Voicy&インスタ

ウインターカップはあなたの参考になるのか? #114 23-12-23

こんにちは、三原です。いつもありがとうございます。

この記事はラジオの原稿です。

この放送は、Voicyでお話ししています。ぜひお聞きください。

 

ウインターカップ

いよいよ今日から、高校日本一を決めるウインターカップが始まります

毎年、東京に全国のチームが集まることで、わたし個人としてもいろんな方にお会いできるので、とても楽しみにしています

また、今までもわたしはウインターカップをきっかけに人脈が広がり、バスケを学んできました

参考になるチーム

ウインターカップを見るときに、あなたのチームに参考になるか、ならないかを見極めましょう

日本一を決める大会なだけに、その競技レベルはトップであり、観客として楽しむにはすべての試合が最高だと思います

しかし、一般的なチーム(の指導者)がそこから学び、何かを自分の指導に採り入れたいと思ったとき、いくつかの注意点があります

参考になるチームについて私の考えを述べます

学びの対象としての試合

  1. 平均身長の低いチームを見る
  2. 初出場、できれば地区2位を見る
  3. ロースコアの試合を見る
  4. 大差で負けたチームのこだわりを見る

これらを中心に学ぶことをおすすめします

①平均身長の低いチームを見る

バスケにとってサイズは重要です

どこのチームも、留学生などの長身選手を喉から手が出るほど欲しがります

しかし身長がないチームほど、創意工夫でそのハンディをはねのけ、勝ってきているはずです

特にディフェンスや、パスワークで独特の戦いをしているチームが多く、大変参考になります

また体力、走ることの重要性も教えてくれます

②初出場、できれば地区2位を見る

優勝チームや伝統校に憧れ、その戦術を真似する傾向は世界中の誰もが持っています

しかし、多くの場合は能力に優れて、一般のチームに参考にならない場合が多いです

一方で、初出場、または地区2位(3位)でようやくウインターカップをものにしたチームは、並々ならぬ努力や、戦い方のこだわりがあるはずです

それは確実にあなたの参考になります

ここで大事なのは、そのチームのカラー、独自のこだわりがあるか、ということです

伝統校でも独自のチームカラーが徹底されているならば、大いに参考になります

対して、初出場でもチームカラーというより、優れた選手の能力で勝ったチームは、あまり参考にならないと思います

「選手を集めて勝つ」は強化の王道であり、まったく否定するつもりはありません。しかし、参考になるかならないか、の点でお話をしています

③ロースコアの試合を見る

ロースコアの試合は一般的につまらないと言われます。でもわたしは好きです

なぜなら、ロースコアほどチームのこだわり、我慢の大切さが学べる試合だからです

特にディフェンス面で、大いに参考になるプレーが多いと思います

速攻主体のハイスコアではなく、ロースコアの試合の中に参考になる戦術が見られるはずです

④大差で負けたチームのこだわりを見る

トーナメントなので、必ず大差の試合があります

初戦は大接戦で勝ったのに、次の試合は大差で負ける。よくあることです

大差の試合は観ない人が多いようですが、負けたチームがどこにこだわって強豪に戦いを挑んでいるか、そこを見抜くと参考になります

たとえ1Qで2点しか取れなかったとしても、2点取ったバスケットはそのチームこだわりの2点なはずです。そこから勇気と戦略が学べます

というお話です

ぜひインスタの方でも復習してくださいね

今日の参考文献

今日の参考文献はこちらです

ぜひ画像をタップして、手に取ってみてください

最後にお知らせ

ありがとうございました。

バスケの大学では、指導者の悩み解決になるお話を無料メルマガで発信しています。

最初の1通目でプレゼント動画もありますので、ぜひこれを機にメルマガの登録をよろしくお願いします。

無料メルマガ講座はこちら

 

YouTube「バスケの大学」では、ラジオだけでは伝わらない図などを使った戦術解説をしています。

週に1~2本の放送をアップしているので、ぜひこちらもチェックしてください。

最後に、バスケの大学「研究室」では現在進行形で手掛けている最新のチーム作りについて、ほぼ毎日三原が記事を投稿しています。

  • ここでしか書けない話を共有したり
  • メンバーさん全員の質問に真剣に答えたり
  • 月に1回のオンライン勉強をやったり

しています。もし興味のある方は案内ページを一度のぞいてみてください。

バスケの大学「研究室」 ご案内 こんにちは、三原です。 いつも「バスケの大学」をありがとうございます。 バスケの大学には「研究室」というコミュニティ...

最後までブログをお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

追記

アマゾンの電子書籍(kindle)で本をたくさん出しています。

わたしの作品一覧はこちらです

ちなみに、アマゾンアンリミテッドの方はすべて無料で読めます。

あと、アマゾンといえば、耳で聞くオーディブルもおすすめです。

無料キャンペーン中にダウンロードした本は、ずっと聞き続けられるので、お試しすることをおすすめします

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

同じように指導に悩み、解決してきたわたしが、チームづくりのノウハウをお伝えします。

最初の1通目で「練習メニューの作り方」という特典動画もプレゼントしてます。

無料でメルマガ講座を購読する!

 

チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ
チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ