オフェンス

【バスケ】速攻は2つめのパスが大事【ガードのポジションが重要です】

こんにちは、三原です。

今回は「速攻は2つめのパスが大事【ガードのポジションが重要です】」というお話です。

この記事を読んでいるあなたは

  • 速攻がなかなか出なくて悩んでいる
  • 速攻の具体的な出し方がわからない

そんな悩みを持っていませんか?

この記事ではその疑問を解決します。

【記事のメリット】

✅速攻では2つめのパスが重要だと気づく

✅パスをどこに出せば速攻になるか、具体的にわかる

この記事を書いているわたしは、バスケ指導歴16年ほど。

現役の高校バスケ指導者で「バスケの大学」ではバスケの悩み解決になる情報を毎日お届けしています。

「バスケの大学」動画講義はこちら!

速攻は2つめのパスが大事【ガードのポジションが重要です】

まず速攻を出すために、「ディフェンスの気持ち」を考えましょう。

  • ハリバックだ!
  • 急いで戻らなきゃ!

となりますよね。

ではどこを戻るかと言えば、コートの真ん中です。

無意識にコートのはじっこを戻る人、いないです(笑)

ということは、パスをもらうガードはどこにポジションを取ればいいか?

答えは簡単で「コートのはじっこ」ですね。

まずはリバウンドを味方がとったら、ガードはサイドに広がりましょう。

図のようなポジションなら、比較的カンタンにパスをもらえます。

これが1つめのパスです。

ちなみに、このことについては過去の記事「速攻の出る3つ条件」でもう少し詳しく書いています。

もしよければ、そちらもぜひ。

2つのパスでコーナーに飛ばせ

1つめのパスでサイドでパスを受けたら、次が2つめのパスです。

これが重要なんですが、

理想はコーナーに飛ばすことです。

ディフェンスはどれだけがんばって走っても、パスの早さにはかないません。

だから、ビュン!っとロングパスを飛ばしましょう。

ボールを運ばないガード、フォワードの選手は、コーナー目指して走るのです。

ここにボールが飛べば、ディフェンスが戻れないので、簡単なシュートになります。

コーナーがダメならミドルにつなげ

コーナーに飛ばせれば理想ですが、

これと同時に、もう1人のガードは「ミドル」に入ってきましょう。

つまり、#1に「コーナー」と「ミドル」という2つのパスコースを作ってあげるわけです。

#1はなるべく早く判断して、どちらかにパスをします。

ディフェンスは戻りながら両方は守れないので、どちらかに必ずパスできるはずです。

そして、ミドルで#2がもらったら、すぐにコーナーにパスです。

このようにミドルを経由して、前にボールをつなぐのです。

カッティングは2人目にパスできる

コーナーにボールが渡ったら、パスした選手は縦にカッティングしましょう。

ボールをもらう勢いで「くれ!」と言いながらダッシュです。

ここにパスが入れば、もちろんレイアップです。

しかし、覚えておくべきは「このプレイが一番ディフェンスが守る」ということです。

つまり、ここにパスはあんまり入りません。

そこで効果があるのは「2人目」がカッティングすることです。

1人目がディフェンスを「道づれ」にして、スペースを空けるわけです。

これはパスがとても入りやすいので、ぜひ2人目がカットする習慣をつけてください。

まとめ「速攻はドリブルよりパスが早くていいです」

  • 2つめのパスをコーナーに
  • 同時にミドルにもポジションを取る
  • カッティングは2人目がいい

というお話でした。

大事なことは「ドリブルはいらない」ということです。

スピードあるボール運びというと、かっこいいドリブルを想像しがちですが、

パスの方がずっと早いです。

練習の段階から、無駄なドリブルをつかないように気をつけましょう。

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してもらえたなら、下の記事も読んでもらえると嬉しいです。

 

【あなたへのオススメ】

https://twitter.com/coach_manabu/status/1236015594010365952?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1234397399675572224?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1231334663622287360?s=20

アマゾンでの電子書籍はこちらです。

  

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する