オフェンス

【バスケ】スクリーンの使い方【モーションオフェンス】

【バスケ】スクリーンの使い方【モーションオフェンス】

 

こんにちは、三原です。

モーションオフェンスで、スクリーンはぜったい必要なプレイです。

でもこれをお読みのあなたは

  • スクリーンをうまく使う方法がわからない
  • 試合でスクリーンをやってもうまくいかない
  • スクリーンをどう教えていいかわからない

こうお考えではありませんか?

この記事ではスクリーンの仕組みを分解して、わかりやすく解説します。

動画講義はこちらです。

スクリーンは3つある

スクリーンは、自分の体をかべにして、味方をノーマークにするプレイです。

そして、かべに立つ方向によって3つの種類にわけられます。

  1. ダウンスクリーン
  2. バックスクリーン
  3. クロスコートスクリーン

この3つです。

スクリーンを上手に使うには、いま自分がどのスクリーンをしているかを意識することです。

そして3つのスクリーンは、それぞれ使い方のコツがちょっとちがいます。

なので、3種類あるんだってことを知るのは大事です。

ひとつずつ解説します。

ダウンスクリーン

リング方向に向かって、上から下にスクリーンすることです。

この図では45度にノーマークを作ろうとしています。

使う方法は4つありまして、

  1. レギュラー
  2. カール
  3. バックカット
  4. ポップバック

となります。

レギュラー

ディフェンスがふつうについてきた場合、まっすぐ上がります。

スクリーナーの背中にノーマークができるので、

そのまま上がってパスを受け、シュートです。

これがもっとも基本の動きになります。

カール

ディフェンスがもっとしつこい場合です。

スクリーンをぐるりと回るようにカールカットします。

パスが通ればレイアップです。

バックカット

ディフェンスがさらにしつこくて、コースに先回りしてるときです。

このときはレギュラーに動くぞ、と見せてゴール下に走りましょう。

目安はディフェンスと顔が並んだらバックカットですね。

ディフェンスのウラをつく、完ぺきノーマークになるプレイです。

ポップバック

ディフェンスとして一番かんたんに守る方法はスライドです。

スライドは、スクリーンとディフェンスの間をとおる方法です。

この間をとおった瞬間に、コーナーに広がりましょう。

これをポップバックといいます。

ディフェンスから遠ざかる動きでノーマークを作ります。

バックスクリーン

続いてバックスクリーンです。

下から上にスクリーンするプレイです。

ゴール下でノーマークを作ろうとしてます。

使い方は

  1. フロントカット
  2. バックカット

この2つです。

フロントカット

スクリーンに対して、ボールサイド側をとおるプレイです。

ディフェンスがスクリーンを警戒して、

リング方向に下がったときがフロントカットのチャンスです。

パスをもらえばレイアップですね。

まずはフロントカットを狙いましょう。

バックカット

フロントカットを守ってきたら、その逆をつきます。

ボールサイドの逆を走ります。

パスはフロントカットよりもむずかしくなりますが、

パスが通ったら完ぺきにノーマークです。

バックスクリーンはノーマークを作りやすいので、

どんどん使っていきましょう。

クロスコートスクリーン

これはセンター同士のスクリーンです。

コートを横切るので、クロスコートスクリーンですね。

ボールから遠ざかる動きなので、

わたしはマイナスのスクリーンと呼んでます。

使い方は2つ

  1. ローカット
  2. ハイカット

ローカット

上にいくと見せて、下を通ります。

下を通るのでローカットです。

この動きはパスが通るとゴール下でシュートできるので、

まずはローカットを狙います。

ハイカット

ローカットと見せて、ハイポストに上がります。

ディフェンスがローカットを警戒して下がったら、

ハイカットのチャンスです。

ディフェンスを正面におけ

すべてのスクリーンに言えることは、

ディフェンスをまっ正面に置くこと、これがコツです。

ディフェンスが目の前にいないと、スクリーンはかからないからです。

たとえば、バックスクリーンの場面で、

ディフェンスがスクリーンに気づいて2の横に位置をずらしたら、

もうスクリーンはかかりません。

なので一度フロントカットと見せかけて、

ディフェンスを自分の目の前に引きつけましょう。

そして正面に立ったら、急に逆をついてスクリーンを使います。

これでバチっと引っかかりますよ。

まとめ:ディフェンスを読みましょう

ここまで読んでいただいて、

  • 細かいな
  • 多いな
  • 難しいな

そう思ったことでしょう。

でも、すべてのプレイは「ディフェンスを読んで逆をつく」これだけです。

ちょうどジャンケンの後出しのようなものです。

  • 自分がこう動けば
  • ディフェンスはこう動く
  • だからこれができる

という3手先を読むことです。

これがわかればスクリーンはうまくなりますよ。

スクリーンでディフェンスを読むことができれば、

バスケにすべて共通する駆け引きがうまくなります。

最後までお読みくださり、感謝しています!

この記事に共感してもらえたら、「バスケの大学・図書館」ものぞいてみてください。

あなたのようなバスケ大好きな方には、きっとお役に立てる資料があるはずです。

わたしの作品集ページになっています。

「バスケの大学・図書館」はこちら

ありがとうございました。それでは、また。

 

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなバスケ指導者に向けた、メルマガをやっています。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

メルマガ講座を受講する

 

さらに、「バスケの大学・研究室」では、わたしが現在手がけている最新のチームづくりについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。興味のある指導者の方は、ぜひのぞいてみてください。

研究室はこちら!