ディフェンス

3−2ゾーンディフェンスの攻め方 セットオフェンスをわかりやすく

こんにちは、三原です。

  • ゾーンを攻めるのが苦手
  • 3−2ゾーンの攻め方を知りたい

あなたがこんな悩みを持っているなら、この記事は役に立ちます。

YouTubeの動画講義はこちらです。

音声だけ聞き流してくれてもわかるように作っています。

3−2の弱点はインサイド

3−2ゾーンは、ウイングやトップに強いディフェンスです。

相手にシューターがいる場合、とても強いディフェンスです。

逆に弱いのはゴール下とコーナーですね。

ここには2人しかディフェンスがいませんから、手薄になります。

ここから攻めていくことです。

4アウトでギャップに立つ

ゾーンオフェンスの基本は「ギャップ」に立つことです。

ディフェンスとディフェンスの間ってことです。

ディフェンスの間に立つ

誰がマッチアップするか迷う

誰もマッチアップしないとか、2人行っちゃったりする

 

このあたりがギャップに立つメリットです。

前回の記事、2−3ゾーンの攻め方に詳しく書いてあるので、もしよかったらそちらも見てください。

さて、3−2ゾーンのギャップに立つと、このようになります。

4アウトで、それぞれディフェンスのギャップに立ってますね。

そして、インサイド5は1人だけゾーンのど真ん中にいます。

インサイドにパスを入れよう

このインサイドにパスを入れられるときは、必ず入れてください。

ディフェンス全員が収縮するからです。

収縮すれば、インサイドアウトになって、ノーマークを作るプレイがしやすくなります。

3秒に気をつけよう

ただし、この図のように5がずっとインサイドに立ち止まるわけには行きません。3秒のバイオレーションがありますからね。

そこでやるべきプレイは、フラッシュポストです。

パスが回るタイミングを見計らって、逆サイドにボールが行ったときに「パッ」とポストに走り込みます。

5は動きすぎる必要はありません。

タイミングを合わせて、時々フラッシュするんです。

ゾーンオフェンスの金言、これ絶対覚えておいてください!

パスは早く、人はゆっくり

ボールは疲れない。ボールを回せ。

スキップパスを使おう

このように動きは最小限にして、パスを回すことで3−2ゾーンは攻めることができます。

だからこそパス回しが大事なんですが、となりへのパスだけでなく、遠くへのスキップパスも使いましょう。

たとえば、こんなときが使うチャンスです。

  • 5がフラッシュ
  • ディナイされた
  • その後ろにスキップパス

こんな感じでスキップパスが通ったら、3はノーマークでシュートできますね。

もしこれで3にクローズアウトが来たら、インサイドの5がノーマークになります。

スキップパスを使うと、ディフェンスが大移動になるので、とても崩しやすくなります。積極的に使いましょう。

ギャップが空いたらドライブもやろう

スキップパスでディフェンスが大移動して形が崩れたら、ドライブのチャンスも生まれます。

ディフェンスとディフェンスの距離が離れたら、そこをドライブで攻めましょう。

このプレイは、スキップパスからギャップを広げて、ドライブした好例です。

もはや3−2の形じゃなくなってることがわかりますね。このくらい崩せれば絶対にいいシュートになります。

まとめ

今日のまとめ
  • 3−2はシューターをつぶずゾーン
  • インサイド、コーナーに弱い
  • 4アウトでギャップに立つ
  • 入れられたら必ずインサイドにパスする
  • 3秒のバイオレーションに気をつける
  • フラッシュポストを使おう
  • スキップパスも使おう
  • スキップパスはディフェンスを大移動させる
  • ギャップが広がったらドライブで攻めよう
  • 「もはや3−2の形じゃない」ってくらいに崩そう

というお話です。

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する