オフェンス

プレスディフェンスされたときのボールの運び方

こんにちは、三原です。

  • プレスの運び方がよくわからない
  • いつもプレスにハマって負ける

この記事はそんな悩みを持つ指導者に役立ちます。

YouTubeの動画講義でもわかりやすく説明しています。

音だけで聞き流せるように作ってあるので、よかったらこちらもどうぞ。

プレス運びは絶対に必要

まず、プレス運びは絶対に練習しないといけない、と思ってください。

だいたい強いチームに負けるパターンは、プレスにハマって負けるからです。

それと、こんなときに相手はプレスを仕掛けてきます。

  • 接戦で勝負を仕掛けるとき
  • 1Qや3Qの開始で、流れを持っていきたいとき
  • 負けていて、残り時間が少ないとき

いずれも、試合を決める超重要な場面です。

ここでハマると、あなたは負けるわけですね。

だからプレス運びは練習すべきであり、個人能力が高ければ運べるってもんでもないです。

プレスディフェンスは組織ですから、運びも組織として練習しないとダメです。

1−3−1の形で崩れる

では、具体的にお話ししますね。

1−3−1の形になると、プレスは運べるんです。

というのも、プレスではめる場所って決まっていて、

  • エンドライン
  • サイドライン
  • センターライン

その付近や、交わるところでボールにプレッシャーをかけるんです。

だから、ここにディフェンスが仕掛けたら、コートのまん中にパスができるような形にしておけばいい。

逆にコートのまん中にディフェンスが収縮したら、サイドラインが空くようにすればいい。

だから1−3−1に立つんです。

ハーフコートだったらフラッシュする

ここで、ちょっと場面を変えて、ハーフコートオフェンスの話をしましょう。

こんなふうに、ウイングにパスができないくらいプレッシャーをかけられてたら、どう攻めますか?

答えはけっこうかんたん。ハイポストにフラッシュしてつなぎますね。

フラッシュしてコートのまん中にボールをつなげば、いろんなことができます。

ウイングがバックドアに抜けてもいいし。

ハイローポストでボールをタテにつないでもいいです。

これってどのチームでもやることで、きっとあなたくらいの方なら理解できるはずです。

でも、なぜかオールコートでプレスされると、これと同じことができない。

それは「オールコートをハーフコートに見立てる」ことができてないからです。

オールをハーフに見立てる

ハーフコートでやるのと同じように、

  • プレスされたら
  • フラッシュでつないで
  • 周りが合わせる

これをオールコートでもやればいい。それだけなんです。

まずオールコートを、ハーフコートに見立てましょう。

センターサークルがフリースローラインくらいのイメージですね。

で、そこに向かってハイポストフラッシュ。

ハイポストに入ったら、バックドアやハイローでつないでください。

こんな考えで「1−3−1」の形を作れば、どんなプレスも運べます。

まとめ

今日のまとめ
  • 負けるパターンはプレスにハマること
  • プレス運びはチームで練習しなきゃダメ
  • プレスは1−3−1に立てば崩せる
  • ハマる場所はライン沿いが多い
  • なのでハイポスト(センターサークル)にフラッシュ
  • それからハイローやバックドアでつなぐ
  • オールをハーフに見立てる
  • 同じように動けばOK

というお話しです!

 

ABOUT ME
アバター
三原学
1981年東京生まれ。小5からバスケを始める。早稲田大学では主務としてインカレ第3位に貢献。卒業後は、母校である安田学園高校の男子バスケットボール部を指導している。常に攻撃的なバスケットボールがモットーで「やって、見て、教えて日本一楽しいバスケ」を日々追及している。特にパス&ランのオフェンス指導には定評があり、選抜チームなどのコーチも歴任。ライセンスはJBA公認B級コーチ、B級審判。「5アウトのモーションオフェンス」「ドリブルドライブモーションオフェンス」など著書多数。運営ブログ「バスケの大学」はYouTube版も好評。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

バスケの指導は不思議なもので、やればやるほど何が正解か、わからなくなります。

そういうわたしがそうでした。

最初は自信満々で指導を始めたものの、悩みが生まれ、やればやるほど難しく感じます。

でも、だからこそ学び続けることが大事なんです。

わたしは指導歴18年ですが、これだけやっていると、昔は悩んでいたけれど、今はもう解決していることが、けっこうあります。

「このことを10年前に知りたかったな」が、いろいろあるんです。

なので、それをあなたにお伝えしたいと思います。

  • メールは2日に1回配信
  • バスケの指導者向けの講座です
  • わたしのチームづくりのノウハウを
  • できるだけ短く
  • わかりやすくお届けします
  • わたしから課題を配信したり
  • あなたの質問、相談にものります

わたしといっしょに、チームづくりの勉強をしませんか?

もちろん完全に無料なので、ご安心を。

今なら、特典教材「練習メニューの作り方」もプレゼントしています。

ぜひメルマガ講座でお会いしましょう!

いつでも解約できますので、お気軽にどうぞ。

ありがとうございました。それでは、また。

メルマガ講座を受講する