オフェンス

横に並ぶ「フラット」 バスケのエンドスローを解説します

こんにちは、三原です。

エンドのスローインって、得点チャンスなんですよね。

でも、意外とみんなセットを組まずに、ただパスを入れるだけで終わってしまうことが多いです。

  • チームの得点力を上げたい
  • スローインの種類を増やしたい
  • オフェンスをもっとうまく教えたい

そんな方はこの記事を最後までお読みください。

動画の方が学びやすいという方はYouTubeをどうぞ。

音声だけでも学べるようにしてあります。何かの聞き流しに使ってください。

横に並ぶ「フラット」

広く横並びのセットを「フラット」といいます。

このセットは、ディフェンスが動きを予想しにくいことが特徴です。

みんなが1列になっているので

  • 誰から動き出すのか
  • 誰がスクリーナーなのか
  • 誰がシュートするのか

これの予想がしにくいです。

なのでフラットは、相手の意表をつくセット、と言えるでしょう。

具体的なプレイは2つ紹介します。

  1. ローセット
  2. ハイセット

この2つです。

ローセット

  • 5が4にスクリーン
  • スクリーンが引っかかれば、4がゴール下でシュート
  • ディフェンスが先回れば、4はハイポに行く
  • どっちにしても、ゴール近くでシュートできる
  • ハイポストからローポストにパスも可能
  • スクリーンした5がノーマークになることもよくある

スクリーンは自分がノーマークになるため

このプレイのポイントは、スクリーナーである5がノーマークになりやすいことです。

スクリーンは「味方をノーマークにするもの」というイメージでプレイする人がほとんどです。

でも実は逆で、自分がノーマークになりやすい動きでもあります。

なのでわたしは「自分をノーマークにするためにスクリーンをかけろ」と教えています。

このような気持ちでスクリーンすると、プレイの質がグッと高まるからです。

とくにエンドスローでは、センター同士のスクリーンで、スクリーナーがノーマークになることが多いです。1試合に2点は必ずこのプレイで取れると思っています。

ハイセット

  • 次はハイセット
  • みんながフリースローラインの高さに並ぶ
  • 基本の動きはローセットと同じ
  • 5が4にスクリーン
  • スクリーンがかかれば4がノーマーク
  • カールカットでゴール下までいける
  • スクリーンをフェイクにして、リジェクトしてもいい

リジェクトしやすい

ハイセットの最大の魅力は、ゴール下にスペースがあることです。

スクリーンを使うフリをして逆に走り込むプレイをリジェクト(拒否)と言います。

ハイセットはこのリジェクトがやりやすいです。

ローセットだと、ゴール下にスペースがないのでリジェクトできません。

まったく同じプレイでも、ローかハイか、立ち位置を変えるだけでプレイの質が異なります。

ただ上に立つだけで別のフォーメーションになるということも、参考にしてください。

スタガードスクリーンも使える

もう1つ、違った動きを紹介しましょう。

  • ハイセットのオプション
  • 4と5が2にスクリーン
  • 時差(スタガード)スクリーンになる
  • 2はカールでゴール下にカット
  • リジェクトもできる

こんな形にアレンジすることもできますね。

他にもいろいろあると思います。ぜひあなたのチームに合わせて作ってみてください!

まとめ

今日のまとめ
  • 横並びのセットをフラットという
  • 動きが予測しにくいセット
  • 相手の意表をつくプレイができる
  • 下に並ぶのがローセット
  • ゴール下でシュートしやすい
  • スクリーナーがノーマークになる
  • スクリーンは自分をノーマークにするつもりで
  • 高い位置に並ぶのがハイセット
  • 動きは基本的に同じ
  • ゴール下にスペースがあるのが特徴
  • リジェクトしやすい
  • スタガードスクリーンするのもあり
  • 同じセットでも立ち位置を変えるだけで効果が違う

というお話しです。

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる