オフェンス

1−3−1ゾーンディフェンスの攻め方 セットオフェンスをわかりやすく

こんにちは、三原です。

1−3−1は、あんまりやるチームが少ないので、攻めにくいです。

この記事では、そんな1−3−1の攻め方をわかりやすく解説します。

  • ゾーンの攻め方がわからない
  • マンツーはうまく攻めれるが、ゾーンをされると点が入らない
  • 外のシュートに頼らず、ゾーンを攻めたい

そんなあなたには、この記事は役に立ちます。

動画講義はYouTubeでどうぞ。

音声だけ聞き流してもわかるようにつくってあります。

ゴール下が弱点

1−3−1はゴール下に1人しかいません。

しかもここは、トラップにいきやすいように背の低い選手がいることが多いです。

これが1−3−1の特徴でもありますが、もっとも守るべきゴール下が1人しかいないという弱点を攻めることがコツです。

1-3-1はスキップパスに弱い

さらに、大きなゆさぶりのスキップパスに弱いです。

  • 45度からコーナーへ
  • コーナーから45度から
  • 逆サイドへ

大きく飛ばすパスです。

具体的には、まずギャップに立ちます。

ここから対角にスキップパスを飛ばしましょう。

こうするとディフェンスは大移動で寄ってくるでしょう。

ダブルチームされていますが、逆に言えばディフェンスを偏らせているってことになります。

ここからさらにゆさぶりましょう!

 

こういうスキップパスを連続させれば、1−3−1の陣形は崩れて、インサイドを攻めることができます。

1−3−1の攻めのコツは、こんな感じです。

となりのパスでは崩れない

逆によくない攻めの例を出しますね。

となりのパスだけではディフェンスは崩れません。

もちろんとなりのパスはあってもいいんですが、大きなゆさぶりにはならないことを覚えておきましょう。

ドリブルには強い

さらにやっちゃいけないのは、ドリブルでの中央突破です。

1−3−1なので、ボールとリングの直線には、常に3人が待ちかまえています。

なのでドリブルを多用して、攻めるのはやめましょう。

スクリーンを使おう

ゾーンにスクリーンを使うって発想がない人が多いです。

でも、使えますよ。

スクリーンを使うと、スキップパスが飛ばしやすくなります。

とくにゴール下の「1」に対してスクリーンをかけましょう。

スキップパスだけでなく、うまくスクリーンがかかれば、ゴール下にカッティングすることもできますね。

まとめ

今日のまとめ
  • 1−3−1はめずらしい
  • だから攻めにくい印象がある
  • でも、パスのゆさぶりに弱い
  • とくにゴール下は1人しかいない
  • スキップパスを連続させる
  • すると陣形が崩れる
  • となりのパスだけでは崩れない
  • ドリブル突破はほとんどムリ
  • スクリーンは使えます
  • ゴール下の「1」にスクリーンをしよう

というお話です。

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる