バスケットボールコーチ・三原学のブログ

プレッシャーとは? (バスケットボール 上達 指導法)

2019/03/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。

こんにちは、三原です。

お読みくださり、感謝しています。

今回は「プレッシャーとは?」というお話をさせて頂きます。

 

ディフェンスを指導するとき、選手に「プレッシャーをかけろ」とよく言います。

選手の皆さんはコーチに「プレッシャーをかけろ」と言われたことがありますよね。

しかし、このプレッシャーとは何かについて、正しく理解しているでしょうか?

実体がないだけに、実はとらえにくいのが「プレッシャー」という言葉だと思います。

今回は私が思うプレッシャーの定義をお伝えします。

 

そもそも、ディフェンスの目的は何でしょうか?

究極的には、「ボールを取ること」です。

しかし、ここで考えなければいけないことは、「取りに行って何回取れるか?」ということです。

相手がドリブルをしていて、ボールを取りに行ったとしましょう。

3回行って、1回取れますか?

バスケットボールをプレイしたことのある人ならわかると思いますが、3回に1回も取れません。

無理にとりに行けば、逆に抜かれてしまうことが多いはずです。

仮に3回に1回取れたとしたら、それはすごい高確率ですが、それにしても「2回は取れない」わけです。

つまり「ボールを取ること」が目的ですが、手段は「ボールを取りに行くこと」だけではない、ということを理解しましょう。

それでは、他にどういう手段があるのか?

それは「ミスをさせることです。

例えば、

  • シュートを外させる。
  • トラベリングやダブルドリブルなどをさせる。
  • ドリブルやパスに失敗させる。
  • ラインを踏ませる。
  • 3秒や5秒のバイオレーションを取る。
  • チャージングを取る。

このようにいろいろあります。

そしてこれらのことは、「しつこく」ディフェンスすれば、可能です。

ボールは取れなくても、ミスをさせやすくすることは、意外と簡単です。

しつこくディフェンスすれば、必ずミスしやすくなりますから。

そして、しつこくディフェンスしている結果として、何度か直接ボールが取れるかもしれません。

なので、ディフェンスで大事なことは、取りに行くことだけでなく、

ミスさせるために「しつこく」する

ということです。

 

しつこくすれば、相手からすると、どのような気持ちになるでしょうか?

きっと「イライラ」したり、欲求不満が募るでしょう。

例えば、3点シュートが得意な選手がいたとします。

その選手のボールを取ろうとしても、なかなか取れません。逆に抜かれます。

結果的に、その選手には気分よくシュートされてしまいます。

それに対して、ボールをまず持たせないようにしつこくディナイして、

シュートされるにしても必ず手をあげる。

このようにしつこくすれば、絶対にシュートの本数は減らせますし、確率も下げられます。

こうなると、いつも通りの感じでシュートが打てないものですから、イライラします。

もっとボールをよこせ!と無理なプレイが増えるかもしれません。

1本のシュートにムキになって、シュートフォームが崩れるかもしれません。

こうなった状態、つまり相手をイライラさせる」という状態を、私は「プレッシャーをかける」と呼んでいます。

 

毎回ボールを取れなくても、毎回プレッシャーをかけることはできます。

しつこく、できることを続けるのです。

そのうちに相手にはイライラが募り、ミスが増えます。

これがプレッシャーです。

 

反対に、ディフェンスにとって最もダメなのは何か。それは、

ボールが取れそうにないから、あきらめる。

これは最悪です。

プレッシャーが一気に消えてしまい、相手の気分を楽にさせます。

 

  • 間に合いそうになくても、シュートには手をあげましょう
  • 抜かれても、ついて行きましょう
  • ミスをしたら、必ず戻りましょう

このようなことを継続するのは、精神的にも肉体的にも大変ですが、

これをチームに根づかせない限り、強いチームにはなりません。

指導者の大切な仕事になります。

また選手の立場として考えれば、いつでもしつこくディフェンスできる精神力と体力があるならば、

絶対にチームに貢献できる選手です。

コーチからすれば、試合に使いたくなる選手です。

 

相手からすれば、「あいつと、あのチームとは2度と試合したくない」と思わるようなディフェンスを目指してください。

すべてのシュートをブロックすることはできません。

ですが、すべてのシュートに手をあげることはできます。

この違いを腑に落とせたら、チームは絶対に強くなります。

 

最後までお読みくださり、感謝しています。

ありがとうございます。

三原学でした。それでは、また。

この記事を書いている人 - WRITER -
三原 学
高校のバスケットボールコーチ。中学高校の教諭。 日本バスケットボール協会公認B級コーチ、およびB級審判員。 東京都を中心にバスケットボールの普及、強化にあたる。 バスケットボール、子育て、教育に役立つ情報をブログで発信。 座右の銘は「即断・即決・即行動」。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© バスケの大学 , 2019 All Rights Reserved.