オフェンス

【バスケ】エンドのスローイン プレー解説

こんにちは、三原です。

今回は「エンドのスローイン プレー解説」というお話です。

試合中、エンドのスローイン、けっこう回数ありますよね?

これをお読みのあなたは、より良いセットプレーを知りたいとお考えでしょう。

その悩み、この記事で解説します。

動画講義はこちらです!

エンドのスローイン

まず、エンドスローインの大原則は

  • パスミスしないで、安全にパスを入れる

これです。

スローインのチャンスだからといって、難しいパスを狙いすぎて、ミスすることのないようにしてください。

パスは基本的に

  • #3(フォワード)がパスを出して
  • #1(ポイントガード)がキャッチ

とするのが良いです。

まずはこのあたりの基本を抑えておきましょう。

3つのセット

エンドスローの利点は、ゴールに近いことです。

だから、うまくいけば、即シュートになります。

セットプレーを大きく分けると、次の3つになります。

  1. ボックス型
  2. フラット型
  3. ライン型

ひとつずつ解説します。

ボックス型の例

センターを生かすためのセットです。

スクリーンをかけて、ゴール下にフリーを作る動きです。

ボックスの変形として「トライアングル」も有効です。

フラット型

横に一列に並ぶことで、ディフェンスにマッチアップさせづらくします。

ガードに3枚のスクリーンをかけて、安全にパスインするプレーです。

もしもディフェンスが気づいていなければ、一発でゴール下に通すのもアリです。

ライン型

これは縦一列です。

味方同士が密着すると、そこにはディフェンスが入り込めませんから、

集→散」とすれば、一瞬でノーマークが作れます。

下の例はゾーンオフェンスの時に使えるラインのプレーです。

まとめ:毎日少しだけ練習しましょう

以上が代表的なエンドプレーです。

このプレーが1回のシュート(またはミス)につながり、試合を決める可能性があります。

ディフェンスなしの空動きでいいので、チーム全員ができるように練習しましょう。

エンドプレーは、少し練習すれば、すぐに試合で使えます。

毎日、少しの時間でいいですから練習に入れましょう。

【参考文献】

少し昔の本ですが、わたしの恩師・倉石平さんのセットプレー集です。いいですよ。

最後までお読みくださり、感謝しています。

この記事に共感してもらえたら、下の著書も読んでもらえると嬉しいです。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1243272972615352320?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1234397399675572224?s=20

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する