ラジオ

一番シンプルなモーションオフェンスの教え方

こんにちは、三原です。

かなり久しぶりに、ブログを更新しました。

ラジオは毎日やっていて、YouTubeのメインチャンネルは週に1本アップしています。

ですが、ブログはしばらく書いていませんでした。

でも、せっかくラジオをやっているんだから、ブログにも残しておこう!

そう思って、今日は書いています。

今日の内容はこのラジオになります。ぜひお聞きください。

オフェンスをどう教えればいいの?

いただいたメッセージを紹介します。

現在は、細かく指導せずただ「やってみよう!」でやらせていますが、これでいいのか。オフボールの際の動きとかスクリーンをかけるとかなど、約束事を示せば良いのかは、いまいちよく分かりません。三原さんの指導する際に気を付けていること(ドリブルなしの5対5)などがあれば、お知らせいただければ助かります。

なるほど。

オフェンスの指導で、どうしたらいいのか?というご質問ですね。

わたしの回答

いちばん簡単なオフェンスの声掛けは

パスしたら逆にスクリーンに行け!

このセリフです。

パスをしたら、とにかく逆にスクリーンに行く。

そこでスクリーンを「がちっ」とぶつける。

全体のフロアバランスが保たれれば、それだけで立派なモーションオフェンスになります。

オフェンスの指導は「パターン化」と「自由度」のさじ加減です。

このくらいシンプルなところから、まずやってみてください!

バスケの大学・研究室では、現在進行形で手がけている最新のチーム作りについて、ほぼ毎日2,000文字くらいの記事を投稿しております。

  • 本を読むように参加したい方はFacebookで
  • 動画を見て参加したい方はYouTubeで

それぞれ参加できますので、よかったらぜひ一度のぞいていてください。

バスケの大学「研究室」 ご案内 こんにちは、三原です。 いつも「バスケの大学」をありがとうございます。 バスケの大学には「研究室」というコミュニティ...

いつもありがとうございます。三原学でした。それでは、また!

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

同じように指導に悩み、解決してきたわたしが、チームづくりのノウハウをお伝えします。

最初の1通目で「練習メニューの作り方」という特典動画もプレゼントしてます。

無料でメルマガ講座を購読する!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ
チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ