オフェンス

【バスケ練習方法】シェービングドリル ピボットとドリブルで個人技能を伸ばす練習

シェービングドリル

ピボットとドリブルで個人技能を伸ばす練習

こんにちは、三原です。

  • バスケがもっとうまくなりたい
  • 1人でもできる練習方法が知りたい

そんなことを考えていませんか?

個人練習としてはハンドリングやドリブルがありますが、

実は「ピボット」も大事なんです。

そしてそれを練習する方法が「シェービングドリル」です。

動画講義はこちらです。

ピボットがうまくなると良いこと

バスケットボールの技術は、ざっくり分けて

  • シュート
  • シュート以外

の2種類に分かれます。

シュート以外の技術としては、細かく見ていると

  • パス
  • ドリブル
  • キャッチ
  • フットワーク

などですね。

そのすべての土台が「ピボット」なのです。

ピボットが踏めると、自分の体を自由自在に動かせるようになります。

バスケにはトラベリングのルールがありますから、

ボールを持っている人は歩けません。

だから軸足をつけておいて、片方の足だけ動く「ピボット」をするのです。

ピボットができると

  • パスの範囲が広くなる
  • ドリブルでディフェンスを抜ける(突き出し)
  • パスをキャッチするとき、ミートがうまくなる

こういうすべてのプレーがうまくなります。

わたしは初心者が初心者を卒業するひとつの目安として、ピボットを踏めるようになるかどうかだと考えています。

ドリルのやり方

エンドラインと制限区域が交わるところにプレイヤーが並びます。

ボールはひとつです。

ボールをもらいに#1がフリースローラインに上がります。

そして#2からのパスを受けて、ドリブルです。

ドリブルは、自分がもともと並んでいた方向に進みます。

ドリブルを終えたらピボットを踏んで、次の人にパスをします。

これを続けます。

ドリルとしては何てことないのですが、この動きに「シュート以外」のすべてが含まれています。

最初はディフェンスなしで、ゆっくりやり、慣れてきたらスピードを出します。

そして、最後はディフェンスをつけて試合と同じスピードにします。

ピボットは6種類

ストップには

  • ジャンプストップ(両足同時ストップ)
  • ストライドストップ(1・2で止まるストップ)

この2種類があります。

シェービングドリルではストライドストップを使いましょう。

ボールをキャッチする時に

  • リングに体を正対させる「前向きストップ」
  • リングに背中を向ける「後ろ向きストップ」

この2つがあります。

さらにターンの仕方も2つあっって

  • 「前回り」のフロントターン
  • 「後ろ回り」のフロントターン

です。

あとは1・2のストップではなく「片足ストップ」があります。

右から来たボールを、右足でストップする方法です。

これを「外足(アウトサイドの足)」と言います。

まとめると、ピボット方法は6種類で

  1. 前向き、前回り
  2. 前向き、後ろ回り
  3. 後ろ向き、前回り
  4. 後ろ向き、後ろ回り
  5. 前向き、外足
  6. 後ろ向き、外足

これを身につけておけば、すべての動きがまかなえるはずです。

まとめ:ボールキープ力が心の余裕を生みます

シェービングドリルでボールをキープする力がつけば、

ディフェンスにボールを取られませんから、心に余裕が生まれます。

ディフェンスをよく見てプレイすることができるのです。

  • 余裕がある
  • ディフェンスをよく見ることができる
  • 状況判断が正しくできる
  • プレイがうまくいく

という好循環が生まれます。

このドリルで正しいボールキープ力を習慣にすれば、

すべてのプレイがうまくなると信じて練習してください。

 

【参考文献】

わたしが一番くり返し読んだ本です。1964年東京オリンピック男子日本代表のヘッドコーチ、吉井四郎さん伝説の名著です。ただのノウハウではなく、吉井さんの体験談が詰め込まれています。

この記事に共感してもらえたら、下の著書も読んでもらえると嬉しいです。

【アマゾンで書籍出版中です】

バスケのオフェンス、悩んでませんか?

  • どう教えたらいいかわからない
  • どうプレイしたらいいかわからない

オフェンスって、難しく感じますよね。

ポジションをはっきり決めてプレイすれば、ワンパターンになっちゃうし

フリーでプレイすれば、味方同士が邪魔しちゃったり

どんなオフェンスが一番いいのか、悩む人が多いんです。

バスケ指導歴16年のわたしも、常に悩んでいました。

でも、やっとひとつの結論を出せました!

それが「5アウトのモーションオフェンス」です。

パターンオフェンスでもなく、フリーオフェンスでもない

6つの「原則」に基づいて、選手が自己判断するオフェンスです。

  1. 5アウトのスペーシング
  2. ポジションを固定しない
  3. パス&カット
  4. ドライブに合わせる
  5. ショートコーナーを使う
  6. 常にバックドアを狙う

この6の原則は、無駄なドリブルが少なく、プレイしやすいので

高校生はもちろん、中学やミニバスでもプレイできる内容です。

やってて、見てて、教えてて楽しい

さらに効果もある、最高のオフェンス方法だと信じてます。

この本ではプレイのやり方を解説するのに加えて、

練習方法も紹介しています。

図がたくさんで読みやすくまとめましたので

スマホで手軽にお読みください

アマゾンの電子書籍です。

noteの方が読みやすい!という方はこちら

→ https://note.com/coach_mm

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる