オフェンス

ホーンセットからフレックス フレックスオフェンスのよくあるエントリー

こんにちは、三原です。

フレックスオフェンス、昔も今も最高のオフェンスです。

フレックスはもともと1980年代に流行ったのですが、現代バスケでも多くのチームが使っています。

この記事では、最新バスケに合わせたフレックスの使い方を紹介します。

YouTubeでの動画もありますので、ぜひそちらもご覧ください。

音声だけでも聞き流せるので、お好きなように学習してくださいね。

ホーンセットからのエントリー

ホーンセットは、牛の角みたいな形のセットです。

  • トップにガード
  • ハイポストにセンター
  • コーナーにシューター

というセットです。

この立ち位置からいろんなプレイが考えられるんですが、その1つがフレックスオフェンスだということです。

では、具体的な動きをみていきます。

ホーンウィークからフレックスへ

1はハイポストの5にパスをします。

その後の動きは「ウィーク」といって、ボールの逆サイドにカットします。

つまり、1と4のスクリーンプレイから始めるってことです。

ちなみにボールサイドの方(1と5)からプレイを始めるのを「ストロング」といいます。

1は5にパス

その直後、4が1にバックスクリーン

かんたんに引っかかってレイアップ

まずはこのスクリーンプレイをします。

「ボールをさっきまで持っていた人に、バックスクリーン」は、一番かかりやすいスクリーンプレイです。

なぜなら、ディフェンスはさっきまでボールを一生懸命に守っていたわけですから、パスを出された瞬間にふっと気を抜くわけです。

その隙に背後からガツン!です。引っかからないわけがありません。

ここにパスが通らなければ、1はそのまま走り抜け、ショートコーナーまで行きます。

それと同時に、5は4にパスを流します。

ここまで行くと、フレックスの形になっていますね。

はい。1が2にバックスクリーンして、フレックスカットです。

これまたとてもかかりやすいスクリーンなので、ゴール下でレイアップになりやすいですね。

レイアップにならなくても、フレックスの動きを続けましょう。

5が1にダウンスクリーンして、1がハイポストからジャンプシュートです。

ゴールに近い、かんたんなシュートが連続するようにデザインされています。うーん、すばらしい。

エントリーを決めとくとチャンスが増える

エントリーとは、オフェンスの始め方を決めておくってことです。

今回紹介したプレイだと

  • ホーンセットに立つ
  • バックスクリーンから始める

という約束がエントリーなわけですね。

エントリーが決まっていると、5人が迷わず、サーっとスムーズにオフェンスが始められます。

そして、そのエントリー自体にもシュートチャンスが計画されているので、効果的なわけです。

  • 逆にエントリーを決めないと
  • フレックスやろう!と誰かが言い出す
  • バラバラと立ち位置につく
  • 誰がどこに立てばいいのか、迷う

こんなギクシャクした始まりになります。

そして、時間のムダが生まれますし、プレイが始まるまでシュートチャンスがありません。

どんなオフェンスをするにしても、エントリーは決めておきましょう。

フレックスの復習はこちらから

フレックスオフェンスの基本や、メリットについては、こちらの記事でまとめています。

フレックスオフェンス バスケでもっとも守りにくいセットプレイこんにちは、三原です。 フレックスって、時代を超えて、すばらしいオフェンスなんですよね。 たぶんこの世で一番守りにくいセット...

また、全体像を説明した動画講義もありますので、そちらもよかったらぜひ!

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する