オフェンス

3アウト2インの具体例 バスケのセットオフェンス

こんにちは、三原です。

「セットオフェンスを自分で作ろう」という連載をしていて、今回は3アウト2インの実例を紹介します。

インサイドを生かしたい

どのオフェンスにしようか迷っている

こんなあなたに役立つ記事です。

YouTubeでも解説していますので、そちらもぜひご覧ください。

音声だけ聞き流しても学べるように作ってあります。

インサイドを生かし、デメリットなし

3アウト2インは、インサイドに2人置くセットです。

一番ノーマルなセットで、長年いろいろなチームから愛用されてきました。

ポストプレイが主体になるオフェンスで、リバウンドも非常に強いです。

これといったデメリットもないので、あなたがオフェンスで迷っているのであれば、3アウト2インをオススメします!

では、具体的なプレイを紹介します。

  1. ハイローポスト
  2. ピンダウン

この2つです。

ハイローポスト

  • Vカットしたウイングにパス
  • ウイングはインサイドにパス
  • ガードの1はアウェイ
  • 3とポジションチェンジ
  • 5のローポストが守られた場合
  • スペースのあるハイポストに4がフラッシュ
  • ハイポストにパス
  • パスをもらったらシュートを狙う
  • 5はシールし続ける
  • パスが出せるなら5に出す(ハイローポスト)
  • ハイポストにもパスを入れられない場合
  • 2は3、そして1へパスを展開
  • 4が5にダウンスクリーン
  • 5がハイポスト、またはローポストに行く
  • 逆サイドで、同じようにハイロー狙う

ということで、ハイローポストが常にポジションをとって、高確率のシュートを狙うプレイです。

ピンダウン

続いてピンダウン。

これはセンターが「がびょう」みたいなスクリーンをすることです。

ウイングでボールを受けやすくするセットになります。

では、解説します。

  • 2、3はインサイドに入り込む
  • 4と5はがびょうのようなスクリーン
  • 2、3は逆サイドまで動いて、入れ替わる
  • パスがウイングに通りやすい
  • ピンダウンを使うと
  • ディフェンスは2、3を追いかけるはずなので
  • ローポストにパスを入れやすい
  • 5にパスが入ったら
  • 1が4にダウンスクリーン
  • ここのハイポストはフリーになりやすい
  • ディフェンスがスイッチしたとき
  • 3の動きにEがついてきた
  • このとき、一瞬5がノーマーク
  • しっかりシールすれば5はゴール下でパスをもらえる
  • 最後はカールカット
  • 3がウイングに出る動きをしたときに
  • ディフェンスが先読みしてきた
  • そうしたらカールカットしてゴール下へ
  • パスをもらってレイアップ

以上がピンダウンのプレイです。

スクリーンを使って数的優位(2対1)を作り出す、とても使えるセットです。

 

ハイローポストやピンダウン。

ぜひあなたのチームでやってみてください!

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる