バスケットボールコーチ・三原学のブログ

オフボールの重要性 (バスケットボール)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。

こんにちは、三原です。

お読みくださり、感謝しています。

今回は「オフボールの重要性」というお話をさせて頂きます。

 

バスケットボールにおけるディフェンスについて解説してきました。

特に今まではボールマンを守る方法についての内容でした。

→ 詳しくはこちらをお読みください。

今回からは「オフボールディフェンス」、つまりボールを持たないディフェンスの話になります。

 

ですが具体的な技術の話に入る前に、オフボールの重要性について今回は触れたいと思います。

もしあなたが、

「1試合、40分フル出場したとして、ボールを持っている時間は何分ですか?」

と聞かれたら、答えられますでしょうか?

あるときはボールを2秒持ち、パス。

ドリブルを3秒して、シュート。

4秒ドリブルをして、ピボットして、パス。

こんなふうに、その秒数を足し算していくと、1試合で何分になるでしょう?

昔私が、チームのポイントゲッターにこの質問をしました。

その選手は少し考えながら、

「・・・・・・10分くらいですかね?」と答えました。

私はなぜこの質問を彼にしたのか。

この選手はとても良い選手でしたが、いつでもボールを欲しがり、無茶なシュートも多い選手でした。

またボールを持たない時間=休憩時間、のようなプレイしかできなかったのです。

つまり、オフボールの重要性を教えたくて、そのきっかけとしてこの質問をしたのでした。

 

さて、質問の答えですが、正解は「2分」です

仮に、両チームの選手が5人ずつ、計10人、全員がフル出場したとします。

ボールを持つのは10回に1回ということになります。

試合時間は40分なので、それを10で割ると「4分」。

この計算上は「1人がボールを持つ時間は4分」となります。

しかし、どちらのボールでもない時間、つまり「リバウンド」や「ルーズボール」の回数というのは試合中に相当数あります。

おそらく最大でも4分もボールを持つ機会はないでしょう。

私は経験上、持っても2分だと考えています。

実はバスケットボールは、最大でもたった2分くらいしか、ボールを持てない競技なのです。

 

もちろんこの2分が大事だからシュートやパス、ドリブルの練習をするのですが、

それ以上に「38分間もあるオフボールの時間」を大切にするべきなのです。

この説明をしてから、例の選手は腑に落ちたのか、オフボールを動きに注目し始めました。

オフェンスではスクリーンに動き、リバウンドに参加し、ディフェンスはボールを持たせないようにがんばりました。

オフボール=休憩、ではなくなったのです。

結果が良くなったことは言うまでもありません。

 

オフェンスでもディフェンスでも、「38分間はオフボール」ということを覚えておきましょう。

オフボールの過ごし方が、ボールを持った時の質を決めます。

ディフェンスでは、ボールを持たれたらがんばる、ではなく、

ボールを持たれる「前」こそがんばる!

これがわかっているチームは強いディフェンスができます。

結果的に、安定して試合に勝つことができるのです。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バスケの大学 , 2019 All Rights Reserved.