オフェンス

ホーンセットからフレックス フレックスオフェンスのよくあるエントリー

こんにちは、三原です。

フレックスオフェンス、昔も今も最高のオフェンスです。

フレックスはもともと1980年代に流行ったのですが、現代バスケでも多くのチームが使っています。

この記事では、最新バスケに合わせたフレックスの使い方を紹介します。

YouTubeでの動画もありますので、ぜひそちらもご覧ください。

音声だけでも聞き流せるので、お好きなように学習してくださいね。

ホーンセットからのエントリー

ホーンセットは、牛の角みたいな形のセットです。

  • トップにガード
  • ハイポストにセンター
  • コーナーにシューター

というセットです。

この立ち位置からいろんなプレイが考えられるんですが、その1つがフレックスオフェンスだということです。

では、具体的な動きをみていきます。

ホーンウィークからフレックスへ

1はハイポストの5にパスをします。

その後の動きは「ウィーク」といって、ボールの逆サイドにカットします。

つまり、1と4のスクリーンプレイから始めるってことです。

ちなみにボールサイドの方(1と5)からプレイを始めるのを「ストロング」といいます。

1は5にパス

その直後、4が1にバックスクリーン

かんたんに引っかかってレイアップ

まずはこのスクリーンプレイをします。

「ボールをさっきまで持っていた人に、バックスクリーン」は、一番かかりやすいスクリーンプレイです。

なぜなら、ディフェンスはさっきまでボールを一生懸命に守っていたわけですから、パスを出された瞬間にふっと気を抜くわけです。

その隙に背後からガツン!です。引っかからないわけがありません。

ここにパスが通らなければ、1はそのまま走り抜け、ショートコーナーまで行きます。

それと同時に、5は4にパスを流します。

ここまで行くと、フレックスの形になっていますね。

はい。1が2にバックスクリーンして、フレックスカットです。

これまたとてもかかりやすいスクリーンなので、ゴール下でレイアップになりやすいですね。

レイアップにならなくても、フレックスの動きを続けましょう。

5が1にダウンスクリーンして、1がハイポストからジャンプシュートです。

ゴールに近い、かんたんなシュートが連続するようにデザインされています。うーん、すばらしい。

エントリーを決めとくとチャンスが増える

エントリーとは、オフェンスの始め方を決めておくってことです。

今回紹介したプレイだと

  • ホーンセットに立つ
  • バックスクリーンから始める

という約束がエントリーなわけですね。

エントリーが決まっていると、5人が迷わず、サーっとスムーズにオフェンスが始められます。

そして、そのエントリー自体にもシュートチャンスが計画されているので、効果的なわけです。

  • 逆にエントリーを決めないと
  • フレックスやろう!と誰かが言い出す
  • バラバラと立ち位置につく
  • 誰がどこに立てばいいのか、迷う

こんなギクシャクした始まりになります。

そして、時間のムダが生まれますし、プレイが始まるまでシュートチャンスがありません。

どんなオフェンスをするにしても、エントリーは決めておきましょう。

フレックスの復習はこちらから

フレックスオフェンスの基本や、メリットについては、こちらの記事でまとめています。

フレックスオフェンス バスケットボールでもっとも守りにくいセットオフェンスを解説フレックスは、世界中で使われている最高のバスケ戦術です。もっとも守りにくいスクリーンとパスの連続なので、時代を超えて使われています。戦術に悩む人は、フレックスを学べば、必ずヒントが見つかります ...

また、全体像を説明した動画講義もありますので、そちらもよかったらぜひ!

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

同じように指導に悩み、解決してきたわたしが、チームづくりのノウハウをお伝えします。

最初の1通目で「練習メニューの作り方」という特典動画もプレゼントしてます。

無料でメルマガ講座を購読する!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ
チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ