戦術講座

プレスブレイク プレスディフェンスされたときボールを運ぶ方法 【バスケ戦術講座 第7回】

こんにちは、三原です。

前回、プレスディフェンスのことを解説しました。

試合で負けているとき、もう一度勝負をかける必要があるから、プレスは必ず練習しておこう。そんな話をしましたね。

ということは、逆にいうと、プレスを運べないと負けるってことです。

なのでプレス運びは、めちゃくちゃ大事です。

ぜひこの考え方で練習してみてください。

必ずプレス運びが得意になるはずです。

YouTubeでも解説しています。

音声だけでも理解できますので、ぜひ聞き流しでもしてください。

 

オールコートをハーフコートに見立てろ

一番大切な考え方を最初に言います。

プレスを運ぶときは、オールコートをハーフコートに見立てましょう!

とどのつまり、こういうことです。

  • センターラインをフリースローラインだと思う
  • センターサークルをフリースローサークルだと思う
  • その下を、制限区域だと思う

これだけでも、プレス運びの考え方は変わるはずです。

フラッシュポストを使え

ハーフコートオフェンスで、ウイングにパスエントリーしようとした。

でもそこにディフェンスがディナイした。

どうしますか?

きっと、ハイポストにフラッシュして、パスをつなぐことでしょう。

で、バックドアに走り込みますよね。

よくある「うら」のプレイです。

バウンドパスが通って、ナイッシュー!!ですね。

これとまったく同じように、プレスを運べばいいんです。

まず、オールコートをハーフコートに見立てます。

パスが2に入ったら、逆サイドのポストから「ハイポスト(に見立てたセンターサークル)」にフラッシュです。

ここにパスが入らなければ、2から「1→3」へとパスを飛ばしましょう。

そして逆サイドの4がフラッシュします。

ハイポストに入ったら、これもハーフコートオフェンスと同じです。

バックドアに抜けましょう。

また、5は「ハイローポスト」のように、さらにつなぎに上がってもいいでしょう。

こんな形で、ハイポストフラッシュを使っていけばプレスは運べるはずです。

ゾーンでもマンツーでも、同じで大丈夫です。

プレスはライン際にボールを追い込むのが目的なので、コートの真ん中にパスをつながれると崩壊します。

なので、ハーフコートオフェンスと同じように、ハイポストフラッシュを使いましょう。

ホームランパス

もうひとつの運びが、ホームランパスです。

パスインから思いっ切りディナイされて、スローインもままならない。

こんなときは下からバックスクリーンします。

そこにビヨーンとロングパスを投げます。

ディフェンスががんばればがんばるほど、これは引っかかります!

あ、いま気づきましたが、1がドリブルしちゃってます。。。

これもちろん、パスです。

波線じゃなく、点線です。

スローインの人がこんなドリブルをし始めたら、ギャグですねww

プレイの本質は伝わったことと思うので、ご容赦くださいませ。

1-4に並ぶのも有効

ホームランパスのやり方として、もうひとつあるのは、1-4に並ぶことです。

こうすると、ディフェンスがまじめにマッチアップしたら、うらがガラ空きですよね。

知らん顔して走り込んで、ホームランパスです。とりゃ!!

1-4に並ぶメリットは、相手のプレスがマンツーマンなのか、ゾーンなのかよくわからないとき、見分けることができるんです。

1-4に並んで、4人全員にディフェンスがついてきたら「マンツー」です。

逆にゾーンであれば、両サイドのオフェンス(2と3)には誰もディフェンスがつかないはずです。

これを見分けるために、1-4に一度立ってみるのは良い方法です。

プリンストン大学の勝ちパターンから学ぼう

以上が、プレス運びのやり方です。

最後に、エピソードを1つ。

有名なプリンストン大学です。

プリンストン大学といえば、バックドアが世界一うまいチームとして有名ですよね。

プリンストンは学業成績が非常に優秀な大学なので、スポーツ推薦のリクルートで選手を集めることができません。

運動能力がそんなにないチームなわけですよ。

だから対戦相手は、プレスではめて弱いものいじめをしようとやってきます。

ところがどっこい、プリンストンはめちゃくちゃプレス運びがうまいんですよ!

だから突破されてレイアップに行かれちゃう。

じゃあ「中を固めよう!」と下がると、バシャバシャと3ポイントを決めちゃう。

じゃあ「打たせるな!」とふくらめば、がんがんとバックドアを決めちゃう。

すべてを後手に回す力があるんですね。

能力に劣っても、こんなふうにパス回しとボール運びは練習すればうまくなります。

わたしも、自分のチームをプリンストンのように魅力あるチームにしたいですね。

それでは、また!

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する