オフェンス

スクリーンだけのセットオフェンス 「スクリーニングゲーム」 【バスケ理論】

こんにちは、三原です。

今回は「スクリーニングゲーム スクリーンだけのセットオフェンス」というお話です。

このオフェンスはカンザス大、ノースカロライナ大などの主要な大学で使用されていたオフェンスです。

また大学のコーチが主催する、高校生を集めて行う「セレクション(選考会)」のような即席ゲームのときに、このオフェンスを指導することが多いそうです。

このスクリーニングゲームとは

  • スクリーンだけ使ったオフェンス
  • ポジションは関係なし

というオフェンスです。

次回に紹介する「パッシングゲーム」というオフェンスと2つで1セットのオフェンスです。

パッシングゲームとは

  • パスとカットだけ使ったオフェンス
  • スクリーンを使わない
  • センターだけ固定

というオフェンスです。

スクリーニングゲームとパッシングゲームは相反する2つのオフェンスで、

  • ディフェンスが下がっていたら「スクリーニング」
  • ディフェンスが当たってきたら「パッシング」

というように使い分けます。

では、さっそく解説します。

  • #1がトップ
  • #2、#3がウイング
  • #4、#5がロ―ポスト
  • ポジションは関係なし
  • 誰がどこでも良い

まずはここから始めます。

大事なルールは「ボール以外の2人組が2つある」ということです。

そしてボール以外のところが、スクリーンをかけあうのです。

これだけです。

この考え方でスクリーンを連続させるのです。

そのうちにディフェンスとのずれができたらシュート、1対1を仕掛けます。

スクリーンのかけ方としては

  • マイナス方向に動く
  • つまりボールから遠ざかる

ということです。

例えば#2がボールを持っているとき、

  • #5はマイナスに動いて
  • #4にスクリーン
  • その逆はない

ということです。

1つだけ例外のルールは

  • ウイングからトップにパスの場合は
  • ロ―ポストからバックスクリーン

ということです。

このスクリーンは、ウイングでボールを持っていた人にバックスクリーンですから、めちゃめちゃ引っかかりやすいスクリーンになります。

  • さっきまでボールを持ってた人は
  • ディフェンスが真正面にいるから
  • バックスクリーンが見えない

という「ビックリ・スクリーン」になります。

ディフェンスが下がっていて

  • 外はパスが回るけど
  • 中を攻められない

というときは、この「スクリーニングゲーム」でディフェンスをこじ開けてずれを作る、という考え方のオフェンスでした。

次回はこの正反対のオフェンス「パッシングゲーム」を紹介します。

動画ではもう少し詳しく解説しています。

【参考文献】

千葉大学・日高先生の「勝つためのフォーメーション」です。

スクリーンについて、その使い方がわかりやすく書かれています。日高先生は高いレベルの技術を「わかりやすく教える」という意味では日本一の先生だと思います。

最後までお読みくださり感謝しています。

三原学でした。それでは、また。

 

 

【わたしの著書】

「ディフェンスの教科書」と「強くなる練習メニュー」です。

note、brain、Amazon、お好きな形でお読みください。

(note) → https://note.com/coach_mm

(brain) → https://brain-market.com/u/coach-mm

(Amazon)→

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる