ゼロ秒思考

【ゼロ秒思考】赤羽雄二さん「ビジネスパーソンの2024年プランニング」で背中を押してもらった話

こんにちは、三原です。いつもありがとうございます。

わたしの尊敬するメンター、赤羽雄二さん。

月に一度のペースで、東京の竹橋にある毎日文化センターにて対面ワークショップが開催されています。

今月も参加してきました。

こちらです。

よほどの都合がつかないとき以外は、参加するようにしています。

そしてこのブログを書くまでが1つのセットになっていて、毎月の楽しみになっています。

 

わたしと赤羽さんのつながりは、わたしがブレークスルー講座(第3期)に参加してことがきっかけです。

(※今、第9期の募集中とのことです。本気で成長したい人は、本気でおすすめします)

  • わたしがブログを最速で書けるのも
  • 毎日ラジオでしゃべり、原稿をインスタにアップしているのも
  • 最先端バスケの情報収集ができているのも

すべて、このブレークスルー講座のおかげです。

 

ブレークスルー講座で赤羽さんからもらった表。

この表をわたしは毎日持ち歩き、レベル10を目指しています。

 

もともとは、あの有名なゼロ秒思考の本を読んだことが、わたしにとって赤羽さんを知るきっかけでした

悩んでいることはすべてA4メモに書きだす。

  • 思いついたアイデア
  • 他人の気持ち
  • その他何でも、もやもやしたこと

これらを1分で1枚のA4用紙に書くことが、わたしの人生を変えました。

言い過ぎじゃないです。

そのメモ書きはこんな感じ

これをもとに、わたしの指導しているバスケチーム、安田学園でもホワイトボードを使ったミーティングを習慣化しています

バスケ指導者として、赤羽さんから学んで本当に成長できました。

わたしがゼロ秒思考で学んだことは、以下のブログも参照してください。

赤羽雄二さん「ゼロ秒思考」でバスケの指導をした実体験こんにちは、三原です。いつもありがとうございます。 わたしは現在、東京の安田学園で高校生の男子バスケ部を教えています。 指導...

ということで、今回も参加してきた赤羽さんのワークショップ。

わたしの学びのアウトプット、ぜひお読みください。

ビジネスパーソンの2024年プランニング

あらためて、今日のセミナーのテーマは

ビジネスパーソンの2024年プランニング

です。

なんともワクワクするテーマじゃないですか。

しかし、会の冒頭は、わたしにとって意外な話でした。

みなさん、自分と自分の家族、そして会社を守るために今何をすべきか、理解されていますか?

たんたんと赤羽さんが語り始めます。

日本は1989年、世界時価総額ランキングのトップは日本企業が独占していた

それが今や、完全に衰退している

本気で考えなければいけない状況なんです

続けて、私たちは今何に関心を持つべきか。

ウクライナ、イスラエルでは本当は何が起きているのか?

世界からどうして戦争がなくならないのか?

SDGsや環境問題、人口問題は本当のところ何なのか?

AI、ロボット、Web3のリスクとチャンスは何か?

DX化が進まない日本社会はどうなるのか?

健康寿命100年時代、どう準備するのか?

圧倒的な知識量をもとに、立て板に水のごとく、そしてわかりやすくお話しする赤羽さん。

わたしは思いました。

2024年のプランって、自分のことだけじゃないんだ

いろいろ知ったうえで、自分のことを考えなきゃいけないんだ

バスケットボールのことはやたら詳しいわたしですが、

それは知識が偏っているという弱点でもあります。

赤羽さんの話を聞きながら、もう少し真剣に情報収集をして、世界で何が起こっているのかをつかみたいと考えました。

なお、赤羽さんの超人的な情報収集力の秘訣はこちらです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

赤羽 雄二(@yujiakaba)がシェアした投稿

赤羽さんの取り組み方

そのうえで、本題でもある2024年のプランについて。

わたしとしては、ここが深く印象に残ったパートです。

赤羽さんは、自信の目標への取り組みについて、このようにお話ししてくださいました。

私の場合は、

  • ぎちぎちな目標は立てない
  • なるようになる
  • ただし、一つひとつの活動、プロジェクトに関しては全力投球する
  • 質の妥協はしない
  • 徹夜はしない
  • そこまでやってだめなときは、そんなこともある

です

これ、ひとつずつじっくり読んでください。

すごく大事ですよ。

わたしとして印象に残ったのは

そこまでやってだめなときは、そんなこともある

ここですね。

赤羽さんが

私はけっこう真面目じゃないんです

という一言もつけ加えられていました。

なぜここがわたしの印象に残ったかというと、この一言って、やるべきことをやった人しか言えないな、と思ったからです。

続けて赤羽さんは

結果を出す鍵は

  • やるときに集中してやる
  • ひたすらスピード重視
  • 普段から1分1秒でも短縮する
  • 常日頃、幅広く関心を持ち、情報収集を楽しんでおく

これですよ

だとおっしゃっていました。

ここはすごく大事なところなので、ぜひこれをお読みのあなたも、くり返し読んで腑に落としてください。

プランをメモ書き

ワークショップの後半は、実際に自分のプランをメモ書きしました。

順番としては

  1. 2023年の振り返り
  2. 3年後にどんな自分になりたいか
  3. そのために、2024年にやるべきこと
  4. 1カ月後、3か月後、6カ月後、12カ月後の具体的なアクションプラン

 

これらをどんどん書いていきます。

少し前のものですが、赤羽さんのポストから引用です。

イメージはこんな感じです。

ゼロ秒思考のA4メモ書きです。

これを3分でとにかく速く書く。

書いたら隣の人に1分で説明する。

30秒で修正する。

こんなペースで最速で進めていきます。

ゼロ秒思考の真骨頂ですね。

メモ書きはわたしの人生を激変させた習慣です。

具体的なやり方は、ぜひこちらを見てください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

赤羽 雄二(@yujiakaba)がシェアした投稿

 

ロールプレイングで背中を押してもらう

最終的に3か月ごとのアクションプランまで書いたら、3人1組になってロールプレーします。

ロールプレイングとは

  1. 話をする人
  2. 話を聞く人
  3. オブザーバー

の3人に分かれます。

そして3分話したら、オブザーバーが感じたことを2分で話します。

1セットたった5分。

役割を変えて3セットやりますが、たったの15分。

世界最速のロールプレイングです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

赤羽 雄二(@yujiakaba)がシェアした投稿

わたしが書いた実際のアクションプランは、すごく個人的なものなので、このブログで詳細はお伝えしません。

でも、この日のロールプレイングでは、包み隠さず、本音で話しました。

それを聞き手の方にじっくり聞いてもらい、必要な質問をしてもらう。

話しているうちに、自分の考えがまとまってくる。

このロールプレイングは本当に効果があるんです。

赤羽さんのワークショップでは、ロールプレイングの機会が多いのですが、わたしがいつも思うことがあります。

不安は、人に聞いてもらうと小さくなる

希望は、人に聞いてもらうと大きくなる

です。

また、オブザーバーとしていろんな方の話を聞くことも大変刺激になります。

みんながんばっているんだな。

自分もがんばろう。

という気持ちに毎回なります。

特に昨日は、2024年のプランですから、なおさらでした。

ちなみに、赤羽さんのワークショップには毎回、わざわざ大阪や岐阜、奈良などの遠方から多くの方がいらっしゃいます。

こういった学びの意欲が高い方と同じ空間は、本当に刺激的です。

わたしは自転車で行ける距離なので、なんだか申し訳ないです。

 

メールでの最速フォロー

大変有意義なワークショップ。

12月なので、今年最後の回でしたね。

赤羽さん、今年はたいへんお世話になりました。

ワークショップの最後、必ず赤羽さんがおっしゃることが2つあります。

  1. みなさん、ぜひともこの後飲みに行ってください
  2. 今日の感想をメールで、0時までに長文で送ってください

 

ワークショップ終了は21時です。

そこから「飲みに行ってらっしゃい」と言っておいて、「0時までに長文を送れ」と言うあたりが、「ゼロ秒思考」って感じでわたしは大好きです(笑)

なお今回は、プランをパワーポイントにして送ると、フィードバックをくださるという豪華特典付きでした。

忠実に0時までにメールしました。そして的確なフィードバックも頂きました。

いつも感謝、感激です。

赤羽さん、みなさん、ありがとうございました。

 

次回は新年1月15日とのことなので、また参加したいと思います。

次回の毎日文化センターの内容を見る

お読みいただき、ありがとうございました!

お知らせ

わたしは「バスケの先生の先生」ということで、スポーツ指導者、学校の先生、子育てにかかわる方の悩み解決になる情報発信を毎日しています

ラジオのVoicyで毎朝放送しています。ぜひお聞きください。

またインスタグラムもアップしています。

短時間で復習ができるようにつくってあるので、教科書代わりにインスタのフォローもぜひどうぞ。

また、指導者の悩み解決になるお話を無料メルマガで発信しています。

最初の1通目でプレゼント動画もありますので、ぜひこれを機にメルマガの登録をよろしくお願いします。

無料メルマガ講座はこちら

 

YouTube「バスケの大学」では、ラジオだけでは伝わらない図などを使った戦術解説をしています。

週に1~2本の放送をアップしているので、ぜひこちらもチェックしてください。

最後に、バスケの大学「研究室」では現在進行形で手掛けている最新のチーム作りについて、ほぼ毎日三原が記事を投稿しています。

  • ここでしか書けない話を共有したり
  • メンバーさん全員の質問に真剣に答えたり
  • 月に1回のオンライン勉強をやったり

しています。もし興味のある方は案内ページを一度のぞいてみてください。

バスケの大学「研究室」 ご案内 こんにちは、三原です。 いつも「バスケの大学」をありがとうございます。 バスケの大学には「研究室」というコミュニティ...

最後までブログをお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

追記

アマゾンの電子書籍(kindle)で本をたくさん出しています。

一番新しいのがこちらです

(↑画像はクリックできます)

ちなみに、アマゾンアンリミテッドの方は無料で読めます。

あと、アマゾンといえば、耳で聞くオーディブルもおすすめです。

どちらも無料キャンペーンもあるので、この機会にぜひどうぞ。

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

同じように指導に悩み、解決してきたわたしが、チームづくりのノウハウをお伝えします。

最初の1通目で「練習メニューの作り方」という特典動画もプレゼントしてます。

無料でメルマガ講座を購読する!

 

チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ
チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ