オフェンス

ゾーンディフェンスをうまく攻めるコツ

こんにちは、三原です。

マンツーマンはうまく攻められるのに、

ゾーンをされた途端に攻められない。

こんな試合をよく目にします。

なぜこんなことが起こるのか?

それはマンツーとゾーンの攻め方では、目のつけどころがちがうからです。

ゾーンオフェンスにはコツがあります。

もしあなたのチームが「ゾーンが苦手」ならこの記事は役に立ちます。

YouTubeの動画講義はこちらをどうぞ。

音声だけ聞き流してもわかるようにつくってあります。

マンツーマンとゾーンの違い

  • マンツーマンは対人防御
  • ゾーンは地域防御

一言で言えば、こういう違いがあります。

なので特徴としては、

  • マンツーはドリブル1対1に弱い
  • ゾーンはドリブル1対1に強い

ということを理解しないと攻められません。

少し深掘りしましょう。

マンツーマンはドリブルに弱い

マンツーは対人防御です。

1人が1人を担当して守ります。

なので、1対1でドリブルで抜かれたら、基本的にノーマークができます。

後ろには誰もいません。

もちろん、ローテーションして止めることはできます。

でも、それはある意味「マークマンを捨てる」ことになります。

マンツーマンディフェンスの崩壊ってことです。

一度こういうローテーションが起こると、そこからオフェンスの有利が始まります。

アドバンテージを撮れてる状況ですね。

だからマンツーマンはドリブルに弱いんです。

参考になるツイートはこちら。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1253842050048380928?s=20

ゾーンはドリブルに強く、パスに弱い

一方で、ゾーンディフェンスは地域防御です。

人ではなく、エリアを担当します。

オフェンスがどう動こうが、関係なくエリアを守ります。

つまり、ドリブル1対1で抜いて行っても、必ず後ろはカバーがいるんです。

ここがマンツーマンと最大の違いですね。

ゾーンはパスで、マンツーはドリブルで攻めろ

じゃあゾーンを攻めるときはどうするのか?

それはパスでゆさぶることです。

ゾーンは中を固めるので、外回りのパスには弱いんです。

どんどんパスを回すことができます。

こうなると、人よりもボールの方が早いので、絶対にディフェンスが遅れます。

  • どんどんパスを回す
  • ディフェンスは遅れていく
  • その時をドリブルで攻める

こんな感じですね。

ディフェンスを抜いたら、そのあとはオフェンスが有利になります。

わたしは、あるサッカーの指導者が残したセリフが大好きです。

人は走れば疲れるが、ボールは疲れない。

ボールをどんどん回せ。

ゾーンのタイプと弱点

ゾーンを攻めるときの合言葉は、

  • パスは早く
  • 人はゆっくり

このようにまとめられます。

さらに、ゾーンディフェンスのタイプによって弱点が違います。

それを把握しておくことが大切です。

ゾーンの主なタイプは3つ。

  • ゴール下を固める2−3
  • シューターをつぶす3−2
  • パニックにさせる1−3−1

ゴール下を固める2−3

これはゴール下に3人いるので、インサイドに強いゾーンです。

ポストプレイやリバウンドに強いです。

逆にハイポストや45度が手薄なので、そこから攻めましょう

シューターをつぶす3−2

3−2はシューターに強いディフェンスです。

45度のポジションが一番強いんです。

弱点はコーナーやゴール下。ここから攻めていきます。

パニックにさせる1−3−1

1−3−1はあんまり多くのチームはやってないことでしょう。

だから相手はパニックになります。

ゴールに向かって一直線に攻めようとすると、必ずカバーがいるので攻められません。

逆にコーナーやゴール下に弱いはずです。

弱点から崩していく例

たとえば、2−3ゾーンであれば、ハイポストが弱いです。

そこにシューターを置いたらどうなりますか?

ハイ、守れません。

で、ここを無理に止めようとすれば、2−3の陣形は崩れます。

そしたらいろんな攻めが可能になるはず。

なので、最初に弱点から攻めることが大事なんです。

まとめ

今日のまとめ
  • マンツーとゾーンは目の向けどころがちがう
  • マンツーはドリブルに弱い
  • ゾーンはドリブルに強い
  • だからパスで揺さぶる
  • パスは早く、人はゆっくり
  • ゾーンには型があり、弱点がある
  • 2−3はハイポストが弱い
  • 3−2はコーナーが弱い
  • 1−3−1はゴール下に弱い
  • この弱点を攻める
  • すると陣形が崩れる

というお話です。

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する