オフェンス

一番引っかかるスクリーンは『バックスクリーン』です 【バスケ理論】

こんにちは、三原です。

今回は「一番引っかかるスクリーンは『バックスクリーン』です」というお話です。

この記事を読むメリット

  1. スクリーンプレイの効果がわかる
  2. 一番引っかかるバックスクリーンの具体的な方法がわかる

スクリーンとは、自分が「」になって味方をノーマークにするプレイです。

下の図のように「壁」をつくるのです。

スクリーンにはいろいろな種類がありますが、方法は3つに分けられます。

  • 上から下に向かう「ダウン」スクリーン
  • 下から上に向かう「バック」スクリーン
  • 真横に向かう「クロス」スクリーン

この中で、最も引っ掛かりやすいスクリーンは何か? それは

バックスクリーン

なんです。

どうしてかというと

バックスクリーンはディフェンスから見えないから

という理由です。

ダウンスクリーンとクロススクリーンは、ディフェンスからすると自分の視野の中でスクリーンが来るので、見えます。

しかしバックスクリーンは後ろから来るので、見えないんです。

さらに具体的には、下の図のようなスクリーンが引っ掛かりやすいです。

  • ボールを持っていた#1がパス
  • パスした直後の#1にバックスクリーン
  • ノーマークでシュート

これは本当に良くかかります。

ちなみに、こういうスクリーンを「フレックスカット」や「エイトカット」と言います

セットプレイの中でこの動きを入れれば、かなり高い確率でノーマークを作ることができます。

ぜひやってみてください。

スクリーンがうまくて、ノーマークが作れれば、それだけで2点取れます

運動能力も身長も関係ありません。

練習すればするほど試合で安定して得点できるプレイ。

それがスクリーンプレイですし、なかでもバックスクリーンは最高、というお話です。

最後までお読みくださり、感謝しています。

三原学でした。それでは、また。

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!