オフェンス

【バスケ】オフェンスの目的はアドバンテージの発生です【結論:クローズアウトを作りましょう】

【バスケ】オフェンスの目的はアドバンテージの発生です【結論:クローズアウトを作りましょう】

 

動画講義はこちらからどうぞ!

こんにちは、三原です。

先日こういったツイートをしました。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1263053165936750595?s=20

オフェンスの目的は「シュートを打って決めること」です。

しかし、シュートならなんでも打っていいわけじゃない。

入りそうなシュートを打つために、ディフェンスを崩さなきゃいけません。

そのディフェンスが崩れた状態をアドバンテージっていいます。

アドバンテージの状態がどんなものか、体で覚えることができると、オフェンスはとてもうまくいきます。

逆にこれがわからないと、いくら技術を身につけても試合で良いシュートに結びつきません。

クローズアウトをつくる

クローズアウトとは、ディフェンスが後追いになっている状況です。

ディフェンスは左右のステップはかんたんについていくことができますが、前後のステップはむずかしいのです。

ボールを持った瞬間に、マークマンが遠くから追いかけてくる状況。

これがクローズアウトで、オフェンスが一番攻めやすい状況です。

アドバンテージをつくるとは、言いかえると「クローズアウトを発生させる」ってことなんです。

スモールアドバンテージとビックアドバンテージ

クローズアウトの発生をもうちょっと深掘りします。

ディフェンスの状況は4つの段階があ利ます。

  1. ディスアドバンテージ 1対2でディフェンスが完全に勝ってる
  2. イーブン 1対1「にらめっこ」状態
  3. スモールアドバンテージ 1カ所だけの、短距離クローズアウト
  4. ビッグアドバンテージ 2カ所以上の、長距離クローズアウト

ディフェンスの努力は「1」を目指してのプレイであり、オフェンスの努力は「4」を目指してのプレイ。

そうイメージするとわかりやすいと思います。

長い距離のクローズアウトを連続で発生させる。

ディフェンスがローテーションしないといけない状況をつくる。

ビッグアドバンテージを目指してオフェンスしましょう。

イメージをつかみやすいように、こちらのツイートもご覧ください。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1253842050048380928?s=20

アドバンテージがある練習

アドバンテージの感覚を養うには、オススメの練習があります。

それは「最初から抜けてる状況で2対2や3対3をやる」ってことです。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1249842239859085312?s=20

https://twitter.com/coach_manabu/status/1268344143215902721?s=20

ディフェンスを背中向きに立たせたり、横並びにしたり。そんなことをして最初からオフェンスが抜けてる状態でプレイを始めるのです。

こうすると、アドバンテージの感覚が身につきやすいのでオススメです。

シェルディフェンスをオフェンス練習として行う

もう1つ良い練習は、ディフェンスのローテーション練習をオフェンスの目的で行うことです。

シェルディフェンスについては、過去の記事で解説してますので、こちらもどうぞ。

さて、このツイートにもあるように、ディフェンスのローテーションのよくある練習ですが。

これをオフェンスの練習という視点で行いましょう。

https://twitter.com/coach_manabu/status/1267637149047967744?s=20

どんな練習でもそうですが、同じ内容でも視点を変えると身につくものが違う、ということはよくあります。

まとめ

  • クローズアウトの発生がオフェンスの目的
  • 1回のオフェンスで複数回のクローズアウトをつくろう
  • アドバンテージの感覚を身につけるには、ドリルでやろう
  • ディフェンスのローテーション練習を、オフェンス視点でやるのも効果的
  • どんな練習も、視点を変えると違う効果がある

というお話です。

最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

わたしの作品集ページになっています。

「バスケの大学・図書館」はこちら

ありがとうございました。それでは、また。

 

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学『図書館』

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てるはずです。

わたしの出版した電子書籍の作品ページになっています。

Amazonのものは、アンリミテッドの方なら無料で読めます。ぜひのぞいてみてください。

今日もありがとうございました。

それでは、また。

バスケの大学・図書館をみる