オフェンス

スクリーンだけのセットオフェンス 「スクリーニングゲーム」 【バスケ理論】

こんにちは、三原です。

今回は「スクリーニングゲーム スクリーンだけのセットオフェンス」というお話です。

このオフェンスはカンザス大、ノースカロライナ大などの主要な大学で使用されていたオフェンスです。

また大学のコーチが主催する、高校生を集めて行う「セレクション(選考会)」のような即席ゲームのときに、このオフェンスを指導することが多いそうです。

このスクリーニングゲームとは

  • スクリーンだけ使ったオフェンス
  • ポジションは関係なし

というオフェンスです。

次回に紹介する「パッシングゲーム」というオフェンスと2つで1セットのオフェンスです。

パッシングゲームとは

  • パスとカットだけ使ったオフェンス
  • スクリーンを使わない
  • センターだけ固定

というオフェンスです。

スクリーニングゲームとパッシングゲームは相反する2つのオフェンスで、

  • ディフェンスが下がっていたら「スクリーニング」
  • ディフェンスが当たってきたら「パッシング」

というように使い分けます。

では、さっそく解説します。

  • #1がトップ
  • #2、#3がウイング
  • #4、#5がロ―ポスト
  • ポジションは関係なし
  • 誰がどこでも良い

まずはここから始めます。

大事なルールは「ボール以外の2人組が2つある」ということです。

そしてボール以外のところが、スクリーンをかけあうのです。

これだけです。

この考え方でスクリーンを連続させるのです。

そのうちにディフェンスとのずれができたらシュート、1対1を仕掛けます。

スクリーンのかけ方としては

  • マイナス方向に動く
  • つまりボールから遠ざかる

ということです。

例えば#2がボールを持っているとき、

  • #5はマイナスに動いて
  • #4にスクリーン
  • その逆はない

ということです。

1つだけ例外のルールは

  • ウイングからトップにパスの場合は
  • ロ―ポストからバックスクリーン

ということです。

このスクリーンは、ウイングでボールを持っていた人にバックスクリーンですから、めちゃめちゃ引っかかりやすいスクリーンになります。

  • さっきまでボールを持ってた人は
  • ディフェンスが真正面にいるから
  • バックスクリーンが見えない

という「ビックリ・スクリーン」になります。

ディフェンスが下がっていて

  • 外はパスが回るけど
  • 中を攻められない

というときは、この「スクリーニングゲーム」でディフェンスをこじ開けてずれを作る、という考え方のオフェンスでした。

次回はこの正反対のオフェンス「パッシングゲーム」を紹介します。

動画ではもう少し詳しく解説しています。

【参考文献】

千葉大学・日高先生の「勝つためのフォーメーション」です。

スクリーンについて、その使い方がわかりやすく書かれています。日高先生は高いレベルの技術を「わかりやすく教える」という意味では日本一の先生だと思います。

最後までお読みくださり感謝しています。

三原学でした。それでは、また。

 

 

【わたしの著書】

「ディフェンスの教科書」と「強くなる練習メニュー」です。

note、brain、Amazon、お好きな形でお読みください。

(note) → https://note.com/coach_mm

(brain) → https://brain-market.com/u/coach-mm

(Amazon)→

 

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!