オフェンス

『ハイフレックス』小さいチームにオススメのセットオフェンス 【バスケ理論】

こんにちは、三原です。

今回は「『ハイフレックス』小さいチームにオススメのセットオフェンス」というお話です。

この記事を読むメリット

  1. フレックスオフェンスをさらに深く理解できる
  2. 背の小さいチームが行うべきセットオフェンスのアイデアがわかる

フレックスオフェンス」はもっとも守りづらいセットオフェンスの1つです。

フレックスについての基本的な解説はこちらをクリックしてください。

 

さらに、前回の記事では「大きいセンターがいる場合は、フレックスをこのように工夫する」というセットオフェンスを紹介しました。

大きいセンターがいる場合のフレックスはこちらをクリックしてください。

 

今回は「背の小さい選手しかいないチーム」が行うフレックスです。

フレックスのメリットをまとめると

  • 守りづらい連続のスクリーン
  • 時間をかけてパスをくり返す
  • ゴール下 or ハイポストがシュートチャンス

というオフェンスです。

もともとが「大きなセンターがいなくても攻められるオフェンス」です。

しかし、あきらかに相手チームとの身長差が大きい場合、もうひと工夫すべきです。

結論としては「ハイオフェンス」です。

つまり「全員がフリースローラインより上に上がる」というセットにします。

普通のフレックスと見比べると

  • ポジションは同じ
  • 立ち位置がフリースローラインより上

という違いがわかると思います。

ふつうのフレックスはこれです。

立ち位置だけ上に上げたら、動きは同じです。

  • #1が#2にパス
  • #5が#3にバックスクリーン
  • ゴール下にパスが通って、シュート

ハイフレックスにすると、このゴール下のスペースが広いのです。

広いから、小さい選手でも、楽にシュートできます

  • 立ち位置を上にする
  • ゴール下が広くなる
  • パスが通りやすい
  • シュートが打ちやすい

というのがハイフレックスのメリットです。

#5のスクリーンをして#3がカットしたけど、パスが通らなかったら、

フレックスの動きを続けます。

  • スクリーンした#5に
  • #1がスクリーン
  • #5はトップに上がる

この図のようになります。

ハイフレックスのデメリットがあるとすれば、

  • #5がノーマークになる位置が高い。
  • 高いからシュートしずらい。

ということです。

普通のフレックスだと、このスクリーンで

  • ハイポストがノーマークになる
  • 近いからシュートがしやすい
  • しかし、ハイフレックスだと
  • 3Pラインの外でノーマーク

遠いからシュートが難しくなる

この違いがあります。

動きそのものは同じです。

ただし、全員がフリースローラインより上にいるのでゴール下が広くなる。

それがハイフレックスです。

小さいチームだったら、フレックスに限らず「ハイセットにする」というアイデアは使えます。

  • 全員をフリースローラインより上に上げる
  • ゴール下を広くする
  • ゴール下にカッティングしやすくする

この考え方のもと、いろいろなハイセットは作れると思います。

ぜひハイフレックスをヒントに、いろいろと試してみてください。

最後までお読みくださり感謝しています。

三原学でした。それでは、また。

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!