戦術講座

プレスディフェンス【バスケ戦術講座 第6回】

こんにちは、三原です。

「プレスディフェンス」は必ず練習しておくべきです。

プレスディフェンスができれば

  • 試合のテンポを制することができる
  • 大逆転の可能性がある
  • 速攻を多く出せる

など、良いことがいっぱいあります。

しかし、プレスは突破されるとかんたんなシュートチャンスを与えてしまうデメリットもあります。

毒でもあり、薬でもあるプレスディフェンス。

この記事で、ぜひ正しく学んでください。

YouTubeでも解説しています。

音声だけでも学べるように作ってありますので、聞き流しだけでもぜひどうぞ。

ボールを取りに行くディフェンス

プレスディフェンスを定義すると、

ボールを取りに行くつもりのディフェンス

ということです。

ふつう、バスケットボールはボールを奪えません。

ドリブルしているのと横取りしようとしたって、なかなか取れない。そういう競技なんです。

だから、多くの場合、ディフェンスは

  • 取りにはいかない
  • そのかわり、抜かれないようにする

という考えでプレイします。

それでも、なんとかしてボールを奪いたい。

そんな目的で行うディフェンスのことを「プレス」と言います。

プレスは「トレードオフ」

抜かれないために守るのと、ボールを奪いに行く守り。

どっちが強そうかといえば、そりゃプレスの方が強そうですよね。

でも、実際はそんなことないんです。

なぜなら、取りに行けば行くほど、抜かれやすくなるからです。

プレスと抜かれるリスクは「トレードオフ」の関係なんですね。

トレードオフとは、一方の魅力を手に入れるためには、もう一方の魅力を捨てないといけない、ってこと。

昼ごはん『カレーにしようかな。そばにしようかな。

うーん。そばにしよう』

と決めたら、カレーは食べれない。

これがトレードオフです。

  • 取りに行けば行くほど、抜かれやすい
  • 取りに行かなければ、抜かれない

という単純なトレードオフで成り立っています。

  • プレスはハイリスク、ハイリターン
  • 引いて守ればローリスク、ローリターン

ということです。

しかも、相手のオフェンス能力が高ければ高いほど、プレスの効果は薄れて、やられるリスクの方が高いです。

NBAとかのトップレベルで、プレスをするチームがほとんどないのは、このためです。

あそこまで行くと、プレスするよりも、やられる確率の方が高まるんですね。

でも、プレスはやっておいた方がいい

でも、プレスは練習しておいた方がいいです。

なぜなら、これを読んでるあなたのチームであれば、ミニや中学、高校がほとんどでしょう。

そのカテゴリーであれば、効果が期待できるからです。

  1. 接戦で1歩抜け出したいとき
  2. 負けていて、なんとか追い上げたいとき
  3. 同じ実力の試合で、流れを自分たちに引き寄せたいとき

こんなときのために、プレスは準備しておくべきでしょう。

特に負けているとき、プレスがないと、そのまま試合が終わってしまいます。

でもプレスがあれば、もう一度勝負を仕掛けることができるのです。

基本はマンツーマンプレス

プレスは大きく分けて2つあります。

  1. マンツーマンプレス
  2. ゾーンプレス

で、基本はマンツーマンですね。

1対1で守り切るつもりでマッチアップしつつ、ボールをはさみにいくディフェンスになります。

覚えてほしいのは、ラン&ジャンプとローテーションです。

ラン&ジャンプ

まずはこんな感じで、マンツーマンでマッチアップします。

それぞれが1対1です。

マンツーマンプレスでは、ボールをサイドラインに追い込めが合言葉です。

がんばってボールをそっちに誘導しましょう。

そうすると、サイドラインがあるので、必ず行き止まりになります。

この瞬間に、横からX3が飛び出してきて、ダブルチームです。

ただこのときにですね、ずっとダブルチームしているとパスをさばかれて抜かれてしまいます。

なので、はさむのは一瞬で、すぐに1対1に戻ります。

このとき、X1とX3はマークマンをスイッチさせます。

このように

  1. 一瞬だけダブルチーム
  2. すぐに1対1に戻る
  3. マークマンをスイッチする

という方法の仕掛けを「ラン&ジャンプ」といいます。

目的は、びっくりさせるだけ。

ダブルチームを長い時間やらないかわりに、リスクを最小限にしたプレスです。

ローテーション

今は1と3のところで行った、横のドリブルに対するラン&ジャンプでした。

この後、続くプレイとしては3がタテにドリブルを進めることです。

タテに進まれることはあんまり嬉しくないですが、よくあります。

これもラン&ジャンプで対応しましょう。

ボールに一番近いX5が飛び出します。

こうすると、一瞬だけ5がノーマークになるので、びっくりしたボールマン3は、5にパスを出すはずです。

そこをX4が思いっきりカットを狙いますスパン!!

カットできれば最高です。

でもできないときはどうしましょ?

そんなときはローテーションです。

近い順に、マークマンを入れ替わって、1対1の状態に戻します。

こんなふうに、ラン&ジャンプとローテーションで、リスクを最小限にしながらプレスを仕掛ける。

この方法が、マンツーマンプレスの基本になります。

配置がかんたんなゾーンプレス

マンツーマンが最強のディフェンスであり、基本です。

でも、1つデメリットがあります。

それは、マークマンが動くと、それについて行かなきゃいけないってことです。

ラン&ジャンプするには、ボールの近くに誰かいることが前提です。

でも、うまいオフェンスはそれを見越して、オフボールが動きます。

そんなとき、オフェンスの動きに関係なく、自分たちのディフェンスの形を決めてしまうこと。それがゾーンです。

ゾーンプレスには、大きく分けて2種類あります。

1−2−1−1

2−2−1

要は、一線目が奇数なのか、偶数なのかって話です。

うるさい1−2−1−1

1−2−1−1は、ボールを奪いに行くタイプのプレスです。

ガチャガチャとうるさいタイプのディフェンスです。

ダイヤモンドのような形を保ちながら、積極的なダブルチームを仕掛けることが目的です。

特に試合に負けてるときに、なんとかボールを奪いたいときは、1−2−1−1のプレスがいいでしょう。

ボールを奪いやすいってことは、トレードオフで、突破されやすいってことも覚えておきましょう。

静かな2−2−1

一方で、2−2−1は、静かなプレスです。

ボールを取りに行くというより、時間をかけさせて、心理的なミスを誘います。

ダイヤではなく、「ボックス」の形を保って、ボールの移動に合わせてボックスを動かします。

そして、バチバチのダブルチームはせず、「大きなダブルチーム」をします。

距離をとって、X1とX2で「八の字」に立つ感じです。

相手がドリブルを始めるまでは、その間合いはつめません。

2−2−1は静かに追い込み、ボールを奪いに飛び出すわけじゃありません。

なので、スティールできる機会は減りますが、トレードオフで、突破されることも少なくなります。

ボールか?ショットクロックか?

マンツーマンであれ、ゾーンであれ、共通して言えるのは

  1. ボールを取りに行くのか
  2. ショットクロックを削るのか

このどちらの目的でプレスするのかを、決めておくべきです。

何度も言いますが、トレードオフの関係なので、ボールを取りに行けば、それはリスクが増えます。

そして、相手のレベルが高くなればなるほど、ボールはなかなか取れません。

一方で、ボールは取れなくても、時間をかけさせることはできます。

ボールを取りに行くのではないので、抜かれるリスクも減ります。

プレスの結果として、時間を削れば、苦しいシュートをさせることになり、結果としてマイボールになる確率が高まります。

そして、NBAなどのトップレベルがプレスをするときは、ほとんどが時間を削るタイプだってことも、ぜひ覚えておいてください。

ABOUT ME
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する