オフェンス

一番引っかかるスクリーンは『バックスクリーン』です 【バスケ理論】

こんにちは、三原です。

今回は「一番引っかかるスクリーンは『バックスクリーン』です」というお話です。

この記事を読むメリット

  1. スクリーンプレイの効果がわかる
  2. 一番引っかかるバックスクリーンの具体的な方法がわかる

スクリーンとは、自分が「」になって味方をノーマークにするプレイです。

下の図のように「壁」をつくるのです。

スクリーンにはいろいろな種類がありますが、方法は3つに分けられます。

  • 上から下に向かう「ダウン」スクリーン
  • 下から上に向かう「バック」スクリーン
  • 真横に向かう「クロス」スクリーン

この中で、最も引っ掛かりやすいスクリーンは何か? それは

バックスクリーン

なんです。

どうしてかというと

バックスクリーンはディフェンスから見えないから

という理由です。

ダウンスクリーンとクロススクリーンは、ディフェンスからすると自分の視野の中でスクリーンが来るので、見えます。

しかしバックスクリーンは後ろから来るので、見えないんです。

さらに具体的には、下の図のようなスクリーンが引っ掛かりやすいです。

  • ボールを持っていた#1がパス
  • パスした直後の#1にバックスクリーン
  • ノーマークでシュート

これは本当に良くかかります。

ちなみに、こういうスクリーンを「フレックスカット」や「エイトカット」と言います

セットプレイの中でこの動きを入れれば、かなり高い確率でノーマークを作ることができます。

ぜひやってみてください。

スクリーンがうまくて、ノーマークが作れれば、それだけで2点取れます

運動能力も身長も関係ありません。

練習すればするほど試合で安定して得点できるプレイ。

それがスクリーンプレイですし、なかでもバックスクリーンは最高、というお話です。

最後までお読みくださり、感謝しています。

三原学でした。それでは、また。

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる