームのポイントガードは、

ローポスト1対1のディフェンスに不慣れなはずです。

そこで逆に、あなたのチームはガードにローポストで攻める練習をしておく。

するとそれだけで簡単に点数が取れるようになります。

(3)スクリーナーはパスがもらいやすい

これはどの場所でも言えますが、

  • バックスクリーンすると
  • ユーザーより
  • スクリーナーのほうが
  • パスをもらいやすい

図で言えば#1より#5がパスもらえる、ということです。

どうしてもディフェンスが#1の方を警戒するからです。

そうすると、前に言ったようにハイポストに簡単にパスが入るということになります。

  • オフェンスにとって最高の位置、ハイポスト
  • ディフェンスはふつう警戒する
  • そこに簡単にパスが入る

というこの計画性。さすが伝説の男、ジョン・ウッデンですよね。

以上が「UCLAカット」の完全解説です。

UCLAカットを含めたセットオフェンス全体を解説したブログとかはけっこう多いのですが、

  • UCLAカットそのもの
  • 何が優れているのか

それを解説したのはわたしが日本で初めてだと思います。

 

【わたしの教材】

”常に攻撃的であれ” 初心者が1から学ぶバスケットボールのディフェンス(Amazon電子書籍)

【参考資料】

この本、本当にいいですよ。バスケ以外、人生につかえるいい話、いっぱいです。

ぜひあなたのバスケにお役立てください。

最後までお読みくださり、感謝しています。

三原学でした。それでは、また。

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する