オフェンス

ゾーンによく効く エンドのスローイン「ライン」セット

こんにちは、三原です。

エンドのスローイン、縦1列に並ばれると、ディフェンスは困るんですよね。

どうついていいか、わからなくなるんです。

 

  • 確実に2点が取りたい
  • もっとオフェンスをうまく教えたい
  • ゾーンディフェンスにも使えるスローインが知りたい

そんなあなたはぜひ最後までお読みください。

YouTubeの方が学びやすいかもしれません。こちらの動画もどうぞ。

音声だけでも学習できるように作ってあります。どうぞ聞き流してください。

ゾーンによく効く エンドのスローイン「ライン」セット

さて、並ばれてたら、どう守ります?

たぶん、これしかないですよね?

はい。でもこれって、絶対に外側が守れません。かんたんにパスが出されてしまいますね。

でも、だからといってこうは絶対に守らないでしょう。

こんなことしたら、ゴール下にパスされて終わりです。

そうなんですよ。ディフェンスは1方向しか守れないんです!

その弱点を最大限につくプレイ、それが「ライン」です。

具体例は2つ紹介しますね。

  1. カール
  2. ダイブ

カール

  • 1がカールカットでゴール下に行く
  • 続けて2も同じようにカールする

ディフェンスがまともについてきたら、レイアップになるはずです。

  • 2がカールをせずに、コーナーに出る
  • パスをした3がダブルスクリーンを使ってトップへ
  • パスをもらって3ポイントを打つ

 

もし3にパスが入らなければ、4が退いてスペースを空ければ、ポストの5にパスが入るはずです。

全員の動きにシュートチャンスがあります。

ラインで4人が固まった状況から、「せーの!」で動き出すイメージです。

とても守りにくいセットです。

ダイブ

  • 並んだ状況から
  • 2と4がそれぞれ左右にはじける
  • 目の前がぽっかり空く
  • そこに5がダイブ
  • パスをもらってレイアップ
  • そこにパスできなければ1にパス

はい、とてもシンプルですね。

固まった状態から、「パッ」とはじけてスペースを作るんです。

ダイブはゾーンに使え

このプレイは、特にゾーンディフェンスに使えます。

スローインのプレイってマンツーマンじゃないと意味ないものって、けっこう多いです。

でも、このラインのプレイ。とくにダイブはゾーンに効きます。

ぜひ使ってみてください!

まとめ

今日のまとめ
  • ラインに並ぶエンドスロー
  • ディフェンスは1方向しか守れない
  • カールをするとすべての動きにチャンスあり
  • ダイブはゾーンに使える
  • 集→散
  • 静→動
  • これが合言葉

というお話しです。

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する