ディフェンス

【バスケ】シェルディフェンス 効果的な練習方法

シェルディフェンス 効果的な練習方法

 

こんにちは、三原です。

今日はディフェンスの練習方法「シェルディフェンス」を紹介します。

この記事をお読みのあなたは

  • ディフェンスを強化したい
  • ディフェンスの効果的な練習方法が知りたい

こうお考えではありませんか?

この記事ではあなたの悩みを解決します。

動画講義はこちらです。

なぜ4対4が効果的なのか?

シェルディフェンスとは「4対4で行うディフェンス練習」のことです。

なぜ4対4が効果的なのかと言うと

  • オフェンスにとっては広くて攻めやすい
  • ディフェンスにとっては広くて守りにくい

ということが理由です。

コート上をあえて広くすることで、ディフェンスにとって辛い状況を作ります。

この練習を積んでおけば、実際の試合は5人に増えますから、

「あれ?練習より試合の方が楽だ」と感じることができます。

だから4対4なのです。

ディフェンス3つの役割

図のような形でシェルディフェンスはスタートです。

ディフェンスには3つの役割があって

  • A=ボールマン
  • B=ディナイ(ボールの隣)
  • C=ピストル(ボールの隣の隣)

ボールを持った人は「シュート、パス、ドリブル」という3つの選択肢があります。

その3つを、チームで消すための役割分担です。

  • まずボールマンは「絶対にシュートさせない」が役割です。
  • 隣のディナイは「パスを出させない」が役割です。
  • 最後のピストルは「ドリブルのカバー」が役割です。

このように、全員が役割分担をして、攻撃の選択肢をすべて消すのです。

1人で3つを守ることはできません。

でもチームで分担すれば守れます。

理論上は完ぺきですね。

↓ 過去記事です。

ボールマンディフェンスの構え 【バスケ理論】

ボールの隣のディフェンス『ディナイ』 【バスケ理論】

ヘルプサイドの『ピストル』ディフェンス 【バスケ理論】

練習①パスだけ回す

では具体的な練習方法です。

最初は「オフェンスは動かず、パスだけ回す」です。

#1が#2にパスをします。

ボールが空中にあるうちに移動して

  • B=ボールマン
  • A=ディナイ
  • C・D=ピストル

このようにポジション取りをします。

パスされたボールが空中にあるうちに移動することを「ジャンプ・トゥ・ザ・ボール」と言います。

パスだけ回して、ジャンプを習慣にする練習です。

→ ジャンプ・トゥ・ザ・ボールとは? ディフェンス論 (過去記事です)

練習②カットする

次はパスした人がカット(走る)をします。

#1が#2にパスしたら、ゴールに向かってカットです。

これに連動して、#3、#4も動きます。

これによってディフェンスのポジションを変えるのです。

  • B=ボール
  • C=ディナイ
  • D・A=ピストル

というようになります。

オフェンスが動いて、少し試合に近づけるのです。

練習③ドライブする

最後はドライブします。

まず原則として「ノーミドル」が合言葉で、ドライブはエンドライン方向にさせましょう。

コートの中央にドライブすると、ディフェンスが不利になるからです。

これについて詳しくは → 最強のディフェンス理論『ボックス理論』 【バスケ理論】

  • #2がベースラインにドライブ
  • Dがカバー
  • AとCがカバーダウン

という連動で、ボールとゴール下のスペースを埋めます。

このようにすれば、オフェンスは苦しい「返しのパス」しかできません。

このように仕掛けるディフェンスの練習です。

→ 最強のマンツーマンディフェンス『ヘルプ・フィル・リカバー』 【バスケ理論】

まとめ:原則は「ポジション・ビジョン・トーク」です

以上が練習の方法ですが、さらに大事なのは「原則」です。

  • ポジション = ボール・ディナイ・ピストルの正しい場所をとる
  • ビジョン = ボールとマークマンを視野に入れる
  • トーク = 声による連絡を絶えず行う

この3つができているかどうか、常にチェックしましょう。

  • チームでディフェンスしよう!
  • みんなでがんばろう!

だと、ちょっと漠然としていますよね。

でも「ポジション・ビジョン・トーク」をやろう!となれば、具体的になります。

チームプレイを具体的にするための3原則、ぜひ覚えておいてください。

→ ディフェンスの3原則 ポジション・ビジョン・トーク 【バスケ理論】

 

最後までお読みくださり、感謝しています。

あなたのようなバスケ大好きな方には、ぜひ「バスケの大学・資料室」を見てもらいたいです。

きっとお役に立てる資料があるはずです。

→ 三原学@バスケの大学 資料室

ありがとうございました。それでは、また。

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!