オフェンス

リード&リアクトオフェンス 弱いチームが組織で勝つ【バスケ戦術】

こんにちは、三原です。

今回は「リード&リアクトオフェンス 弱いチームが組織で勝つ」というお話です。

この記事を読むメリットは

  • リード&リアクトの本質がわかる
  • 自分のチームにリード&リアクトを取り入れられる

動画でご覧になりたい方はこちら

リード&リアクトオフェンス 弱いチームが組織で勝つ

これを読んでいるあなたは、おそらくバスケの指導者でしょう。

そして次のように考えていませんか?

  • 選手個人の能力は高くない
  • でも組織で勝てるチームプレイを知りたい

もしそうであれば、この記事は最後まで読むべきです。

タイトルに「弱いチームが組織で勝つ」と付けたのは理由があります。

このオフェンスを考案したのは「リック・トーベット」というコーチで、

この方は優勝チームのコーチではありません。

特に強くないチームのコーチで、現在は「バスケ塾」のようなことをしています。

そんなトーベットさんが

  • 特に個人能力に優れていないチームが
  • 組織で勝つために
  • プレイを整理する方法

として考えたのがこの「リード&リアクト」なのです。

ふつうはNCAAで優勝したりして、そのオフェンスが有名になりますが、

まったくそうではない、育成年代のために作られた、というところが面白いですよね。

ちなみに、これを書いているわたしは、バスケ指導歴16年ほど。

高校生を指導している現役コーチで「バスケの大学」ではバスケの悩み解決になる情報発信をしています。

リード&リアクトの意味

このオフェンスは「読んで・反応」という直訳になります。

  • 自分が動いて
  • ディフェンスを見て
  • 逆をつく

という「ジャンケンの後出し」みたいなことをするわけです。

ディフェンスを良く見ることがポイントで、

ディフェンスの状況に応じて動きを決めていく、ということを大切にします。

17のレイヤー(層)

「こうだったら、こう」というジャンケンの後出しオフェンス。

その選択肢は17のレイヤー(層)に分かれています。

一応すべて書きますね。

レベルA(基本)

  • 1 サークルムーブ
  • 2 ベースラインドライブ
  • 3 パス&カット
  • 4 ポストリアクト
  • 5 スピードドリブル

レベルB(基本の完成)

  • 6 パワードリブル
  • 7 サークルリバース
  • 8 バックスクリーン
  • 9 スタッガードスクリーン

レベルC(ポスト)

  • 10 アドバンスト・ポストリアクト
  • 11 ポスト・ブロッキング
  • 12 ポスト・パッシング
  • 13 3アウト2イン

レベルD(付録)

  • 14 ピン&スキップ
  • 15 ゾーンオフェンス
  • 16 トランジション
  • 17 オフェンスの流れをつくる

多いですよね(笑)

これ全部チームに落とし込んでも、きっと選手は混乱します。

そこでわたしは「本当に必要なもの」だけ抜き出します。

ずばり、

  • レベルAの1から5
  • 8のバックスクリーン
  • おまけに14のピン&スキップ

これだけで十分です。試合できます。

ちなみに、「センターがいない」というチームは

  • 4 ポストリアクト
  • 14 ピン&スキップ

これを除いてもかまいません。

ひとつひとつは簡単なので、順に解説しますね。

1 サークルムーブ

これはドライブの合わせです。

  • 右ドライブは右回り
  • 左ドライブは左回り

というように、「うずまき」に合わせなさいという約束です。

2 ベースラインドライブ

図のようにドライブをしたとします。

1のサークルムーブで合わせるとこうなりますよね。

ただし、この「2 ベースラインドライブ」という約束は

  • ベースライン方向のドライブには
  • 反対側のコーナーは止まっておきなさい

という約束です。

ベースラインドライブしたら、このコーナーにパスしやすいんですよ。

だから止まっておく、ということです。

サークルムーブの例外、という約束ですね。

3 パス&カット

これはリード&リアクトの中心になるルールです。

  • 5アウトのスペースで
  • トップからウイングにパスしたら、カット
  • 周りはそのスペースを埋める

というプレイです。

パスして止まると、ディフェンスが止まりますから、

動くことでスペースを作ります。

  • 動いたところに
  • リターンパスを入れたり、
  • ドライブしたりして

攻めやすくなるからです。

5アウトでどんどん動くことで、ディフェンスを動かす。

リード&リアクトの中心になるプレイです。

「ドリブルなしの5対5」とかやって、動くことを習慣化しましょう。

以下の図を見てもらえると、動くコースはわかると思います。

4 ポストリアクト

これはポストの選手がいる場合のルールです。

いなければ5アウトでポジション関係なしでプレイします。

図では#5は「センター固定」で、

この選手はポストだけプレイします。

ローポストにボールを入れたら「エルボースクリーン」というのが簡単なルールです。

エルボーとは「フリースローラインの角」ということです。

ここでスクリーンですね。

ハイポストに入れたら「フレア」です。

広がることでスペースを作ります。

ポストに入れた後も、動きを止めないようにルール化するわけです。

5 スピードドリブル

スピードドリブルとは「抜いて行くのドリブル」のことで、

得点するつもりでリングに直線的にドライブすることです。

この時は「サークルムーブ」で合わせなさい、というルールです。

逆にスロードリブルは「抜くつもりのないドリブル」です。

図のように#1が#2に向かってドリブルする状況ですね。

この時は「ハンドオフ」にしましょう。というルールです。

  • スピードドリブル → サークルムーブ
  • スロードリブル → ハンドオフ

こう決めておくのです。

はっきりしてて良いですよね。ミスが減ります。

 

ここまでが基本で、これだけでも十分です。

ミニバス、中学生なら、十分強いチームになります。

でも、付け加えとして「スクリーン」があります。

ここから紹介します。

 

8 バックスクリーン

バックスクリーンは有効なので、たくさん使いましょう。というルールです。

バックスクリーンは図のように「下から来る」スクリーンです。

これをやると「ゴール下でシュートできる」メリットがあります。

逆にダウンスクリーンは「上から来る」スクリーンです。

これもあって良いのですが、ノーマークができるのは「アウトサイド」ですよね。

初心者には難しいシュートになります。

だからやるならバックスクリーンが良いよ。ということです。

オフェンスの始まりのときに、

トップからウイングにパスができない(ディナイされた)ときは

バックスクリーンに行きましょう。

14 ピン&スキップ

これはポストの選手がいるときのプレイです。

  • #1から#5にパスが入らないとき
  • #2にスキップパスを飛ばした

このとき、ふつう#5は一休みします。

ボールが反対に行ったからです。

でも「ピン&スキップ」を教えてあげると、シールする習慣がつきます。

図で見るとわかりますが、#2にパスが行ったら、

#5はポジションを取り続ければノーマークです。

このように「スキップパスが飛んだらシールしろ」というルールです。

ピンは「がびょう」という意味で、ディフェンスをくぎ付けにする、ということです。

まとめ「リード&リアクトはアレンジが簡単です」

いかがでしたか?

  • ディフェンスを見る
  • 反応はルール化されている

というオフェンスでした。

ポストがいなければ、アウトサイドのルールだけでやれば良いし、

ポストがいれば、ポストのルールを付け加えれば良い。

レベルが上がったら、ルールを足すこともできる。

リード&リアクトはあなたのチーム状況に応じてアレンジができます。

そこがこのオフェンスの魅力です。

ぜひ、良いところだけでも、あなたのチームでやってみてください。

 

【あなたへのオススメ】

わたしの「バスケ教科書」です。

電子書籍なので、もしよければクリックしてご覧ください。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1234397399675572224?s=20

【参考DVD】

この記事は日高先生のDVDをみて、わたしの経験をプラスして書いています。

省くところは省いたので、より詳しく知りたい方はDVDをご覧ください。

 

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する