コラム

パスは種類よりも強さ バスケの大学ラジオ23-7-21 第1121回

こんにちは、三原です。いつもありがとうございます。

今日のラジオはこちら!

連日お伝えしていますが、NBAレイカーズのコーチ、フィルハンディさんのクリニックに3日間参加してきました。

最終日はチームオフェンスを学んだのですが、その思ったことがあります。

フィルさん、パスがうまい

どんなパスかというと

ドリブルした後

そのまま片手で

ビュン!っと遠くに飛ばす

というパスです。

「ビュン!っと遠くに飛ばす」というのがポイントで、隣の味方にパスをするんじゃなくて、遠くの味方にスキップパスを飛ばすんです。

遠い味方にパスを出せば、それだけでクローズアウトがつくれて、チャンスが生まれます。

細かいいろんな種類のパスも大事ですが、

パスは種類よりも強さだな

強いだけで、価値が高い

と強く感じました。というお話です。

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございました。三原学でした。それでは、また。

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

同じように指導に悩み、解決してきたわたしが、チームづくりのノウハウをお伝えします。

最初の1通目で「練習メニューの作り方」という特典動画もプレゼントしてます。

無料でメルマガ講座を購読する!

 

チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ
チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ