コラム

全中にクラブチームが参加OKになる? わたしは賛成ですね

こんにちは、三原です。

今日のラジオはこちら!

 

さて、今日の話題はスポーツ界においてけっこう大きな出来事です。

わたしが知るきっかけは、為末大さんのこちらのツイート

為末さんはすごく学びになる情報発信をされています。

諦める力』を読んでから、為末さんの情報はチェックしています。

ファンです。

こんなブログも過去に書きました。

#マナブの宿題 為末さんの「諦める力」を読んだ感想文こんにちは、三原です。 今日は読書感想文です。 というのも、先日YouTuberのマナブさんからこういった企画がありました。...

 

さて、話を戻しますが、

これに対して、わたしはこうツイートしました。

ここをちょっと深堀します。

指導者がほしい学校、体育館がほしいクラブ

ブラック部活、という言葉が出て久しいですが。

  • 専門でない人が部活をもたされる
  • やりたくない先生が部活をやらされる

ということがひとつの問題です。

その対極として、指導の専門家がちゃんといるのが、クラブチーム。

  • ライセンスを持った人が
  • 複数人で
  • 志の高い子たちが集まって

バスケができるというメリットが、クラブチームの良いところ。

この「学校」と「クラブ」というのは、相反するものを持っていると思っていて。

  • クラブは指導者がいる
  • 体育館がほしい

これに対して

  • 学校は指導者がほしい
  • 体育館がある

という関係になっています。

この2つが仲良くすることは、

  1. 学校の先生で部活をやりたい人は、クラブに登録できる仕組みにする
  2. やりたくない人は、無理に部活をやらなくていい
  3. 学校は、体育館を提供する
  4. クラブは活動場所に困らない
  5. 学校は、スポーツやりたい子にやらせてあげられる

というWinーWinの関係になります。

なのでわたしは

三原さん
三原さん
子どもたちがスポーツをする環境が良くなるので、クラブが入ることは賛成

というスタンスです。

 

少子化の競技存続にもなる

バスケは5人ですが、もっと人数の必要な種目はたくさんあります。

  • ハンドボール7人
  • 野球9人
  • サッカー11人
  • ラグビー15人

こうなると、少子化のご時世、単独校で人数をそろえることが難しくなります。

なので、複数の学校が合同で大会に出場することが、現時点で数多くあります。

であれば、クラブチームという選択肢があった方が、子どもたちのより良い活動につながるのも明らかです。

たとえば

  • 野球がやりたい
  • でも自分のチームには野球部がない
  • だからクラブチームに入る

という流れができるのは当然のことで、そのクラブチームが全中などの大会に出場できるとなれば、ますますクラブの価値が上がります。

 

さらに言えば、部活目当てで学校を選ぶことも、しなくてよくなります。

  • 偏差値の高いあの進学校に行きたい
  • でも、その学校はバスケ部が盛んじゃない
  • だから、別の学校にいく

という選択をしてる子はいるはず。

そして現状、クラブチームに入ったとしても、「クラブに入ると、魅力的な大会に出られないから。やっぱり部活がいい」と思う子や保護者の方は多いはず。

それが根底からくつがえり、

  • 学校は学校で、自分に合った学力を
  • 部活に入りたい人は部活で
  • クラブでバスケしたい人は、クラブに入る

という選択の自由、いわば「組み合わせの自由」が生まれるわけです。

そしてクラブも部活も、同じ選手権に出られるとなれば、文句なし。

バスケ界でいえば、Bリーグユースが生まれて、町クラブも盛んになっている。

この流れは、ますます加速することでしょう。

わたしは学校部活動の教員ですが、「クラブが盛り上がるのは賛成」というのは、以上のような理由です。

とはいえ、学校部活動の魅力も

とはいえ、学校部活動の魅力も、もちろんあります。

一言でいうと「学校だから」です。

  • 生活を共にして
  • 仲間と、先生と過ごす時間が長くて
  • 同じ人生を共有する

というところは、やっぱり学校の魅力かと。

クラブでも再現できるところはあると思いますが、

学校には学校にしかない魅力もあるのです。

校風にあったチーム作りをしている学校はステキですし、

それが地域に貢献しているって最高ですよね。

あとはお金。

やっぱり部活に比べて、クラブチームはお金がかかります。

経済的な理由によって、学校の部活だからこそ、子どもにスポーツをさせてあげられる。クラブだったらそれは厳しい。

というご家庭もきっとあるはずです。

とはいえ、クラブの方が日本バスケは強くなるよ

っていうご意見もあるかもしれません。

でもそこはわたしはちょっとクエスチョンです。

三原さん
三原さん
バスケ王国、アメリカは学校部活動ですからね

とわたしは切り替えしますね。

そこは直結しないかと。

でも、コーチはプロでしょ?

という意見にも

三原さん
三原さん
でも、UCLAのジョン・ウッデンとか、デマッサ高校のモーガン・ウッテンは学校の先生でしたよ

と言います。

単純に強くなるからクラブがいい、とは思わないです。

今後も注目しましょう!

ということで、わたしの意見を述べさせてもらいました。

クラブと部活の話題は、今後もますます話が進んでいくはずです。

引き続き注目していきたいです!

あなたのご意見があれば、ぜひYouTubeのコメント欄にてお聞かせくださいませ。

ありがとうございました。

三原学でした。

それでは、また!

 

ABOUT ME
三原学
三原学(みはらまなぶ)。1981年東京都生まれ。安田学園中学校高等学校教諭。同校高校男子バスケットボール部ヘッドコーチ。「ボトムアップ思考」による選手主体のチームづくりを目指す。また、YouTubeやブログでわかりやすく戦術を解説する「バスケの大学」を運営。日本バスケットボール協会公認B級コーチ、B級審判員。早稲田大学大学院修士課程(人間科学)修了。
バスケの大学メルマガ

記事を最後までお読みくださり、感謝しています!

このブログをお読みのあなたは、きっとバスケの悩み、特にチームづくりのことでいろいろと悩んでいることでしょう。

そんなあなたはぜひ「バスケの大学メルマガ」をのぞいてみてください。

同じように指導に悩み、解決してきたわたしが、チームづくりのノウハウをお伝えします。

最初の1通目で「練習メニューの作り方」という特典動画もプレゼントしてます。

無料でメルマガ講座を購読する!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ
チームづくりのコツを無料で学べる!
詳細はコチラ