オフェンス

失敗しないゾーンオフェンス

こんにちは、三原です。

マンツーマンをうまく攻めるけど、ゾーンされたとたんに点数が止まる

こんな試合を、わたしは何度も見てきました。

というか、自分のチームでも何度も経験しました。

そして試行錯誤の中で、「ゾーンオフェンスはこうやればいいんだ」というのが1つの形にまとまったので、それをあなたにシェアしたいと思います。

ゾーンは関係ないミニ、中学の先生方にも、何らかお役に立てれば嬉しいです。

YouTubeでも解説しています。

プレイの動画もあるので、この方がわかりやすいかもしれません。

そもそもゾーンは弱い

マンツーマンのように人を守るのではなく、地域を分担して守るのがゾーンです。

では、なぜゾーンをするんでしょうか?

答えはかんたん。人を守れないからです。

基本的に、何らか弱いチームが「ごまかす」ためにゾーンをすることが多いんです。

  • 相手を驚かす
  • リズムを変える
  • ファウルを避ける

こんなことを目的にゾーンをすることがほとんどです。

であれば、ゾーンを攻めるのが難しいはずがありません。

マンツーマンで守れないからゾーンでごまかしているわけで、そのごまかしの方が、攻略が難しいわけないんです。

まずはこの点を選手とコーチが理解すべきです。

ゾーンが来たときに「うわ!来た・・・」と思うか「よし、ラッキー」と思うか。これは大きな差になります。

もちろんラッキーと思うべきです。事実、ゾーンオフェンスはマンツーマンよりも動かなくて済むし、楽だからです。

3つのポイント

ゾーンオフェンスのポイントはおおきく分けると3つです

  1. 間に立て
  2. ショートコーナーとハイポを埋めろ
  3. 動いた後ろがノーマーク

これらを1つずつ見ていきます。

間に立て

ゾーンは地域を守るので、必ず型があります。

よくあるのが図のような2−3ゾーンです。前に2人、後ろに3人ですね。

これを攻めようと思ったら、ディフェンスの正面ではなく、2人の間に立つことが大事です。

こんなふうに立つと、全然ちがいます。

たとえ5を見てください。

1から5にパスをしようとしたら、誰が守るでしょうか?

おそらく

  1. X1とX2の2人とも来る
  2. 迷って2人とも来ない

このどっちかです。

こんなふうに、間に立つことでゾーンを迷わせることができるんです。

ショートコーナーとハイポを埋めろ

そう考えると、センターを2人置いて、ショートコーナーとハイポストを常に埋めることが大事になります。

具体的にはここです。

みんなで広がってないで、2人はセンターに入り、ショートコーナーとハイポを埋めるです。

上の図は1から2にパスが通っていますが、このパスが通る根拠は、ハイポストに5がいるからです。

  • X2の目の前に2がいる
  • X2の背中には5がいる
  • どっちを守るべきか、迷う

こうなるから、パスが通せるんです。

当然ですが、X2が飛び出して2を守れば、5にパスすればいいだけです。

かんたんでしょ?

動いた後ろがノーマーク

間に立って、ショートコーナーとハイポを埋めた。

ここからは、さぁ攻撃です。

いろいろ考えられますが、シンプルなものを。

  1. ボールをもった2が
  2. X2とX3の間をドリブルで攻める
  3. X3が止めに来た

としますね。

そうすれば上の図のように、動いたX3の後ろがノーマークですね。

そこに合わせて4が動けば、パスがまた通ります。

この4を誰が止めるか?それはX5しかいないですね。

すると、X5が動いた後ろがノーマークです。

こんなふうに、動いた「後ろ、後ろ」にノーマークができます。

ここがマンツーマンとの大きな違いです。

2対1を作れ!

わたしは自分の生徒に、「オフェンスは2対1を作りなさい」と教えています。

そしてゾーンオフェンスは、これがやりやすいんです。

動きのやり方はたくさんありますが、この記事で紹介したような「何のために」をしっかり抑えれば、チームの特徴に合ったオフェンスを作ることができます。

ぜひあなたのチームでもオフェンスを作ってみてください!

詳しく知りたい方は

この記事が「なるほど」と思っていただけたなら、ゾーンオフェンスの本も出していますので、ぜひそちらもお読みください。

ちなみに、アマゾンアンリミテッドの方はいつでも無料で読めます。

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する